北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

白鳥大橋20周年ハーフマラソン・ウオークが10月14日に決定【室蘭】

 白鳥大橋開通20周年記念事業白鳥大橋ハーフマラソン・ウオークの第2回実行委員会が16日、室蘭市役所で行われた。開催日を10月14日に正式決定。合わせてサイクリング、駅伝も行われる。

 スタート時間は、7キロマラソンと親子ラン(3キロ)が午前8時半、ハーフが同9時半。親子ランのコースは、前回の会議時に出席者から「白鳥大橋からの景観を楽しんでほしい」と意見が出たため、陣屋―祝津ランプ間に変更された。参加費はハーフが4500円、7キロが2500円、親子ランが大人1500円、小学生千円。

 ウオークは午前8時半にスタート。参加費は高校生以上1500円、中学生以下無料。ウオーク、マラソン共に雨天決行。風速が10メートル以上になった場合は、白鳥大橋を通らない代替コースに変更される。出場の申し込みはいずれも7月中旬から行われる。

 同日中に室蘭開発建設部主催のサイクリング、市民ボランティア主催の駅伝も行われる予定で、次回以降の実行委員会で詳細を話し合う。席上、実行委員長の青山剛市長は「安全第一で市民の記憶に残る大会にしたい」と話した。

関連記事

室蘭民報

終戦の日に合わせ室蘭市内の戦跡を写真で紹介【室蘭】

 終戦記念日に合わせた「写真で見る室蘭の戦跡」が14日、室蘭市中島本町のモルエ中島イベントスペースで始まった。17日正午まで展示する。  市平和都市宣言啓発事業。市内に現存、またはかつてあっ...

室蘭民報

八幡宮例大祭が開幕、裸みこし迫力満点【室蘭】

 今年創立150年を迎えた室蘭八幡宮の例大祭が14日、同神社境内などで始まった。中央町の裏浜通りには露店市が登場。第44回むろらん裸みこしは小雨の中、2梯団(ていだん)が勇壮に練り歩いた。...

室蘭民報

證誠寺の境内を優しく照らす万灯会始まる【室蘭】

 室蘭市沢町の證誠寺(飯尾哲也住職)で13日から、境内にたくさんのちょうちんをともす「万灯会(まんとうえ)」が始まり、だいだい色の丸い明かりが本堂に続く階段を優しく照らしている。  先祖代々...

室蘭民報

万華鏡、スライム作り…科学館祭にぎわう【室蘭】

 室蘭市青少年科学館(小川征一館長)の2018年度(平成30年度)夏休み科学館祭が11~13日、幸町の同科学館で開かれ、12日に行われた工作教室では、子どもたちが万華鏡やスライム作りに挑戦した...

室蘭民報

八幡宮が創立150年、14~16日に例大祭【室蘭】

 室蘭市海岸町の室蘭八幡宮(奈良守房宮司)は創立150年を迎えた。今年も14~16日に同神社例大祭が開かれる。神楽奉納や御鳳輦渡御(ごほうれんとぎょ)をはじめ、協賛行事の第44回むろらん裸み...