北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

野菜試験栽培順調、6月から出荷【釧路町】

 釧路厚生社のグループ企業「あぐりソリューション」(菅原泰裕社長)の通年型野菜生産施設(町トリトウシ)で、ベビーリーフなど葉物野菜やミニトマトの試験栽培が順調に進んでいる。昨年11月末に完成した施設では今年1月から栽培を行い、経験や技術を積み重ねてきた。並行してラッピングの対応や売り先との交渉を徐々に重ね、6月ごろをめどに市内の飲食店やホテル、青果卸業者などに生産物の売り込みを始める。

 野菜生産施設は、断熱性能を通常より高め、広さを最大限生かし、エネルギーを効率良く使うことができる全天候型複層エアーハウス6連棟で、面積は4032平方㍍。このうち4棟では、19列水耕栽培で葉物野菜を生産。2棟は道東初の特殊フィルム使用のアイメックシステムによる養液土耕栽培でミニトマトを作っている。室温や肥料の濃度などを管理する自動制御システムを採用し、安定的で高品質な生産ができる体制を構築した。

 菅原社長はこれまでについて「試行錯誤しながらも、おおむね順調に進んできた」と手応えを語る。社員2人、パート6人を採用し、ミニトマトは糖度8~9のフルティカ種、葉物野菜はベビーリーフ、サラダ葉、レタス系など10種類以上の品種を栽培してきた。

 今年度は顧客ニーズに応えるため、季節ごとにどの野菜が求められるのか、その味や堅さ、生産量、価格などを見極め、柔軟に対応できる体制を築き、2019年度は葉物野菜38㌧、ミニトマト10㌧の生産量を目指す。また、町と連携し「釧路町産」であることを強調するほか、学校給食での提供も視野に入れる。

 菅原社長は、釧路厚生社の中山勝範会長(同町出身)が長年抱いていた地域への恩返しの気持ちが施設建設につながり、その強い思いを引き継いだと説明。「そこが事業の原点であり核。釧路町の特産品として、その思いを伝えていきたい」と力を込める。

関連記事

日高報知新聞

企業版納税第1号【様似】

【様似】本年度から企業版ふるさと納税(地方創生応援税制)を導入した町へ、東邦オリビン工業(本社・東京、横見実社長)から20万円の寄付があり、22日、坂下町長から役場を訪問した横見社長に感謝状が贈られた...

日高報知新聞

装備品展示や指紋採取【浦河】

 浦河警察署(岡崎健一署長)で23日夕方、署長室の開放や機動隊の高性能救助車展示、指紋の採取体験など警察の活動について紹介するショートタイムフェスタを駐車場と庁舎内で開き、子どもから高齢者まで約30...

苫小牧民報

樽前荘廃止の動きに心配の声 愛好者ら行方注視

 苫小牧市が、支笏湖畔のモラップ=千歳市=で運営する休憩・宿泊施設「モーラップ樽前荘」の廃止に向けた検討に入ったことで、施設を愛する全国のファンに心配の声が広がっている。今年で66年の歴史を重ね...

苫小牧民報

舞鶴遊水地にヨシ植栽 タンチョウ営巣へ整備-長沼町

 札幌開発建設部千歳川河川事務所=千歳市住吉=は24日、タンチョウの営巣環境整備を進める空知管内長沼町の舞鶴遊水地で巣の材料となるヨシの植栽作業を実施した。専門家によると早ければ来春にも巣作りが...

十勝毎日新聞

ロケット不具合対策完了 IST【大樹】

 ロケット開発ベンチャーのインターステラテクノロジズ(大樹、IST、稲川貴大社長)は24日、町浜大樹の実験場で、観測ロケットMOMO2号機の打ち上げリハーサルを成功させ、前回延期の原因となった不...