北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

東京海上日動新入社員が森林研修【下川】

枝打ちに励む新入社員

 東京海上日動火災保険の新入社員44人(九州・沖縄地区から女性42人、男性2人)が、森林づくりを通して人間力を高めようと、16日から20日までの5日間、町内に滞在。町有林の枝打ちやササ刈りに取り組んだ。

 東京海上日動の新入社員研修の一環。ボランティアを通じて地方への理解を深め、地域と共に成長していく業務への姿勢へ結びけることを目的に、同社員580人が、全国11地域に分かれ、産業支援や復興支援、耕作放棄地の活用を実施している。下川では、地元のNPO法人森の生活(麻生翼代表)が、社員研修のコーディネートを務める「日本フィランソロピー協会」と付き合いがあった縁で、受け入れを行った。一般的な体験ではなく、地域に貢献できる活動を重んじており、住民にも身近で、かつ作業が求められる森林を選定した。

 16日から町の循環型森林経営や木材利用に理解を深めたうえで、17、18日までは渓和森林公園で、トドマツ(13年生)のすそ払い(下部の枝が積雪で曲げられると、幹が避けてしまうので、下部の枝を切る作業)、カラマツ(13年生)の枝打ちを行った。低気圧被害の後に植えられた森林で、樹木1万本のうち、3000本以上の手入れを目指して励んでいた。19日には、住民主体で森林づくりが進む「美桑が丘」で、ササ刈りに汗を流した。

 福岡県在住の津川亮子さん、石瀧美和さん、熊本県在住の田邉萌さん、新堀茜さん(いずれも22歳)は「作業を重ねるうちに、自分たちの木という気持ちが芽生えた」「今の作業が40年先の森林に影響することを実感し、子どもの未来を考え、責任を持って作業したいと思うようになった」と話す。

関連記事

根室新聞

国内初 ベニザケ海面養殖事業化に挑戦【根室】

 根室市ベニザケ養殖協議会(会長・大坂鉄夫根室漁協組合長)は18日、根室港中防波堤に設置したいけすにベニザケの稚魚を放流し、海面でのベニザケ養殖実証試験がスタートした。  ベニザケの養殖は平...

日高報知新聞

東日本大会に出場【えりも】

【えりも】管内中学硬式野球チーム「日高リトルシニア」(浦川聡監督、団員27人)メンバーのえりも中生徒5人が12日、町役場に大西正紀町長を表敬訪問して第8回日本リトルシニア東日本選抜野球大会への出場...

日高報知新聞

「課題はすべてクリア」【様似】

【様似】ユネスコのジオパーク計画審査グループから派遣された2人の審査員により、15日から実施していたアポイ岳ジオパークの世界再認定現地審査が18日終了した。再認定結果は来年3月に発表される。  ...

苫小牧民報

「カジカ」バーガー開発 前浜産使用、豊かな味わい苫小牧漁協女性部

 苫小牧漁業協同組合女性部(山口加津子部長)は前浜産のカジカを使ったハンバーガーを開発し、夏に開催する地元イベントで販売する。食材としての認知度は低いものの、味は抜群というトウベツカジカの活用法...

十勝毎日新聞

立てないヤギ 車いすで復帰 おびひろ動物園【帯広】

 おびひろ動物園(柚原和敏園長)の高齢のヤギ「ユズ」(雌、9歳)は昨年秋に左前足の不調で立つことができなくなったが、6月から、飼育展示係のスタッフが改造した車いすを使い、わずかながら歩けるようにな...