北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

FSSC22000食品安全管理の国際規格 北海道そば製粉が取得

認証機関の担当者から認定証を受け取る松島社長(右)

 苫小牧市柏原の北海道そば製粉(松島永典社長)が13日、国際的な食品安全マネジメントシステム「FSSC22000」の認証を取得した。国内の認証機関によると、そば製粉製造分野での取得は国内初。認証機関の職員から認定証を受け取った松島社長は「今後も安全な製品造りを進め、日本全国で安心してそばを食べてもらえるよう取り組みたい」としている。

 この認証制度はオランダの食品安全認証団体が開発し、世界各国の食品メーカーなどで取得の動きが広がっている。食品関連の国際規格ISO22000と、それを発展させたISO/TS22002―1を組み合わせた食品安全管理の高度な規格。食品製造などに係るリスク分析を行い、管理すべき点を明確にして安心、安全な食品製造の環境を保証する。国内では食品製造工場を中心に約1400件で認証されているが、道内ではまだ少ないという。

 同社はそば粉製造の国内最大手、日穀製粉(長野市)などが出資。道内最大級となる年間最大5000トンのそば粉を生産できる製造拠点として2016年9月に操業した。松島社長によると、認証取得は工場設計段階から計画しており、「当社製品の安全性を示すものとして絶対に必要と考えていた」と説明。認証を取得することで大手企業との取引に向けた工場監査が省略されるといい、「業務効率化にもつながる」とメリットを語る。

 昨年11月に書類審査を通過し、今年2月に認証機関による工場の現場審査を実施。設備や社員教育、食品製造に絡むリスクのチェック体制などの審査が行われ、正式に認証された。工場の製造設備は、変更を伴うケースが多いため、認証機関のチェックは毎年行われるという。

 松島社長は「高いレベルで設備などの維持管理が求められるが、安全安心な製品を取引先にアピールできる強みがある」と述べ、大手企業を中心とした営業面へのプラス効果に期待を寄せる。

 同社は現在、道産そば原料を使ったそば製粉を年間約1000トン生産。当初目標の1200トンが達成に近づいている。今後は認証取得を生かして取引先の拡大などを進める考えで、「当面の目標として、現在の生産目標の倍に当たる年間2400トン規模を目指したい」としている。 

関連記事

根室新聞

花咲線の利用促進に向け 行動計画策定へ【根室】

 JR花咲線の沿線自治体で構成する根室本線花咲線対策沿線地域連絡協議会(会長・石垣雅敏根室市長)の会合が15日、根室市総合文化会館で開かれた。会議は非公開で行われ、JR花咲線の利用促進に向けたア...

根室新聞

中標津空港 乗降客数2年連続の20万人ならず【根室】

 根室管内の空の玄関口、根室中標津空港は、昨年一年間の乗降客数が、前年より22パーセント減って19万7,000人台にとどまり、2年連続の20万人には届かなかった。千歳便はほぼ前年並みの11万人台に乗ったが、...

日高報知新聞

渡部智佳子さんが3部門1位【えりも】

【えりも】自家製の漬物の味を競う「第55回つけものコンクール」が14日、町福祉センターで開かれ、町内女性が出品した漬物で自慢の味を競いあった。町女性団体連絡協議会(川﨑尚子会長)が主催し、町教委が後援...

日高報知新聞

20歳の節目に決意新た【浦河】

 14日は「成人の日」。これを前にした13日、日高管内7町で成人式が開かれた。会場では真新しいスーツや羽織・袴、華やかな振り袖姿に着飾った若者たちが、旧友との再会を喜び合うとともに20歳の門出に決意を...

苫小牧民報

肝炎ウイルス、ぜひ検査を 苫小牧出身・SHOKICHIさんが道知事を表敬..

 EXILEのメンバーで、苫小牧出身のSHOKICHIさん(33)が15日、道庁の高橋はるみ知事を表敬訪問し、厚生労働省の肝炎総合対策推進国民運動「知って、肝炎プロジェクト」をアピールした。 ...