北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

パッチ選手権 30年の歴史に幕【陸別】

名人位を目指し、盤上の熱戦を繰り広げる参加者

 今回で最後となる「第30回日産カップオールジャパンパッチ選手権大会in陸別」(実行委主催、日産自動車、陸別パッチクラブ、十勝毎日新聞社共催)が15日、町タウンホールで開かれた。陸別をはじめ、帯広や北見などから100人のつわものが集まり、熱気の真剣勝負で有終の美を飾った。

 1989年に始まったパッチ(メンコ)の名人を決める大会。実行委メンバーの高齢化が進んだことから、30回を機に区切りを付けることにした。

 競技は大、中、小20枚のパッチを制限時間内で取り合う。盤上から落とす「オトシ」と裏返す「カエシ」が勝ち技。予選、本選に続き、勝ち上がりの選手と前大会上位者による「名人位」決定戦が行われた。

 “ガキ大将”さながらの鉢巻き姿の選手たちが「バシッ」という音とともに火花を散らす戦い。2位となる師範位の座をつかんだ片寄幸二さん(62)=音更町=は「長年出ているが、ベスト4入りは初めて。うまく流れに乗った。いつか大会が復活することを期待します」と話した。

 司会を務めた実行委事務局長の浜田始さんは「精魂込めて30回やってきたという自負がある。寂しい思いと達成感も」と声を詰まらせた。

関連記事

日高報知新聞

看護の道へ第一歩【浦河】

 浦河赤十字看護専門学校(武岡哲良学校長)=浦河町東町ちのみ1=の第29回戴帽式が19日、浦河赤十字病院4階体育館で行われ、厳かな雰囲気の中、今春入学した1年生男女27人が看護の道への第一歩を踏み出...

日高報知新聞

イオン静内店営業再開【新ひだか】

【新ひだか】9月6日の胆振東部地震で店舗の損壊被害に遭い、臨時休業していた静内末広町2のイオン静内店(横山秀雄店長)が20日、45日ぶりに営業を再開した。再開を心待ちにしていた来店客で終日にぎわった。 ...

苫小牧民報

実と花が同時に 駅北広場の梨の木に珍現象-白老

 白老町のJR白老駅北側にある駅北広場内の梨の木が、実を付けると同時に小さな白い花を咲かせている。不思議な現象に地域住民も驚きの表情で眺めており、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構果...

室蘭民報

輪西八条アトリエのものづくりイベント好評【室蘭】

 ボルト人形ボルタを生み出したNPO法人テツプロ(塩澤尚志理事長)は21日、室蘭市輪西町の輪西八条アトリエでものづくりをテーマにしたイベントを開いた。訪れた親子連れが椅子や銅板バッジなどの手作り...

室蘭民報

ホッキ2千袋が完売、漁港イベントにぎわう【苫小牧】

 漁獲量日本一の特産品・ホッキ貝をPRするイベント「第8回苫小牧漁港ホッキまつり」が21日、苫小牧港西港漁港区で開かれた。青空が広がる絶好のイベント日和に、市内外から多くの家族連れや買い物客が詰...