北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

白樺樹液春まつりにぎわう【美深】

甘い白樺樹液を味わう来場者

 早春の貴重な森の滴を堪能─。第23回美深白樺樹液春まつりが21、22の両日、町文化会館COM100やファームイン・トント周辺などを会場に開かれ、多くの来場者が、アミノ酸やミネラルなどをたっぷり含んだ森の恵みである「白樺樹液」を味わい、その甘さに笑みをこぼした。

 美深白樺樹液を楽しむ会(成毛久則会長)の主催。1995年、美深町を会場に、世界初の国際樹液サミットが開催されたことを機に、翌年から同まつりを開催。樹液発祥の地「美深町」のPRを通じ、白樺樹液文化や自然の素晴らしさなどを発信している。

 21日は、COM100エントランスホールで、白樺樹皮・木工細工やニードルフェルトなどのワークショップをはじめ、アイヌ民族楽器「ムックリ」教室、同町特産品販売などが繰り広げられ、大にぎわい。さらに、びふか温泉に会場を移してのレセプション・参加者交流会が催され、アイヌ伝統舞踊を観賞しながら美深のうまいもの料理、樹液カクテルなどを味わった。

 翌22日は、仁宇布のファームイン・トント周辺が会場。山の神に感謝するアイヌ民族の伝統儀式「カムイノミ」が執り行われた後、来場者たちは、冷たく澄んだ空気を胸いっぱいに吸い込み、新鮮な気持ちで白樺林へ。開花に必要な水分と養分を吸い上げる、この時期にしか採ることのできない森の恵み「白樺樹液」を堪能し、「甘くておいしい」と笑顔。木の太さなどによって甘さが異なるため、残雪の白樺林を散策しながら飲み比べを行い、自分好みの味を探していた。

関連記事

日高報知新聞

企業版納税第1号【様似】

【様似】本年度から企業版ふるさと納税(地方創生応援税制)を導入した町へ、東邦オリビン工業(本社・東京、横見実社長)から20万円の寄付があり、22日、坂下町長から役場を訪問した横見社長に感謝状が贈られた...

日高報知新聞

装備品展示や指紋採取【浦河】

 浦河警察署(岡崎健一署長)で23日夕方、署長室の開放や機動隊の高性能救助車展示、指紋の採取体験など警察の活動について紹介するショートタイムフェスタを駐車場と庁舎内で開き、子どもから高齢者まで約30...

苫小牧民報

樽前荘廃止の動きに心配の声 愛好者ら行方注視

 苫小牧市が、支笏湖畔のモラップ=千歳市=で運営する休憩・宿泊施設「モーラップ樽前荘」の廃止に向けた検討に入ったことで、施設を愛する全国のファンに心配の声が広がっている。今年で66年の歴史を重ね...

苫小牧民報

舞鶴遊水地にヨシ植栽 タンチョウ営巣へ整備-長沼町

 札幌開発建設部千歳川河川事務所=千歳市住吉=は24日、タンチョウの営巣環境整備を進める空知管内長沼町の舞鶴遊水地で巣の材料となるヨシの植栽作業を実施した。専門家によると早ければ来春にも巣作りが...

十勝毎日新聞

ロケット不具合対策完了 IST【大樹】

 ロケット開発ベンチャーのインターステラテクノロジズ(大樹、IST、稲川貴大社長)は24日、町浜大樹の実験場で、観測ロケットMOMO2号機の打ち上げリハーサルを成功させ、前回延期の原因となった不...