北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

花いっぱい 観光客歓迎 函館駅前で花壇整備進む【函館】

函館駅前広場の花壇にパンジーを植える市民ボランティア

 JR函館駅前広場で、観光客を出迎える花壇の整備が進んでいる。20日は市民ボランティアも参加して色とりどりのパンジーを植え、周囲ではチューリップが徐々に咲き始めた。大型連休から5月中旬にかけて、花盛りとなりそうだ。

 函館市の函館駅前花いっぱい業務を受託する桔梗造園(石川町、山本久明社長)とNPO法人「スプリングボードユニティ21」(折谷久美子理事長)による作業。3カ年の最終年度で、今年は「輪」をテーマに曲線主体の区画とした。

 チューリップは昨年秋に6400球を植え、赤やピンク、紫など5色。順調に成長し、一部が咲き始めた。パンジーも5色、9800株を植える。大型連休にはチューリップがほぼ咲きそろいそうで、パンジーのボリュームも増す5月中旬ごろにかけて見頃のピークとなりそうだ。

 花の配置などを担った同社の佐橋侑平さん(28)は「春らしく、華やかにしたいとカラフルでにぎやかな配置にした。秋に植えたチューリップも順調で、きれいに咲いてほしい」と話す。同社は日々の手入れも担い、6月中旬以降、夏花壇に切り替える。

 20日は、同NPOのボランティア8人が参加。北陸銀行函館支店の2人も手伝い、4月に入行した工藤里帆子さん(22)「地域に貢献できてうれしい。楽しく作業をしています」と話していた。

 駅を訪れる外国人観光客が早速、花の写真を撮っており、折谷理事長(58)は「天気も良く、人も出ているので楽しみながら植えている。今年も花に癒やされながら活動していきたい」と話していた。

関連記事

十勝毎日新聞

国鉄色の列車に郷愁 管内を貸し切り運行 十勝晴号【十勝】

 音更町の私設鉄道博物館「十勝晴(とかちばれ)駅」(穂積規さん運営)の開業5周年を記念した貸し切り列車「十勝晴号」の運行が25日、JR根室線の帯広-厚内(浦幌)間で行われた。池田駅では弁当売りもあ...

十勝毎日新聞

海鮮丼800食もりもり 格安「市場まつり」盛況【帯広】

 帯広地方卸売市場(高橋正行社長)で25日、「市場まつり」が開かれた。特選海鮮丼や本マグロ、地場野菜などが格安で販売され、買い物客でにぎわった。  同市場と同市場買受人組合(黒川義雄組合長、...

十勝毎日新聞

帯広北高 国立劇場で堂々 特別公演「やりきった」【東京】

 帯広北高校演劇部(松下結翔部長、部員4人)は24日午後、7月の全国高校総合文化祭(総文祭、佐賀市)で優秀賞に輝いた作品「放課後談話」を都内の国立劇場の大劇場で上演した。多くの演劇ファンや同校...

函館新聞

ギリヤーク尼ケ崎さん、大門で青空公演【函館】

 函館出身の大道芸人、ギリヤーク尼ケ崎さん(89)による青空舞踊公演「祈りの踊り」が24日、はこだてグリーンプラザ(函館市松風町)で開かれた。津軽三味線奏者の二代目高橋竹山さんと共演し、満身創痍...

函館新聞

ハンドボール欧州遠征へ 巴中加賀谷【函館】

 巴中3年の加賀谷柊斗が、日本ハンドボール協会が将来の日本代表候補を育てる「ナショナルトレーニングアカデミー(NTA)」の欧州遠征(25日~9月2日、ハンガリー)に参加する。中高生を対象にした男...