北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

白樺樹液春まつりにぎわう【美深】

甘い白樺樹液を味わう来場者

 早春の貴重な森の滴を堪能─。第23回美深白樺樹液春まつりが21、22の両日、町文化会館COM100やファームイン・トント周辺などを会場に開かれ、多くの来場者が、アミノ酸やミネラルなどをたっぷり含んだ森の恵みである「白樺樹液」を味わい、その甘さに笑みをこぼした。

 美深白樺樹液を楽しむ会(成毛久則会長)の主催。1995年、美深町を会場に、世界初の国際樹液サミットが開催されたことを機に、翌年から同まつりを開催。樹液発祥の地「美深町」のPRを通じ、白樺樹液文化や自然の素晴らしさなどを発信している。

 21日は、COM100エントランスホールで、白樺樹皮・木工細工やニードルフェルトなどのワークショップをはじめ、アイヌ民族楽器「ムックリ」教室、同町特産品販売などが繰り広げられ、大にぎわい。さらに、びふか温泉に会場を移してのレセプション・参加者交流会が催され、アイヌ伝統舞踊を観賞しながら美深のうまいもの料理、樹液カクテルなどを味わった。

 翌22日は、仁宇布のファームイン・トント周辺が会場。山の神に感謝するアイヌ民族の伝統儀式「カムイノミ」が執り行われた後、来場者たちは、冷たく澄んだ空気を胸いっぱいに吸い込み、新鮮な気持ちで白樺林へ。開花に必要な水分と養分を吸い上げる、この時期にしか採ることのできない森の恵み「白樺樹液」を堪能し、「甘くておいしい」と笑顔。木の太さなどによって甘さが異なるため、残雪の白樺林を散策しながら飲み比べを行い、自分好みの味を探していた。

関連記事

苫小牧民報

健康経営の認定取得へ 苫小牧商工会議所

 苫小牧商工会議所(宮本知治会頭)は、従業員などの健康管理を経営目線で実践する「健康経営」に取り組む。近く事業を所管する経済産業省に申請し、正式な認定取得を目指す。手続きを支援する東京海上日動苫...

十勝毎日新聞

来年10月に運賃値上げ JR北が経営改善策【札幌】

 JR北海道の路線見直し問題について議論するJRと国、道、道市長会、道町村会、JR貨物による6者協議が20日午前、道庁で開かれた。JR北海道の島田修社長は経営改善の取り組みの一環として、来年10...

十勝毎日新聞

健やかな成長願い 七五三【十勝】

 「七五三」のシーズンを迎え、十勝管内の神社には多くの家族連れが参拝に訪れている。  「七五三詣」は、数え年で男児は3、5歳、女児は3、7歳に神社にお参りし、健やかな成長を祈る儀式。今年は20...

十勝毎日新聞

イオン帯広店リニューアル検討 青柳新社長【帯広】

 イオン北海道(本社札幌)の青柳英樹社長(57)は19日、イオン帯広店(西4南20)について「今年度は無理だが、そう遠くない時期に店舗をリニューアルをしたい」との見解を示した。また、「次の10年...

函館新聞

旧相馬家住宅 国の重文に 笹浪家米蔵・文庫蔵を追加【函館 上ノ国】

【函館、上ノ国】国の文化審議会(佐藤信会長)は19日、重要文化財(重文)として、函館市元町33の旧相馬家住宅2棟(主屋、土蔵)を新規指定、上ノ国町上ノ国の重文「旧笹浪家住宅」に付属の米蔵...