北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

春一番伊達ハーフマラソンで3600人快走【伊達】

フキノトウ咲くサイクリングロードを駆けるランナーたち=15日午前11時半、伊達市上長和町

 道内マラソンシーズンの開幕を告げる「第31回春一番伊達ハーフマラソン」が15日、伊達市内で開かれ、道内を中心に集まった約3600人のランナーが春の雨そぼ降る伊達路を駆け抜けた。

 メインのハーフは、だて歴史の杜総合運動公園(松ヶ枝町)をスタートし、市街地を通り抜けて旧国鉄胆振線跡のサイクリングロードを北上、関内地区の田園地帯などを巡って出発点に戻るコース。2300人がエントリーした。

 この日午前10時の気温は5・2度。しとしとと雨が降り続く肌寒い天候ながら、選手は市街地を駆け抜けた。網代町商店街付近の沿道では傘を差した市民らが通り過ぎるランナーに温かい声援を送っていた。

 関係者でつくる実行委などが主催し31回を数えるイベント。ハーフの他に同公園を発着点に10、5、3キロの各コースと小学生駅伝大会もあり、参加者は思い思いに快走した。

警察犬が不審物チェック

 だて歴史の杜総合運動公園を発着点に開催された「第31回春一番伊達ハーフマラソン」の会場で、北海道警察本部の警備犬1頭が出動した。会場周辺に爆発物などの不審物がないか、鼻を利かせていた。

 出動した警備犬の名前はパティー(ジャーマン・シェパード、雌、4歳)。訓練で火薬の臭いなどを記憶している。あいにくの雨となったが、「POLICE」と書かれたウエアを身にまとい、落ち着いた様子で会場や発着点の周辺を警戒していた。

 伊達警察署によると、2017年(平成25年)の死者3人、負傷者約300人を出した米国・ボストンマラソンでの爆弾テロ事件後、日本国内でも攻撃への標的になりやすい場所や人への警戒、警備が一層、強化されている。

関連記事

函館新聞

追分渡島協 福田さんの遺志継ぎ少年少女の部の優勝旗新調【函館】

 江差追分渡島協議会(内村徳蔵会長)は、31日に函館市公民館で開く第15回渡島協議会発表大会から使用する、少年少女の部の優勝旗を製作した。昨年9月に84歳で亡くなった前会長で江差追分会名誉師匠の...

函館新聞

北浜町会とファイヤーワールドが災害時協定結ぶ【函館】

 北浜町会(岡部禮子会長)と、近隣の吉川町で薪ストーブの販売や点検業務を行う「ファイヤーワールド函館」(佐々木俊司代表)はこのほど、災害時に同店の暖房器具を住民に提供することなどを定めた協定を...

苫小牧民報

新たな観光施設、初日からにぎわい 展望台の完成祝う-苫小牧・道の駅ウトナ..

 苫小牧市が建設を進めていた道の駅ウトナイ湖(植苗)の展望台が20日、オープンした。同日、完成セレモニーが行われ、道の窪田毅副知事や岩倉博文市長、植苗町内会連合会の丹治秀一会長ら関係者約50人が...

苫小牧民報

ファイターズジェット運航開始 機体に球団ロゴ-スカイマーク

 スカイマークは19日、プロ野球北海道日本ハムファイターズと連携した特別デザイン機「ファイターズジェット」(ボーイング737―800型機)1機の運航を始めた。2020年6月頃まで羽田―新千歳線をは...

根室新聞

公示地価 市内は住宅地横ばい 商業地再び下落【根室】

 国土交通省は20日、地価公示法に基づく平成31年の公示地価を公表した。根室市の住宅地は横ばい、商業地は対前年比08パーセントの下落となり、商業地は平成29年まで17年連続で続いた下落が昨年横ばいに回復...