北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

白樺樹液春まつりにぎわう【美深】

甘い白樺樹液を味わう来場者

 早春の貴重な森の滴を堪能─。第23回美深白樺樹液春まつりが21、22の両日、町文化会館COM100やファームイン・トント周辺などを会場に開かれ、多くの来場者が、アミノ酸やミネラルなどをたっぷり含んだ森の恵みである「白樺樹液」を味わい、その甘さに笑みをこぼした。

 美深白樺樹液を楽しむ会(成毛久則会長)の主催。1995年、美深町を会場に、世界初の国際樹液サミットが開催されたことを機に、翌年から同まつりを開催。樹液発祥の地「美深町」のPRを通じ、白樺樹液文化や自然の素晴らしさなどを発信している。

 21日は、COM100エントランスホールで、白樺樹皮・木工細工やニードルフェルトなどのワークショップをはじめ、アイヌ民族楽器「ムックリ」教室、同町特産品販売などが繰り広げられ、大にぎわい。さらに、びふか温泉に会場を移してのレセプション・参加者交流会が催され、アイヌ伝統舞踊を観賞しながら美深のうまいもの料理、樹液カクテルなどを味わった。

 翌22日は、仁宇布のファームイン・トント周辺が会場。山の神に感謝するアイヌ民族の伝統儀式「カムイノミ」が執り行われた後、来場者たちは、冷たく澄んだ空気を胸いっぱいに吸い込み、新鮮な気持ちで白樺林へ。開花に必要な水分と養分を吸い上げる、この時期にしか採ることのできない森の恵み「白樺樹液」を堪能し、「甘くておいしい」と笑顔。木の太さなどによって甘さが異なるため、残雪の白樺林を散策しながら飲み比べを行い、自分好みの味を探していた。

関連記事

函館新聞

福島・岩部海岸クルーズが高評価 町民向けモニター乗船好調【福島】

 【福島】福島町まちづくり工房(代表理事・高木寿副町長)が町民対象に実施している「岩部海岸クルーズ」のモニター乗船が好評だ。利用者アンケートもほとんどが「非常に満足した」というもので、同法人は来...

函館新聞

蔦屋書店でGLAYの衣装展示 5年前の野外ライブで着用【函館】

 25、26日に緑の島(函館市大町)で開催される函館出身のロックバンド「GLAY」の野外ライブを記念し、函館蔦屋書店(石川町)は20日から、同店2階の大型モニター前にメンバー4人の衣装を展示して...

室蘭民報

野球教室でシャークスナインが小学生に技術指導【室蘭】

 小学生を対象にした室蘭シャークスの野球教室が19日、室蘭市の新日鉄住金球場で行われ、子どもたちが基礎技術を学び、シャークスナインと交流した。  教室には少年団8チームから100人が参加。シ...

室蘭民報

「宮古市民号」の第1陣が到着、夜景や観光満喫【室蘭】

 宮蘭フェリー就航を記念した岩手県宮古市の本年度事業「宮古市民号」の第1陣が20日夜、室蘭港に到着した。同市の委託事業で旅行会社3社が10月末までに各1回、冠の付いたツアーを計画している。下船...

室蘭民報

太陽を囲む虹のリング…「日暈」を観測【室蘭地方】

 20日午後1時ごろ、太陽を虹の輪が囲む「日暈(ひがさ)」と呼ばれる現象が室蘭地方で見られた。  室蘭地方気象台によると、太陽の光が空気中の氷の粒によって屈折し輝いて見える現象。この日の室蘭...