北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

東京海上日動新入社員が森林研修【下川】

枝打ちに励む新入社員

 東京海上日動火災保険の新入社員44人(九州・沖縄地区から女性42人、男性2人)が、森林づくりを通して人間力を高めようと、16日から20日までの5日間、町内に滞在。町有林の枝打ちやササ刈りに取り組んだ。

 東京海上日動の新入社員研修の一環。ボランティアを通じて地方への理解を深め、地域と共に成長していく業務への姿勢へ結びけることを目的に、同社員580人が、全国11地域に分かれ、産業支援や復興支援、耕作放棄地の活用を実施している。下川では、地元のNPO法人森の生活(麻生翼代表)が、社員研修のコーディネートを務める「日本フィランソロピー協会」と付き合いがあった縁で、受け入れを行った。一般的な体験ではなく、地域に貢献できる活動を重んじており、住民にも身近で、かつ作業が求められる森林を選定した。

 16日から町の循環型森林経営や木材利用に理解を深めたうえで、17、18日までは渓和森林公園で、トドマツ(13年生)のすそ払い(下部の枝が積雪で曲げられると、幹が避けてしまうので、下部の枝を切る作業)、カラマツ(13年生)の枝打ちを行った。低気圧被害の後に植えられた森林で、樹木1万本のうち、3000本以上の手入れを目指して励んでいた。19日には、住民主体で森林づくりが進む「美桑が丘」で、ササ刈りに汗を流した。

 福岡県在住の津川亮子さん、石瀧美和さん、熊本県在住の田邉萌さん、新堀茜さん(いずれも22歳)は「作業を重ねるうちに、自分たちの木という気持ちが芽生えた」「今の作業が40年先の森林に影響することを実感し、子どもの未来を考え、責任を持って作業したいと思うようになった」と話す。

関連記事

函館新聞

初年度相談件数242件/「函館・道南サート」専用窓口【函館】

 性暴力被害に遭った人を救援支援する性暴力被害対応チーム「函館・道南SART(サート)」で、函館市が新設した専用窓口に寄せられた相談件数が2018年度242件に上ることが分かった。委託先のNPO...

函館新聞

朝市にミニ水族館 7月から/「はこだて海の教室」【函館】

 函館朝市に近海を模したミニ水族館が出現―。はこだて海の教室実行委(会長・菅原雅仁十字屋社長)は7月15日から、函館朝市えきに市場「いか釣堀広場」に大型水槽4基を設置する。子どもに国内屈指の「海の...

釧路新聞

「海洋パイオニアスクール」高校生が藻場学習【標津】

標津町立標津高校(中川雅司校長、149人)は22日、町海の公園で2019年度「海洋教育パイオニアスクール」として生物の授業で藻場学習を行い、生徒は海草や藻場に生息する生物について理解を深めた。同ス...

釧路新聞

阿寒湖で観察会 児童がマリモの生態学ぶ【釧路】

 NPO法人阿寒湖のマリモ保護会などが主催する、国の特別天然記念物マリモの観察会が22日、釧路市阿寒湖で開かれた。阿寒湖小(本川敬一校長・児童数56人)の6年生9人が、普段立ち入ることのできない生...

根室新聞

北方領土・貝殻島周辺コンブ漁 6月1日出漁【根室】

 今年の北方領土・歯舞群島の貝殻島周辺でのコンブ漁について、同漁の管理組合の歯舞漁協(小倉啓一組合長)は20日に開いた理事会で、操業開始日を6月1日に決めた。24日に開催する歯舞、根室、落石の...