北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

中谷製作所が新製品「よけとるくん」販売 もや解消に効果

「よけとるくん」を手に漁業への活用を呼び掛ける村川代表

 コンブやウニ漁などで海底を覗くために使用する「箱眼鏡」を製作する中谷製作所(函館市美原4、村川陽一代表)がこのほど、真水と海水の断層によって生じる視界不良を解消する新製品「よけとるくん」を開発し本格販売に乗り出した。製品の核となるレンズの部分に特許技術が使われており、従来の製品と比べ操業効率を大幅に向上できることから、漁業関係者が熱い眼差しを向けている。

 箱眼鏡は漁師が船の上から海底の様子を確認するのに使われるが、製品の多くは実際に使用すると「もや」がかかったような状態になることが多かったという。

 これは河川から流入する真水などの影響で、海水面上に真水と海水の断層ができ、光の屈折率が変わることで発生する現象が影響している。これを解消するために、浮力が働く箱眼鏡に重りをつけて沈めるなど工夫を凝らしてきたが、体力面での負担が大きく、長年にわたって漁師を苦しめてきた。

 新製品開発のきっかけとなったのは2年ほど前。オホーツク地方に住む漁業関係者の友人から、この「もや」を解消した製品が作れないかと相談を受けたことから始まった。

 従来の箱眼鏡はいかにして海水を眼鏡内に入れないかが鍵だったが、知人の発案をもとに眼鏡内に海水を入れるという逆転の発想を加えたことで、開発は一気に加速。すぐに試作機を作り、知り合いの漁師などにテストしてもらいながら改良を重ね、昨年秋ごろ完成した。

 よけとるくんは「真水をよける」と「(水産物が)余計に獲れる」の意味がかかっている。性能の核となるレンズは2重構造で、間に海水を注入することで重さが増し、下のレンズが真水層を突き抜け海水層に達するため、良好な視界が確保できる仕組み。製品には上のレンズが上下に動く可動式と固定式の2種類あり、さらに頭の大きさや筒の長さなど、個人に合わせて製造する。価格はオープン。

 実際に使用した漁業者からは、海水を注入することによる重さは気にならないという声がほとんどで、「石とウニの違いがはっきりとわかるようになった」「コンブの厚さまで確認できるのでとても便利」といった喜びの声が寄せられているという。村川代表は「よけとるくんを使ってもらうことで操業効率が上がり、漁業者の負担軽減につながる。さらに所得向上に役立てば」と話す。漁協の購買部などで取り扱っている。製品に関する問い合わせは同社(0138・46・3828)へ。

関連記事

日高報知新聞

総額31億円、売却率過去最高【新ひだか】

【新ひだか】北海道市場のサラブレッド1歳馬の競り市「セレクションセール」(日高軽種馬農協主催)が16日、静内神森の同市場で開かれた。236頭(牡178頭、牝58頭)が上場し、197頭(牡154頭、...

日高報知新聞

馬を介した連携協定を結ぶ【浦河】

 浦河町と帯広畜産大学(奥田潔学長)と町内のNPO法人ピスカリ(江刺尚美代表理事)が16日、浦河町役場で馬を介した教育・研究・社会貢献活動に関する連携協定を結んだ。障がい者や高齢者に対する乗馬療...

根室新聞

北方墓参第2班が択捉島へ 一部は洋上慰霊に【根室】

 北方領土に眠る元島民の霊を慰める北方墓参の今年度第2班が18日朝、目的地の択捉島へ向けて四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で根室港を出発した。墓参団(伊藤光作団長)は2泊3日の日程で同...

根室新聞

貝殻島サオマエコンブ値決め交渉 1等品は1万6500円【根室】

 根室水産ビルで行われていた今年の北方領土・貝殻島サオマエコンブ漁の値決め交渉が、16日に妥結した。今年の上場数量は昨年を下回る164トン。最高級の1等品価格は10キログラム当たり前年比100...

根室新聞

「市民墓」過疎化、核家族化で需要今後も【根室】

 過疎化や核家族化でお墓を取り巻く環境が変化する中、平成28年12月に供用開始した西浜町墓地の市民墓(2千体収容)に納骨された利用者が約1割、200体を超えた。市外からの申し込みも37体と多く、将...