北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

牡の子馬誕生 額に白斑(はくはん)

【新ひだか】全国で唯一サラブレッドの繁殖から育成までを授業に取り入れている静内田原の静内農業高(大関俊郎校長)で4日夜、牡の子馬が誕生した。

 畜産系の生産科学科がある同校は、年1頭の割合でサラブレッドの生産に当たり、授業の一環として生徒たちが馬の世話をしている。

 子馬は3月16日が出産予定日だったが、約3週間遅れの4月4日午後9時に誕生。母馬は11歳のマドリガルスコア(父ダンスインザダーク)で、父は近くにある日本軽種馬協会静内種馬場でけい養されている米国産の人気種牡馬エスケンデレヤ。

 母子の世話は将来、軽種馬生産牧場への就職を考えていたり、馬の繁殖に興味のある生徒が希望して担当。母馬の乳が張るなど、出産の兆候が見え始めた3月下旬から同校OBで馬術部顧問の若松勇太教諭らとともに、きゅう舎近くで見守ってきた。

 出産は破水から10分ほどで誕生するスムーズなもので、帰宅していた生徒たちは出産の瞬間に立ち会うことは出来なかったが、寮にいた生徒たちは連絡を受けてすぐにきゅう舎に駆け付けて子馬と対面。繁殖長の日隈宙希君(3年)は「1年生のころから見ているが、何回見ても感動する」と貴重な体験を振り返った。

 子馬は鹿毛で額には特徴的な白斑がある。名前は全校生徒に公募する予定。母子の世話をする日隈君は「ヤンチャで母親も手を焼いている。まずは競り市で売れることが第一目標」、沖田知也君(3年)は「早い段階から人に慣れさせたい」、臼田たよさん(同)は「将来は中央競馬で走るような馬になってもらえたら」などと成長を楽しみにしている。

 子馬は来年のサマーセールに上場予定。今年上場予定の1歳馬「叶愛」(父エスケンデレヤ、母ゴートゥザノース)も順調に育っている。昨年のサマーセールで561万6千円で日本中央競馬会(JRA)に落札された「北翔(牧場名)」は、浦河町のJRA日高育成牧場で競走馬として育成され、24日に中山競馬場で開かれるJRAブリーズアップセールに上場される予定。

 また、同校では子馬がどんな行動をしているのか把握するため、GPSを使用した研究も今年度から実施している。

母子馬と世話をする静内農高の生徒たち

関連記事

函館新聞

晩夏彩る湯の川温泉花火大会【函館】

 函館の晩夏を彩る「第53回湯の川温泉花火大会」(実行委主催)が18日に行われた。松倉川下流から1時間にわたって約3000発の花火が打ち上がり、訪れた5万1000人(主催者発表)を魅了した。 ...

函館新聞

はこだて国際科学祭、10回目の開幕【函館】

 「はこだて国際科学祭」(サイエンス・サポート函館主催、函館新聞社など後援)が18日、五稜郭タワーをメイン会場に開幕した。10回目の節目となる今回は「『環境』から函館のしあわせを考える。」が...

根室新聞

25日から松浦武四郎 管内巡回パネル展【根室】

 根室振興局は25日から、北海道150年事業の「松浦武四郎 根室管内巡回パネル展」を管内1市4町で展開する。武四郎が江戸時代に訪れた管内の様子や業績をパネルで紹介するほか、「東西蝦夷山川地理取調図」(...

日高報知新聞

華やかな義経行列など【平取】

【平取】平安時代の武将「源義経」をまつる町内本町の義経神社(楡田美浩宮司)の例大祭に合わせ14~15の両日、本町地区で「義経ふるさと祭」が開かれた。義経神社祭典実行委員会と義経ふるさと祭実行委員会の主...

日高報知新聞

40年ぶりに会場灯台点灯【えりも】

【えりも】えりもの夏を彩る「第45回えりもの灯台まつり」(実行委主催)が14~16日、本町の灯台公園とえりも港を会場に開かれ、あいにくの雨天模様にかわらず町民やお盆で帰省中の家族連れなど2万1000人が...