北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

野菜試験栽培順調、6月から出荷【釧路町】

 釧路厚生社のグループ企業「あぐりソリューション」(菅原泰裕社長)の通年型野菜生産施設(町トリトウシ)で、ベビーリーフなど葉物野菜やミニトマトの試験栽培が順調に進んでいる。昨年11月末に完成した施設では今年1月から栽培を行い、経験や技術を積み重ねてきた。並行してラッピングの対応や売り先との交渉を徐々に重ね、6月ごろをめどに市内の飲食店やホテル、青果卸業者などに生産物の売り込みを始める。

 野菜生産施設は、断熱性能を通常より高め、広さを最大限生かし、エネルギーを効率良く使うことができる全天候型複層エアーハウス6連棟で、面積は4032平方㍍。このうち4棟では、19列水耕栽培で葉物野菜を生産。2棟は道東初の特殊フィルム使用のアイメックシステムによる養液土耕栽培でミニトマトを作っている。室温や肥料の濃度などを管理する自動制御システムを採用し、安定的で高品質な生産ができる体制を構築した。

 菅原社長はこれまでについて「試行錯誤しながらも、おおむね順調に進んできた」と手応えを語る。社員2人、パート6人を採用し、ミニトマトは糖度8~9のフルティカ種、葉物野菜はベビーリーフ、サラダ葉、レタス系など10種類以上の品種を栽培してきた。

 今年度は顧客ニーズに応えるため、季節ごとにどの野菜が求められるのか、その味や堅さ、生産量、価格などを見極め、柔軟に対応できる体制を築き、2019年度は葉物野菜38㌧、ミニトマト10㌧の生産量を目指す。また、町と連携し「釧路町産」であることを強調するほか、学校給食での提供も視野に入れる。

 菅原社長は、釧路厚生社の中山勝範会長(同町出身)が長年抱いていた地域への恩返しの気持ちが施設建設につながり、その強い思いを引き継いだと説明。「そこが事業の原点であり核。釧路町の特産品として、その思いを伝えていきたい」と力を込める。

関連記事

十勝毎日新聞

路線バス国内客も乗り放題 2社がパス【十勝】

 十勝バス(帯広、野村文吾社長)と北海道拓殖バス(音更、中木雄三郎社長)は、昨年から十勝を訪れる外国人観光客向けに発売している「VISIT TOKACHI PASS」を、11月から日本人観光客向...

十勝毎日新聞

26、27日に「カレー」上映 見て「食べよう」【池田】

 池田町内の映画愛好家でつくる池田映画研究会(宮澤嘉裕会長、会員8人)は26、27の両日、町中心市街地にある交流スペース「Ponte(ポンテ)」(大通4)でドキュメンタリー映画「カレーライスを一...

十勝毎日新聞

水害きっかけ「いももっち」 まりも製薬【帯広】

 健康食品など製造販売の「まりも製薬」(帯広、河端ミカ社長)は、十勝産の「インカのめざめ」を使ったイモ団子「いももっち」2品を商品化し、販売している。袋のまま電子レンジで温めて食べられる。  ...

室蘭民報

刈田神社に輝く神輿、遠田さんが寄贈【登別】

 登別市の総鎮守・刈田神社(登別市中央町、大西昇宮司)の女神輿(みこし)が更新された。戦前から使われていた神輿だが、部品が破損するなど老朽化が顕著になってきたところ、市内の建設会社役員・遠...

室蘭民報

健康支えた音楽レク、総合福祉センター指定管理者の内池さん夫妻【室蘭】

 老朽化などを理由に10月末で廃止となる室蘭市総合福祉センター(天神町)。約12年間にわたり指定管理者を務めてきた各種介護事業を行うタカラサービス(白鳥台)の内池宝代表取締役会長(76)は「自...