北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

中谷製作所が新製品「よけとるくん」販売 もや解消に効果

「よけとるくん」を手に漁業への活用を呼び掛ける村川代表

 コンブやウニ漁などで海底を覗くために使用する「箱眼鏡」を製作する中谷製作所(函館市美原4、村川陽一代表)がこのほど、真水と海水の断層によって生じる視界不良を解消する新製品「よけとるくん」を開発し本格販売に乗り出した。製品の核となるレンズの部分に特許技術が使われており、従来の製品と比べ操業効率を大幅に向上できることから、漁業関係者が熱い眼差しを向けている。

 箱眼鏡は漁師が船の上から海底の様子を確認するのに使われるが、製品の多くは実際に使用すると「もや」がかかったような状態になることが多かったという。

 これは河川から流入する真水などの影響で、海水面上に真水と海水の断層ができ、光の屈折率が変わることで発生する現象が影響している。これを解消するために、浮力が働く箱眼鏡に重りをつけて沈めるなど工夫を凝らしてきたが、体力面での負担が大きく、長年にわたって漁師を苦しめてきた。

 新製品開発のきっかけとなったのは2年ほど前。オホーツク地方に住む漁業関係者の友人から、この「もや」を解消した製品が作れないかと相談を受けたことから始まった。

 従来の箱眼鏡はいかにして海水を眼鏡内に入れないかが鍵だったが、知人の発案をもとに眼鏡内に海水を入れるという逆転の発想を加えたことで、開発は一気に加速。すぐに試作機を作り、知り合いの漁師などにテストしてもらいながら改良を重ね、昨年秋ごろ完成した。

 よけとるくんは「真水をよける」と「(水産物が)余計に獲れる」の意味がかかっている。性能の核となるレンズは2重構造で、間に海水を注入することで重さが増し、下のレンズが真水層を突き抜け海水層に達するため、良好な視界が確保できる仕組み。製品には上のレンズが上下に動く可動式と固定式の2種類あり、さらに頭の大きさや筒の長さなど、個人に合わせて製造する。価格はオープン。

 実際に使用した漁業者からは、海水を注入することによる重さは気にならないという声がほとんどで、「石とウニの違いがはっきりとわかるようになった」「コンブの厚さまで確認できるのでとても便利」といった喜びの声が寄せられているという。村川代表は「よけとるくんを使ってもらうことで操業効率が上がり、漁業者の負担軽減につながる。さらに所得向上に役立てば」と話す。漁協の購買部などで取り扱っている。製品に関する問い合わせは同社(0138・46・3828)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

あふれる菜の花 黒田農場【音更】

 菜の花畑が満開となった音更町の黒田農場(下士幌48、黒田浩光さん経営)で18、19日、観賞イベントが開かれ、来場者はトレーラーの観覧車から、黄色いじゅうたんを敷き詰めたような景観を楽しんだ。 ...

十勝毎日新聞

「J」へ開幕戦勝利 スカイアース【幕別】

 社会人サッカーの第42回道リーグ(北海道サッカー協会など主催)が19日、幕別運動公園陸上競技場などで開幕した。Jリーグ参入を目指す北海道十勝スカイアース(高勝竜監督)が日本製鉄室蘭に1-0で...

十勝毎日新聞

ブラジルのダンスに笑顔 幼児、異文化触れる【帯広】

 外国の文化に触れる未就学児向けイベント「キッズ・プレイグラウンド」が18日、帯広市内の森の交流館・十勝で開かれた。親子ら約20人が参加し、ブラジルのダンスなどを楽しんだ。  帯広畜産大学の...

函館新聞

土方熱演、迫真の殺陣 箱館五稜郭祭開幕【函館】

 戊辰戦争終結150周年・第50回記念箱館五稜郭祭が18日、開幕した。五稜郭タワーアトリウムでは、初日のメインイベント「第32回土方歳三コンテスト全国大会」が開かれ、ゲスト審査員として俳優...

函館新聞

交流拠点と船お披露目 「岩部クルーズ」6月から運航【福島】

 【福島】岩部地区交流センター(岩部65)のオープンセレモニーが18日、同所で開かれ、鳴海清春町長や来賓ら34人が6月から始まる「岩部クルーズ」の交流拠点の機能を持つ同センターのオープンを...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス