北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

アポイ岳山開き安全祈願

【様似】一帯がユネスコ世界ジオパークに認定されているアポイ岳(810㍍)の山開きと登山口のアポイ山麓ファミリーパークの14日オープンにあわせ、同日、町と町観光協会による安全祈願祭が行われ、シーズン中の無事故と無災害を願った。

 まだ雪が残るアポイ岳はゴールデンウィークごろから本格的な登山シーズンを迎える。同岳は国の特別天然記念物指定の高山植物群落でも知られ、平成27年秋のユネスコ世界ジオパーク認定により、認定後の登山者は1万人弱と年々増加している。

 春から夏秋にかけ、ヒダカソウやエゾコウゾリナ、サマニオトギリほかアポイ岳にしかない固有種を含め貴重な高山植物が花開く。今年も貴重な高山植物の盗掘防止など、登山者のマナー遵守をアピール。山麓にはキャンプ場やゴーカートなど、家族がそろって楽しめるファミリーパークも同日オープンした。

 安全祈願祭には日高振興局や浦河警察署、町議、陸上自衛隊静内駐屯地、町商工会、アポイ岳ファンクラブ、ボランティアサークルなどから約30人が出席。 「幸せをもたらすアポイの鐘」の前で神事による祈願を行い、出席者が祭壇に玉ぐしをささげ、シーズン中の無事故を願った。

シーズン中の無事故を祈願する坂下町長と関係者たち

 祈願祭のあと、坂下一幸町長は「世界ジオパーク認定後の登山者は増加している。10月に日本ジオパーク全国大会が予定され、多くの人に様似町を知ってもらいたい。無事故でシーズンを終えられるよう願っている」とあいさつし、出席者へ協力を呼び掛けた。

 14日午前の天候は肌寒く、登山者は少なかった。この日山頂に向かったアポイ岳ファンクラブの谷村利幸会長と自然保護監視員の信太富夫さんは「まだ山頂には雪が残り、気温差が大きく温かい服装と、早朝や夕方の登山はクマに遭いやすいので十分注意してほしい」と話していた。

関連記事

日高報知新聞

看護の道へ第一歩【浦河】

 浦河赤十字看護専門学校(武岡哲良学校長)=浦河町東町ちのみ1=の第29回戴帽式が19日、浦河赤十字病院4階体育館で行われ、厳かな雰囲気の中、今春入学した1年生男女27人が看護の道への第一歩を踏み出...

日高報知新聞

イオン静内店営業再開【新ひだか】

【新ひだか】9月6日の胆振東部地震で店舗の損壊被害に遭い、臨時休業していた静内末広町2のイオン静内店(横山秀雄店長)が20日、45日ぶりに営業を再開した。再開を心待ちにしていた来店客で終日にぎわった。 ...

苫小牧民報

実と花が同時に 駅北広場の梨の木に珍現象-白老

 白老町のJR白老駅北側にある駅北広場内の梨の木が、実を付けると同時に小さな白い花を咲かせている。不思議な現象に地域住民も驚きの表情で眺めており、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構果...

室蘭民報

輪西八条アトリエのものづくりイベント好評【室蘭】

 ボルト人形ボルタを生み出したNPO法人テツプロ(塩澤尚志理事長)は21日、室蘭市輪西町の輪西八条アトリエでものづくりをテーマにしたイベントを開いた。訪れた親子連れが椅子や銅板バッジなどの手作り...

室蘭民報

ホッキ2千袋が完売、漁港イベントにぎわう【苫小牧】

 漁獲量日本一の特産品・ホッキ貝をPRするイベント「第8回苫小牧漁港ホッキまつり」が21日、苫小牧港西港漁港区で開かれた。青空が広がる絶好のイベント日和に、市内外から多くの家族連れや買い物客が詰...