北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

民謡・民舞北海道地区大会、札幌の榎林さん総合優勝【函館】

総合優勝し、全国大会への出場を決めた榎林さん

 本年度の民謡・民舞北海道地区大会が15日、市芸術ホールで開かれた。全道各地から約180組が出場。総合優勝は梅宴の部に出場し、道南口説節を歌った榎林佳世さん(26)=札幌、佐々木孝会=が飾り、2019年10月に都内で開かれる全国大会出場権を得た。

 日本民謡協会、北海道地区大会実行委員会の共催。実行委員長の浜谷基利道南連合委員長は「最後までご声援をお願いします」と開会を宣言。佐藤勇一大会長は「民謡の輪が広がってほしい」と述べたほか、同協会の榎本秀水理事、函館市教委の辻俊行教育長があいさつした。

 大会は翁松の部と、尺八で歌う竹韻の部、三味線で歌う梅宴の部に計181組、民舞の部に函館民舞会の1組がエントリー。研さん成果として各地の民謡を歌い上げ、それぞれに激励の拍手が送られた。

 審査の結果、梅宴の部の榎林さんのほか、翁松の部で津軽よされ節を歌った石ヶ守拓忠さん(函館声浜会)、竹韻の部で江差追分を歌った黒瀬大地さん(空知会)がそれぞれ優勝。3人による総合優勝戦が行われ、榎林さんが総合優勝、黒瀬さんが準優勝となり、2人の全国大会出場が決まった。

 榎林さんは「2年ぐらい大会ではいい成績を残せていなかったが、得意な歌で優勝ができました。全国大会では自分らしく歌えるよう、(歌に込める)思いも研究していきたい」と話していた。

関連記事

十勝毎日新聞

サンタ姿で市内行進 子どもたちにプレゼント【帯広】

 サンタクロース姿で街中を行進し、闘病中などの子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るチャリティーイベント「Hokkaido Santa Run inとかち 2018」が15日、帯広市中心部で行...

十勝毎日新聞

車いす2台乗れるタクシー 管内初導入【池田】

 ワインタクシー(古後仁裕社長、9台)は13日、車いす2台が同時に乗車できるタクシーの運行を開始した。管内では初の導入となり、車いす2台のほか2人まで同乗できる。同時にジャンボタクシーも更新した。 ...

十勝毎日新聞

「ガンバの冒険」故薮内正幸さん 原画展始まる【帯広】

 「ガンバの冒険」シリーズの挿絵などで知られる動物画家薮内正幸さん(1940~2000年)の絵本原画展が15日、とかちプラザで始まった。薮内さんの原画展は道内初。エゾリスなど十勝の動物も含めて6...

函館新聞

初滑りに歓声響く 市民スケート場がオープン【函館】

 道南で唯一の屋外スケート場として親しまれている函館市民スケート場(金堀町10、函館競輪場内)が15日、今季の営業を開始した。リンクには、この日を待ちわびた子どもらのグループが訪れ、歓声が響い...

函館新聞

巨大アップルパイなど盛り上がる クリファンひろさきナイト【函館】

 青森県弘前市の文化や食を伝えるイベント「ひろさきナイト」が15日、金森赤レンガ倉庫群の2018はこだてクリスマスファンタジー特設会場で開かれた。ツリー点灯式やご当地アイドル「りんご娘」のライブ...