北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

酪農の6次化推進の伊藤☆牧場 レストラン新装開店【根室】

リニューアルについて説明する伊藤さん(右)とメニューを指導した貫田さん

 酪農の6次化に取り組む厚床明郷の伊藤☆牧場(伊藤泰通さん経営)の「レストランATTKO」が18日、リニューアル・オープンした。フード・ディレクターとしても活躍する貫田桂一シェフの指導で、グラスフェッドライスの「エスカロップ」などメニューも充実。伊藤さんは「根室市民にも食べに来てもらいたい」と話している。

 同牧場は平成24年に当時、根室・釧路管内初の6次産業化法(地域資源を活用した農林漁業者等による新事業の創出等及び地域の農林水産物の利用促進に関する法律)に基づく、農林水産大臣の認定を受け、牧場内に生乳の処理施設を整備するとともに、酪農喫茶「Grassy Hill」をレストランに改築。日本短角和牛を「あけさと和牛」としてブランド化し、レストランで提供してきた。

 今回のリニューアルでは、従来レストラン内で行っていた農に関する雑貨販売を同一敷地内の「ちいさな雑貨店 Étable(エターブル)」(旧酪農喫茶「Grassy Hill」)に移し(3月18日から先行オープン)、36席から48席に拡大。夏の繁忙期の混雑解消を図った。

 また、同認定によるアドバイザー派遣事業を活用し、食に関する指導・助言を行うヌキタ・ロフィスド代表の貫田シェフの指導を受け、メニューの改善に着手。この中で、牧草だけで育つ伊藤☆牧場の日本短角和牛の牛脂に着目。貫田さんは「道内でこんなにおいしい牛の脂はない」と太鼓判を押し、この牛脂を使ったライスを牧草飼育の意味を持つ「グラスフェッド」という言葉を使い「グラスフェッドライス」を生み出した。

 この「グラスフェッドライス」を、ビーフカツレツを乗せたオリジナルの「エスカロップ」(1,270円)のバターライスの代わりに使うことで、より優しい味の「エスカロップ」に仕上げている。このグラスフェッドライスは、塩分比率を高め、短角牛の肉が本来持つ旨味を凝縮させた貫田さん秘伝の技を使った「ハンバーグ・プレート」(910円)にも使っている。

 このほか、根室産のサケ、ホタテ、花咲ガニの「ミルククリームシチュー」(1,130円)やパスタ類を増やすなどメニューに工夫を凝らしている。  貫田さんは「世界に誇る食材がまだまだある。これからも少しずつメニューを変えるお手伝いをしていきたい」と話していた。また、伊藤さんは「貫田さんの指導で、牧場の特色を生かしたメニューを作ることができた」とし、市民の来店を呼び掛けていた。

 営業時間は午前11時から午後3時まで。定休日は毎週火・水曜日。

関連記事

函館新聞

いさ鉄まもなく開業3周年 函館駅などで記念イベント【函館】

 道南いさりび鉄道(小上一郎社長)が開業3年を迎える。北海道新幹線とともに2016年3月26日、五稜郭―木古内間(37・8キロ)で開業。「いさ鉄」の愛称で親しまれ、沿線住民の足としてだけでなく...

函館新聞

8歳で英検準1級合格 附属小の小笠原君【函館】

 道教育大附属函館小学校3年の小笠原煌(こう)君が、8歳で実用英語技能検定(英検)の準1級に合格した。大学中級程度の英語力が求められ、8歳での合格は全国的も珍しいという。煌君は「達成感でいっぱい...

苫小牧民報

さよなら地球体験館 100人駆け付け閉館惜しむ-むかわ

 昨年9月の胆振東部地震で被災して今月末で閉館が決まったむかわ町穂別の「地球体験館」の最後のイベントが21日にあった。町内外から約100人が訪れて27年にわたって親しまれた施設に感謝と別れを告げ...

日高報知新聞

237人の特例申請が無効に【浦河】

 浦河町ふるさと納税への寄付者が確定申告が不要となる「ワンストップ特例制度」の町側事務処理ミスで、5946人分の申請データが未処理だった問題で、町は22日、臨時記者会見を開き、1都2県の237人の特...

日高報知新聞

珍しい〝暖〟ボールアート【様似】

【様似】札幌在住の桑折廣幸さん(68)のダンボールをキャンバスに制作した絵画展示「ひろ・くわおり〝暖”ボールアート 北の浮世絵展」が、町中央公民館ギャラリー21で始まり、入館者の目を引いている。31日まで...