北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

花いっぱい 観光客歓迎 函館駅前で花壇整備進む【函館】

函館駅前広場の花壇にパンジーを植える市民ボランティア

 JR函館駅前広場で、観光客を出迎える花壇の整備が進んでいる。20日は市民ボランティアも参加して色とりどりのパンジーを植え、周囲ではチューリップが徐々に咲き始めた。大型連休から5月中旬にかけて、花盛りとなりそうだ。

 函館市の函館駅前花いっぱい業務を受託する桔梗造園(石川町、山本久明社長)とNPO法人「スプリングボードユニティ21」(折谷久美子理事長)による作業。3カ年の最終年度で、今年は「輪」をテーマに曲線主体の区画とした。

 チューリップは昨年秋に6400球を植え、赤やピンク、紫など5色。順調に成長し、一部が咲き始めた。パンジーも5色、9800株を植える。大型連休にはチューリップがほぼ咲きそろいそうで、パンジーのボリュームも増す5月中旬ごろにかけて見頃のピークとなりそうだ。

 花の配置などを担った同社の佐橋侑平さん(28)は「春らしく、華やかにしたいとカラフルでにぎやかな配置にした。秋に植えたチューリップも順調で、きれいに咲いてほしい」と話す。同社は日々の手入れも担い、6月中旬以降、夏花壇に切り替える。

 20日は、同NPOのボランティア8人が参加。北陸銀行函館支店の2人も手伝い、4月に入行した工藤里帆子さん(22)「地域に貢献できてうれしい。楽しく作業をしています」と話していた。

 駅を訪れる外国人観光客が早速、花の写真を撮っており、折谷理事長(58)は「天気も良く、人も出ているので楽しみながら植えている。今年も花に癒やされながら活動していきたい」と話していた。

関連記事

根室新聞

ビザなし交流、色丹島へ 歴史・文化専門家は国後島で調査【根室】

 今年度日本側から第2陣となるビザなし交流訪問団(中川昭一団長、65人)が24日朝、色丹島へ向けて根室港から四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で出発した。一行は3泊4日の日程で、27...

日高報知新聞

草間美恵さんが100歳に【様似】

【様似】17日に100歳の誕生日を迎えた冬島の草間美恵さんに同日、町から敬老金10万円、町社会福祉協議会と町老人クラブ連合会から記念品が贈られ、同居する息子夫婦や遊びに来た玄孫(やしゃご)、関係者...

日高報知新聞

最新の設備で能力向上【様似】

【様似】新日本電工(本社・東京、白須達朗社長)は、平成27年(2015年)から着手していた幌満川発電所の更新工事が完了し、22日、現地の第3発電所で竣工式を行い完成を祝った。  発電設備の更新工事...

室蘭民報

扇子に広がる個性豊か…墨蘭会が水墨画展【室蘭】

 室蘭市の水墨画同好会、墨蘭会(柴口みちる会長)の「第42回水墨画展」が23日、幸町の室蘭市民美術館で始まった。会員らが制作した個性豊かな40点が展示され、来場者を楽しませている。  同会は月...

十勝毎日新聞

「ハピまん」2万個販売 チーズ伸びて大ヒット【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4月から販売している、チーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の売れ行きが好調だ。これまでに2万個を...