北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

多彩な五月人形店頭に並ぶ 老舗の宮田商店【函館】

三日月の鍬形にスワロフスキーをあしらったかぶと

 今年で創業123年を迎えた老舗人形店「宮田商店」(函館市若松町30、宮田一人店主)では、宮田店主のこだわりでえりすぐった個性的な五月人形が並んでいる。特にかぶとの鍬形(くわがた)にスワロフスキー製のクリスタルガラスをあしらったものがひときわ輝きを放ち、来店者の目を引いている。

 同店5代目店主の宮田さんは、毎年東京の人形メーカーの展示会に出向き、カタログ掲載されず希少価値の高い珍しい五月人形を仕入れている。かぶとや飾りの小物まですべて日本製にこだわったラインナップ。材料も鍬形に24金、正絹の紐を使った高級品などが多く、織田信長や加藤清正ら武将を模したかぶとなどバラエティー豊かな商品もそろう。

 店内正面に鎮座するスワロフスキーを散りばめたかぶと飾りは、シックな色合いながらもクリスタルガラスの輝きにシルバーの背景が合い、伝統に新たな息吹が吹き込まれた作品となっている。

 同店では15万円以上の商品が多い。ただ、宮田さんは「割高に感じられるかもしれないが、商品の説明をすれば必ず良い物だと分かってもらえる。納得の品を贈ってもらいたい」と話す。問い合わせは同店(0138・26・1000)へ。

関連記事

函館新聞

追分渡島協 福田さんの遺志継ぎ少年少女の部の優勝旗新調【函館】

 江差追分渡島協議会(内村徳蔵会長)は、31日に函館市公民館で開く第15回渡島協議会発表大会から使用する、少年少女の部の優勝旗を製作した。昨年9月に84歳で亡くなった前会長で江差追分会名誉師匠の...

函館新聞

北浜町会とファイヤーワールドが災害時協定結ぶ【函館】

 北浜町会(岡部禮子会長)と、近隣の吉川町で薪ストーブの販売や点検業務を行う「ファイヤーワールド函館」(佐々木俊司代表)はこのほど、災害時に同店の暖房器具を住民に提供することなどを定めた協定を...

苫小牧民報

新たな観光施設、初日からにぎわい 展望台の完成祝う-苫小牧・道の駅ウトナ..

 苫小牧市が建設を進めていた道の駅ウトナイ湖(植苗)の展望台が20日、オープンした。同日、完成セレモニーが行われ、道の窪田毅副知事や岩倉博文市長、植苗町内会連合会の丹治秀一会長ら関係者約50人が...

苫小牧民報

ファイターズジェット運航開始 機体に球団ロゴ-スカイマーク

 スカイマークは19日、プロ野球北海道日本ハムファイターズと連携した特別デザイン機「ファイターズジェット」(ボーイング737―800型機)1機の運航を始めた。2020年6月頃まで羽田―新千歳線をは...

根室新聞

公示地価 市内は住宅地横ばい 商業地再び下落【根室】

 国土交通省は20日、地価公示法に基づく平成31年の公示地価を公表した。根室市の住宅地は横ばい、商業地は対前年比08パーセントの下落となり、商業地は平成29年まで17年連続で続いた下落が昨年横ばいに回復...