北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

牡の子馬誕生 額に白斑(はくはん)

【新ひだか】全国で唯一サラブレッドの繁殖から育成までを授業に取り入れている静内田原の静内農業高(大関俊郎校長)で4日夜、牡の子馬が誕生した。

 畜産系の生産科学科がある同校は、年1頭の割合でサラブレッドの生産に当たり、授業の一環として生徒たちが馬の世話をしている。

 子馬は3月16日が出産予定日だったが、約3週間遅れの4月4日午後9時に誕生。母馬は11歳のマドリガルスコア(父ダンスインザダーク)で、父は近くにある日本軽種馬協会静内種馬場でけい養されている米国産の人気種牡馬エスケンデレヤ。

 母子の世話は将来、軽種馬生産牧場への就職を考えていたり、馬の繁殖に興味のある生徒が希望して担当。母馬の乳が張るなど、出産の兆候が見え始めた3月下旬から同校OBで馬術部顧問の若松勇太教諭らとともに、きゅう舎近くで見守ってきた。

 出産は破水から10分ほどで誕生するスムーズなもので、帰宅していた生徒たちは出産の瞬間に立ち会うことは出来なかったが、寮にいた生徒たちは連絡を受けてすぐにきゅう舎に駆け付けて子馬と対面。繁殖長の日隈宙希君(3年)は「1年生のころから見ているが、何回見ても感動する」と貴重な体験を振り返った。

 子馬は鹿毛で額には特徴的な白斑がある。名前は全校生徒に公募する予定。母子の世話をする日隈君は「ヤンチャで母親も手を焼いている。まずは競り市で売れることが第一目標」、沖田知也君(3年)は「早い段階から人に慣れさせたい」、臼田たよさん(同)は「将来は中央競馬で走るような馬になってもらえたら」などと成長を楽しみにしている。

 子馬は来年のサマーセールに上場予定。今年上場予定の1歳馬「叶愛」(父エスケンデレヤ、母ゴートゥザノース)も順調に育っている。昨年のサマーセールで561万6千円で日本中央競馬会(JRA)に落札された「北翔(牧場名)」は、浦河町のJRA日高育成牧場で競走馬として育成され、24日に中山競馬場で開かれるJRAブリーズアップセールに上場される予定。

 また、同校では子馬がどんな行動をしているのか把握するため、GPSを使用した研究も今年度から実施している。

母子馬と世話をする静内農高の生徒たち

関連記事

日高報知新聞

企業版納税第1号【様似】

【様似】本年度から企業版ふるさと納税(地方創生応援税制)を導入した町へ、東邦オリビン工業(本社・東京、横見実社長)から20万円の寄付があり、22日、坂下町長から役場を訪問した横見社長に感謝状が贈られた...

日高報知新聞

装備品展示や指紋採取【浦河】

 浦河警察署(岡崎健一署長)で23日夕方、署長室の開放や機動隊の高性能救助車展示、指紋の採取体験など警察の活動について紹介するショートタイムフェスタを駐車場と庁舎内で開き、子どもから高齢者まで約30...

苫小牧民報

樽前荘廃止の動きに心配の声 愛好者ら行方注視

 苫小牧市が、支笏湖畔のモラップ=千歳市=で運営する休憩・宿泊施設「モーラップ樽前荘」の廃止に向けた検討に入ったことで、施設を愛する全国のファンに心配の声が広がっている。今年で66年の歴史を重ね...

苫小牧民報

舞鶴遊水地にヨシ植栽 タンチョウ営巣へ整備-長沼町

 札幌開発建設部千歳川河川事務所=千歳市住吉=は24日、タンチョウの営巣環境整備を進める空知管内長沼町の舞鶴遊水地で巣の材料となるヨシの植栽作業を実施した。専門家によると早ければ来春にも巣作りが...

十勝毎日新聞

ロケット不具合対策完了 IST【大樹】

 ロケット開発ベンチャーのインターステラテクノロジズ(大樹、IST、稲川貴大社長)は24日、町浜大樹の実験場で、観測ロケットMOMO2号機の打ち上げリハーサルを成功させ、前回延期の原因となった不...