北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

民謡・民舞北海道地区大会、札幌の榎林さん総合優勝【函館】

総合優勝し、全国大会への出場を決めた榎林さん

 本年度の民謡・民舞北海道地区大会が15日、市芸術ホールで開かれた。全道各地から約180組が出場。総合優勝は梅宴の部に出場し、道南口説節を歌った榎林佳世さん(26)=札幌、佐々木孝会=が飾り、2019年10月に都内で開かれる全国大会出場権を得た。

 日本民謡協会、北海道地区大会実行委員会の共催。実行委員長の浜谷基利道南連合委員長は「最後までご声援をお願いします」と開会を宣言。佐藤勇一大会長は「民謡の輪が広がってほしい」と述べたほか、同協会の榎本秀水理事、函館市教委の辻俊行教育長があいさつした。

 大会は翁松の部と、尺八で歌う竹韻の部、三味線で歌う梅宴の部に計181組、民舞の部に函館民舞会の1組がエントリー。研さん成果として各地の民謡を歌い上げ、それぞれに激励の拍手が送られた。

 審査の結果、梅宴の部の榎林さんのほか、翁松の部で津軽よされ節を歌った石ヶ守拓忠さん(函館声浜会)、竹韻の部で江差追分を歌った黒瀬大地さん(空知会)がそれぞれ優勝。3人による総合優勝戦が行われ、榎林さんが総合優勝、黒瀬さんが準優勝となり、2人の全国大会出場が決まった。

 榎林さんは「2年ぐらい大会ではいい成績を残せていなかったが、得意な歌で優勝ができました。全国大会では自分らしく歌えるよう、(歌に込める)思いも研究していきたい」と話していた。

関連記事

十勝毎日新聞

ひな鳥 いつも一緒 緑ケ丘公園にマガモ親子【帯広】

 帯広市内の緑ケ丘公園内の「十勝池」でマガモが子育てに励んでいる。6月末から人目に付く場所に姿を見せ、親鳥とひな鳥10羽の愛らしい様子が来園者を和ませている。  マガモは十勝で一年中見ること...

十勝毎日新聞

体験型アート「魔法の美術館」盛況 帯広美術館【帯広】

 道立帯広美術館で開催されている体験型の展覧会「魔法の美術館」の来場者数が伸びている。6月30日の開幕から14日までで4880人に上り、週末は1日に700~800人が訪れる盛況ぶり。デジタル技...

十勝毎日新聞

信金結婚相談所1年 会員300人突破、「寿退会」5組【帯広】

 帯広信用金庫(高橋常夫理事長)が運営する結婚相談所「おびしんキューピット」(西2南7、山崎真一所長)が、昨年6月の開設から1年が経過した。会員数は300人を突破する勢い。山崎所長は「予想より...

函館新聞

函館空港に「清正公」見参 江差・姥神祭をPR【函館】

   8月9~11日に江差町で開かれる道内最古の祭り「江差姥神大神宮渡御祭」を前に、町内を巡行する13台の山車(やま)の一つ「清正山」の人形が14日、函館空港国内線旅客ターミナルビル1階に登場した...

函館新聞

奇才ダリの世界へご案内 函館美術館で特別展開幕【函館】

 道立函館美術館の特別展「奇才・ダリ版画展 炸裂するシュルレアリスムの世界」が14日、同館で開幕した。イタリアの詩人、ダンテの叙事詩「神曲」の挿絵として描かれた100点を含む、版画215点、彫...