北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

春の風物詩、阿寒湖氷割り本格化【釧路】

 春の観光シーズンを前に、釧路市の阿寒湖で16日、遊覧船を使って湖面の氷を砕く作業が本格化した。21日からは、氷の広がる湖と雄阿寒岳などの絶景を満喫できる国内唯一の「砕氷帯観光遊覧船」の運航が始まるほか、29日には湖水開きを予定している。

 風物詩となっている砕氷作業は、冬の間に湖面を覆った氷を割って航路を広げるため、遊覧船を運航する阿寒観光汽船(小林一之代表取締役)が毎年この時期に行っており、今年の作業は14日から始まった。  作業が報道陣に公開されたこの日は、観光遊覧船「ましゅう丸」(188㌧)が時速5㌔ほどでゆっくりと進みながらガリガリと大きな音を立てて氷を砕き、航路には深緑色の湖面が姿を見せた。釧路地方気象台によると、阿寒湖温泉の先月の気温は平年より3度ほど高く、降水量も2倍以上だったため氷が早く解け、厚さは20~30㌢と平年の半分以下という。

 砕氷帯観光遊覧船は、21日から1週間程度の予定。出航時間は午前8時、同9時、同10時、午後1時の1日計4便で、それぞれ所要時間は15分程度。乗船場所は幸運の森桟橋(ホテル御前水と鶴雅ウイングスの間)。料金は大人820円、子供490円。同汽船の小林道之企画課長は「氷がぶつかり合う音を、雄阿寒岳の景色と一緒に楽しんでもらえれば」と話している。遊覧船の定期運航は5月1日から始まる。問い合わせは0154(67)2511。

関連記事

十勝毎日新聞

武四郎 功績つぶさ 特別展が開幕【帯広】

 「北海道」の命名者として知られる幕末の探検家松浦武四郎(1818~88年)の特別巡回展「幕末維新を生きた旅の巨人 松浦武四郎」が15日、道立帯広美術館で開幕した。初日から大勢の来場者でにぎわい...

十勝毎日新聞

ジュエリーアイス早くも「上陸」【豊頃】

 豊頃町大津の海岸一帯で15日朝、氷塊「ジュエリーアイス」が多数打ち上げられた。例年年明けの1~2月によく見られ、ジュエリーアイスの名付け親でこの日も現地を訪れた帯広の浦島久さん(65)は「少量...

十勝毎日新聞

街に活気 いきなり1等!「全市連合」抽選【帯広】

 帯広商工会議所(高橋勝坦会頭)主催の「年末全市連合大売出し2018」の抽選会場は、クリスマスや年末の買い物に訪れた来店客でにぎわった。  会場は藤丸やイオン帯広店など14カ所。参加店での買い...

室蘭民報

大西さんの死悼む、鈴木新党大地代表【室蘭】

 新党大地西胆振支部長、大西武俊(おおにし・たけとし)氏が13日午後11時2分、心不全のため搬送先の病院で死去した。自宅は室蘭市中島町2・29・20。49歳。士幌町出身。通夜は16日午後6時から...

室蘭民報

「山漬け」うま味満点、室蘭漁協がきょうから限定販売【室蘭】

 室蘭で水揚げしたサケの「山漬け」が今年も出来上がり、室蘭漁業協同組合(室村吉信組合長)が15日から、350本限定で販売する。脂が乗り、うま味がぎゅっと詰まった逸品に仕上がっている。  産卵期...