北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

民謡・民舞北海道地区大会、札幌の榎林さん総合優勝【函館】

総合優勝し、全国大会への出場を決めた榎林さん

 本年度の民謡・民舞北海道地区大会が15日、市芸術ホールで開かれた。全道各地から約180組が出場。総合優勝は梅宴の部に出場し、道南口説節を歌った榎林佳世さん(26)=札幌、佐々木孝会=が飾り、2019年10月に都内で開かれる全国大会出場権を得た。

 日本民謡協会、北海道地区大会実行委員会の共催。実行委員長の浜谷基利道南連合委員長は「最後までご声援をお願いします」と開会を宣言。佐藤勇一大会長は「民謡の輪が広がってほしい」と述べたほか、同協会の榎本秀水理事、函館市教委の辻俊行教育長があいさつした。

 大会は翁松の部と、尺八で歌う竹韻の部、三味線で歌う梅宴の部に計181組、民舞の部に函館民舞会の1組がエントリー。研さん成果として各地の民謡を歌い上げ、それぞれに激励の拍手が送られた。

 審査の結果、梅宴の部の榎林さんのほか、翁松の部で津軽よされ節を歌った石ヶ守拓忠さん(函館声浜会)、竹韻の部で江差追分を歌った黒瀬大地さん(空知会)がそれぞれ優勝。3人による総合優勝戦が行われ、榎林さんが総合優勝、黒瀬さんが準優勝となり、2人の全国大会出場が決まった。

 榎林さんは「2年ぐらい大会ではいい成績を残せていなかったが、得意な歌で優勝ができました。全国大会では自分らしく歌えるよう、(歌に込める)思いも研究していきたい」と話していた。

関連記事

函館新聞

追分渡島協 福田さんの遺志継ぎ少年少女の部の優勝旗新調【函館】

 江差追分渡島協議会(内村徳蔵会長)は、31日に函館市公民館で開く第15回渡島協議会発表大会から使用する、少年少女の部の優勝旗を製作した。昨年9月に84歳で亡くなった前会長で江差追分会名誉師匠の...

函館新聞

北浜町会とファイヤーワールドが災害時協定結ぶ【函館】

 北浜町会(岡部禮子会長)と、近隣の吉川町で薪ストーブの販売や点検業務を行う「ファイヤーワールド函館」(佐々木俊司代表)はこのほど、災害時に同店の暖房器具を住民に提供することなどを定めた協定を...

苫小牧民報

新たな観光施設、初日からにぎわい 展望台の完成祝う-苫小牧・道の駅ウトナ..

 苫小牧市が建設を進めていた道の駅ウトナイ湖(植苗)の展望台が20日、オープンした。同日、完成セレモニーが行われ、道の窪田毅副知事や岩倉博文市長、植苗町内会連合会の丹治秀一会長ら関係者約50人が...

苫小牧民報

ファイターズジェット運航開始 機体に球団ロゴ-スカイマーク

 スカイマークは19日、プロ野球北海道日本ハムファイターズと連携した特別デザイン機「ファイターズジェット」(ボーイング737―800型機)1機の運航を始めた。2020年6月頃まで羽田―新千歳線をは...

根室新聞

公示地価 市内は住宅地横ばい 商業地再び下落【根室】

 国土交通省は20日、地価公示法に基づく平成31年の公示地価を公表した。根室市の住宅地は横ばい、商業地は対前年比08パーセントの下落となり、商業地は平成29年まで17年連続で続いた下落が昨年横ばいに回復...