北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

春の風物詩、阿寒湖氷割り本格化【釧路】

 春の観光シーズンを前に、釧路市の阿寒湖で16日、遊覧船を使って湖面の氷を砕く作業が本格化した。21日からは、氷の広がる湖と雄阿寒岳などの絶景を満喫できる国内唯一の「砕氷帯観光遊覧船」の運航が始まるほか、29日には湖水開きを予定している。

 風物詩となっている砕氷作業は、冬の間に湖面を覆った氷を割って航路を広げるため、遊覧船を運航する阿寒観光汽船(小林一之代表取締役)が毎年この時期に行っており、今年の作業は14日から始まった。  作業が報道陣に公開されたこの日は、観光遊覧船「ましゅう丸」(188㌧)が時速5㌔ほどでゆっくりと進みながらガリガリと大きな音を立てて氷を砕き、航路には深緑色の湖面が姿を見せた。釧路地方気象台によると、阿寒湖温泉の先月の気温は平年より3度ほど高く、降水量も2倍以上だったため氷が早く解け、厚さは20~30㌢と平年の半分以下という。

 砕氷帯観光遊覧船は、21日から1週間程度の予定。出航時間は午前8時、同9時、同10時、午後1時の1日計4便で、それぞれ所要時間は15分程度。乗船場所は幸運の森桟橋(ホテル御前水と鶴雅ウイングスの間)。料金は大人820円、子供490円。同汽船の小林道之企画課長は「氷がぶつかり合う音を、雄阿寒岳の景色と一緒に楽しんでもらえれば」と話している。遊覧船の定期運航は5月1日から始まる。問い合わせは0154(67)2511。

関連記事

日高報知新聞

伊勢神宮大宮司も出席【浦河】

 北海道神社庁と北海道神社総代会主催の第60回「北海道神社庁神社関係者大会」が、25日午後1時から浦河町総合文化会館で開かれる。道内神社の神職や氏子総代など関係者400~500人が参加し、伊勢神宮大宮...

日高報知新聞

減収減益も8期連続黒字【浦河】

 浦河町西舎の観光宿泊施設うらかわ優駿ビレッジアエル(西舎)を運営する「うらかわ優駿の里振興」(社長・池田拓町長)の第22回定時株主総会が21日、アエルで開かれた。昨年9月の胆振東部地震によるキャ...

根室新聞

ホッカイシマエビ約6万尾がふ化 種苗量産化へ研究5年目【根室】

 根室市水産研究所は、今年で5年目となるホッカイシマエビの種苗生産に着手している。現在、5月下旬から6月にかけてふ化した体長約1センチの稚エビが12基の水槽で飼育されている。今年も3カ月間飼育を...

室蘭民報

試される航路、宮蘭フェリー就航1年(下)【室蘭・宮古】

高まる存在価値・活発な地域交流を期待  「『海の道』がつながった市民交流のお手伝いをしたい」。室蘭市町内会連合会の沼田俊治会長は宮古市の自治会との交流を心待ちにしている。  宮蘭フェリー航...

室蘭民報

試される航路、宮蘭フェリー就航1年(中)【室蘭・宮古】

高規格「三陸沿岸道路」・全面開通は来年度予定  「三陸沿岸地域の産業振興に大きく寄与すると確信している」。岩手県の達増拓也知事が期待を寄せるのは、22日午後の県沿岸を縦貫する高規格道路「三陸...