北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

季節限定「さくら咲く」

店舗に陳列された季節限定春の羊羹「さくら咲く」

【新ひだか】三石本町の八木菓子舗(八木一洋社長)は、今年も「さくら咲く」と名付けた季節限定のようかんの販売を開始している。

 八木菓子舗は、明治43年創業で108年の歴史を持つ老舗。平成14年に全国菓子大博覧会で農林水産大臣栄誉賞など数多くの賞を受賞し、毎年明治神宮の全国特産物奉献納にも選定されている。  「さくら咲く」は平成18年の旧三石町と旧静内町の合併を前に、八木社長が試行錯誤し考案した。寒い冬を越え「待ちわびた春と桜の開花」に期待を込めた逸品。

 北海道産の白花豆の白あんとピンク色のサクラの花びらを混ぜ合わせた二層のようかん。1個378円(120㌘)、「春の羊羹セット」(さくら咲く2個・桜ほのかとありがとうの筒状ようかん各1本)1350円。

 5月中旬までの限定販売で、5月1日開幕の「しずない桜まつり」の会場でも出品される。

 八木社長は「新ひだか町のPRと桜で待ちわびた春を感じとっていただければ」と話している。

 店舗の営業時間は午前7時半から午後7時半まで(年中無休)。インターネットでも受付(http://gansomitsuishiyokan.com/)。問い合わせ・注文は同社(フリーダイヤル0120・5・3214・8)へ

関連記事

根室新聞

北方墓参 択捉島から戻る 上陸慰霊1カ所のみ【根室】

 北方領土に眠る元島民の霊を慰める北方墓参の今年度第2班が20日、択捉島での墓参を終え、四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で根室港へ戻った。上陸予定の4カ所のうち内保とウエンバフコツ...

根室新聞

「旧中一・二会」物故級友の冥福祈る【根室】

 戦時中の昭和17年に道庁立根室商業学校に入学し、在学中に改組された旧制根室中学校を、戦後2年に分かれて卒業した市内在住の同期生たちが20日、清隆寺に集い、物故者の追悼法要を行った。戦時下の勤労奉...

日高報知新聞

全国大会出場を報告【新ひだか】

【新ひだか】全国大会の出場権を獲得した静内高校(加澤雅裕校長、生徒511人)の陸上部、書道部、馬術部の生徒3人が19日、役場静内庁舎に大野克之町長を表敬訪問し、大会での健闘を誓った。  この日...

日高報知新聞

「幌泉灯台記念塔」が【えりも】

【えりも】国の文化審議会が19日、柴山昌彦文部科学相に答申した国の登録有形文化財(建造物)に、本町の灯台公園にある「幌泉灯台記念塔」など道内から5件が選ばれた。この結果、道内の登録有形文化財(建...

苫小牧民報

鉄道ファン感激 キハ183系内部を公開-安平・道の駅「あびらD51ステー..

 安平町追分地区の道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」に保存している北海道仕様の特急車両「キハ183系」の一般内部公開が20日から始まった。初日は町内外から家族連れや鉄道ファンらが訪れ...