北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

春一番伊達ハーフマラソンで3600人快走【伊達】

フキノトウ咲くサイクリングロードを駆けるランナーたち=15日午前11時半、伊達市上長和町

 道内マラソンシーズンの開幕を告げる「第31回春一番伊達ハーフマラソン」が15日、伊達市内で開かれ、道内を中心に集まった約3600人のランナーが春の雨そぼ降る伊達路を駆け抜けた。

 メインのハーフは、だて歴史の杜総合運動公園(松ヶ枝町)をスタートし、市街地を通り抜けて旧国鉄胆振線跡のサイクリングロードを北上、関内地区の田園地帯などを巡って出発点に戻るコース。2300人がエントリーした。

 この日午前10時の気温は5・2度。しとしとと雨が降り続く肌寒い天候ながら、選手は市街地を駆け抜けた。網代町商店街付近の沿道では傘を差した市民らが通り過ぎるランナーに温かい声援を送っていた。

 関係者でつくる実行委などが主催し31回を数えるイベント。ハーフの他に同公園を発着点に10、5、3キロの各コースと小学生駅伝大会もあり、参加者は思い思いに快走した。

警察犬が不審物チェック

 だて歴史の杜総合運動公園を発着点に開催された「第31回春一番伊達ハーフマラソン」の会場で、北海道警察本部の警備犬1頭が出動した。会場周辺に爆発物などの不審物がないか、鼻を利かせていた。

 出動した警備犬の名前はパティー(ジャーマン・シェパード、雌、4歳)。訓練で火薬の臭いなどを記憶している。あいにくの雨となったが、「POLICE」と書かれたウエアを身にまとい、落ち着いた様子で会場や発着点の周辺を警戒していた。

 伊達警察署によると、2017年(平成25年)の死者3人、負傷者約300人を出した米国・ボストンマラソンでの爆弾テロ事件後、日本国内でも攻撃への標的になりやすい場所や人への警戒、警備が一層、強化されている。

関連記事

十勝毎日新聞

はみ出るメークイン JA帯広大正「まつり」【帯広】

 第42回帯広大正メークインまつりが23日午前9時から、市内の大正ふれあい広場で開かれた。恒例のメークイン詰め放題など多彩なイベントが行われ、多くの来場者でにぎわった。  特産のメークインを...

十勝毎日新聞

陸別町100年 記念式典 飛躍を誓う【陸別】

 陸別町開町100年記念式典が23日午前10時から、町タウンホールで開かれた。発展の1世紀を支えた功労者をたたえ、小さくてもきらり輝く町へ、さらなる飛躍を誓った。  町は1919(大正8)年...

十勝毎日新聞

餅まきに興奮 みのり祭り【浦幌】

 秋分の日の23日、秋の味覚を楽しむイベント「第43回うらほろふるさとのみのり祭り」(町観光協会主催)が午前10時から町内のうらほろ森林公園で開かれ、家族連れら約3万1000人(主催者発表)で...

函館新聞

いさ鉄清川口駅、ながまれ号デザインに 外壁改修工事が終了【北斗】

 【北斗】北斗市役所裏手にある道南いさりび鉄道清川口駅(中央1)の改修工事がこのほど完了し、同鉄道の観光列車「ながまれ海峡号」と同じ外観に様変わりした。  同駅は市が管理する無人駅。老朽化に...

函館新聞

歴史に触れ、次の未来へ 振興局が北海道150年イベント【函館】

 渡島総合振興局主催の北海道150年記念イベント「歴史をつむぐ、未来へつなぐ」が22日、金森ホール(函館市末広町14)で開かれた。松前神楽の公演や2010年にノーベル化学賞を受賞した北大ユニバ...