北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

春の風物詩、阿寒湖氷割り本格化【釧路】

 春の観光シーズンを前に、釧路市の阿寒湖で16日、遊覧船を使って湖面の氷を砕く作業が本格化した。21日からは、氷の広がる湖と雄阿寒岳などの絶景を満喫できる国内唯一の「砕氷帯観光遊覧船」の運航が始まるほか、29日には湖水開きを予定している。

 風物詩となっている砕氷作業は、冬の間に湖面を覆った氷を割って航路を広げるため、遊覧船を運航する阿寒観光汽船(小林一之代表取締役)が毎年この時期に行っており、今年の作業は14日から始まった。  作業が報道陣に公開されたこの日は、観光遊覧船「ましゅう丸」(188㌧)が時速5㌔ほどでゆっくりと進みながらガリガリと大きな音を立てて氷を砕き、航路には深緑色の湖面が姿を見せた。釧路地方気象台によると、阿寒湖温泉の先月の気温は平年より3度ほど高く、降水量も2倍以上だったため氷が早く解け、厚さは20~30㌢と平年の半分以下という。

 砕氷帯観光遊覧船は、21日から1週間程度の予定。出航時間は午前8時、同9時、同10時、午後1時の1日計4便で、それぞれ所要時間は15分程度。乗船場所は幸運の森桟橋(ホテル御前水と鶴雅ウイングスの間)。料金は大人820円、子供490円。同汽船の小林道之企画課長は「氷がぶつかり合う音を、雄阿寒岳の景色と一緒に楽しんでもらえれば」と話している。遊覧船の定期運航は5月1日から始まる。問い合わせは0154(67)2511。

関連記事

苫小牧民報

健康経営の認定取得へ 苫小牧商工会議所

 苫小牧商工会議所(宮本知治会頭)は、従業員などの健康管理を経営目線で実践する「健康経営」に取り組む。近く事業を所管する経済産業省に申請し、正式な認定取得を目指す。手続きを支援する東京海上日動苫...

十勝毎日新聞

来年10月に運賃値上げ JR北が経営改善策【札幌】

 JR北海道の路線見直し問題について議論するJRと国、道、道市長会、道町村会、JR貨物による6者協議が20日午前、道庁で開かれた。JR北海道の島田修社長は経営改善の取り組みの一環として、来年10...

十勝毎日新聞

健やかな成長願い 七五三【十勝】

 「七五三」のシーズンを迎え、十勝管内の神社には多くの家族連れが参拝に訪れている。  「七五三詣」は、数え年で男児は3、5歳、女児は3、7歳に神社にお参りし、健やかな成長を祈る儀式。今年は20...

十勝毎日新聞

イオン帯広店リニューアル検討 青柳新社長【帯広】

 イオン北海道(本社札幌)の青柳英樹社長(57)は19日、イオン帯広店(西4南20)について「今年度は無理だが、そう遠くない時期に店舗をリニューアルをしたい」との見解を示した。また、「次の10年...

函館新聞

旧相馬家住宅 国の重文に 笹浪家米蔵・文庫蔵を追加【函館 上ノ国】

【函館、上ノ国】国の文化審議会(佐藤信会長)は19日、重要文化財(重文)として、函館市元町33の旧相馬家住宅2棟(主屋、土蔵)を新規指定、上ノ国町上ノ国の重文「旧笹浪家住宅」に付属の米蔵...