北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

郷土資料館で包丁研ぎ体験、よみがえる切れ味【登別】

研いだ包丁をフキノトウで切れ味を確認する参加者

 登別市郷土資料館主催の「包丁研ぎ体験」が14日、片倉町の同館で行われ、参加者12人が包丁の切れ味を復活させた。

 昔ながらの研ぎ方を学び、切れ味が悪くなった包丁をよみがえらせようと―と、年2回(4、12月)実施している人気企画。同館を支えるボランティアグループ・SLGの工藤章造会長はじめ、メンバーが講師を務めた。

 工藤会長が「砥石(といし)は15分くらい水につけてから」「その包丁に合った角度に調整して」「右利きの人は包丁を左手で持って、右手は添えるだけ」など、研ぎ方のポイントを説明。参加者は持参した刺し身包丁、果物ナイフなどを手際よく丁寧に研いでいた。

 市内新生町から初めて参加した袖山功さんは「切れ味が抜群によみがえりうれしくなりました。今度は老人クラブなどで私が教えてあげたい」と笑顔を見せていた。

関連記事

十勝毎日新聞

サンタ姿で市内行進 子どもたちにプレゼント【帯広】

 サンタクロース姿で街中を行進し、闘病中などの子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るチャリティーイベント「Hokkaido Santa Run inとかち 2018」が15日、帯広市中心部で行...

十勝毎日新聞

車いす2台乗れるタクシー 管内初導入【池田】

 ワインタクシー(古後仁裕社長、9台)は13日、車いす2台が同時に乗車できるタクシーの運行を開始した。管内では初の導入となり、車いす2台のほか2人まで同乗できる。同時にジャンボタクシーも更新した。 ...

十勝毎日新聞

「ガンバの冒険」故薮内正幸さん 原画展始まる【帯広】

 「ガンバの冒険」シリーズの挿絵などで知られる動物画家薮内正幸さん(1940~2000年)の絵本原画展が15日、とかちプラザで始まった。薮内さんの原画展は道内初。エゾリスなど十勝の動物も含めて6...

函館新聞

初滑りに歓声響く 市民スケート場がオープン【函館】

 道南で唯一の屋外スケート場として親しまれている函館市民スケート場(金堀町10、函館競輪場内)が15日、今季の営業を開始した。リンクには、この日を待ちわびた子どもらのグループが訪れ、歓声が響い...

函館新聞

巨大アップルパイなど盛り上がる クリファンひろさきナイト【函館】

 青森県弘前市の文化や食を伝えるイベント「ひろさきナイト」が15日、金森赤レンガ倉庫群の2018はこだてクリスマスファンタジー特設会場で開かれた。ツリー点灯式やご当地アイドル「りんご娘」のライブ...