北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日刊留萌新聞

増毛駅舎が交流拠点施設として再出発 500人が門出祝う

大正10年の開業当時の広さに増築された増毛駅舎前に100人が整列して行ったロングテープカット

 増毛町、町青年部協働隊(成澤貫隊長)主催、増毛駅前通商店会(本間桜会頭)協力の「増毛駅舎リ・ボーン ロングテープカットイベント『増毛駅の記憶を繋ぎ新たな門出をみんなで祝う会』」が22日、増毛駅周辺で行われ、駅舎が大正10年の開業当時の広さに増築された増毛駅が地域の交流拠点施設として再出発した。

 大正10年の開業当時の広さに増築する改修工事を行った増毛駅舎のリニューアルオープンと、JR札幌駅の「星の大時計」などを手掛けた彫刻家の五十嵐威暢(たけのぶ)さんデザインのモニュメント「テルミヌスの願い」の設置を祝うイベントとして実施。イベントに併せて町青年部協働隊が「駅★祭」を開催し約500人が訪れた。

 午前11時から行われたセレモニーでは、堀雅志町長が「増毛駅を増毛の玄関口として活用し、これからも多くの人を迎えたい」、成澤隊長が「町の協力で『駅★祭』を開催することができた。今日一日楽しんでいってほしい」とそれぞれあいさつした。

 来賓の五十嵐さん、松浦豊留萌振興局長、島典賢北海道旅客鉄道旭川支社長の祝辞のあと、会場に集まった100人を対象にしたロングテープカットが行われた。約60メートルのテープを100人がそれぞれ手に持ったはさみで切り、増毛駅の地域の交流拠点施設としての歴史がスタートした。

 終了後、トロッコの出発式が行われ、昭和17年に国鉄に入社し、同46年まで増毛駅に勤務した駅員姿の渡邊正美さんが前方の安全確認のあと、笛を吹いて出発を合図。往復約500メートルの線路を走るトロッコが発車した。

 そのほか、同駅敷地内には豚汁やお汁粉を販売するテント、射的とくじ引きのミニ縁日コーナー、限定酒「漁師の力酒(ちからみず)」や商工会商品券などが当たる抽選会など多彩な催しが行われ、会場は多くの来場者でにぎわった。

 町では今後、5月3日~6日に特設テントで特産品の試食や物販を行う「増毛ふるまい事業2018」の開催場所や、5月13日に町内約9キロのコースで行う「健康ましけウォーキング2018~春の増毛で待っています~」のスタート地点としてなど、増毛駅を地域の交流拠点施設として活用していく。

関連記事

函館新聞

落葉進む中観光客楽しむ 五稜郭公園【函館】

 函館市の観光名所、五稜郭公園ではサクラやイチョウなどの落葉が進み、地面や土手に黄色やオレンジ色の葉が広がっている。17日には初冬の景色を観光客が楽しむ様子が見られた。  この日の函館の最...

函館新聞

全国でも勝利誓う 函高専ロボコン全道9年ぶり優勝【函館】

 函館高専のロボット研究会に所属するチーム「Café Rivage(カフェリバージュ)」が25日、東京都の両国国技館で開かれる「アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト2018」に出場...

根室新聞

弁天島灯台守一家の空襲体験 米国で絵本に【根室】

 根室空襲を生き抜いた弁天島の灯台守一家の戦争体験が、米国で子ども向け絵本として出版される企画が進んでいる。出版のきっかけを作り、自ら絵を担当する同灯台守の孫で米国在住の木村広さん(57)が15、1...

根室新聞

厚床再生プロジェクト「防災キャンプ」企画 【根室】

 新たな地域づくりに向け、勉強会を開いている厚床地域農村再生プロジェクトチーム(リーダー、馬場晶一さん=AB―MOBIT代表)は、24、25の両日、地域住民による厚床防災キャンプを厚床会館で開く。防...

苫小牧民報

安平町の避難指示解除、最長2年に 長期化に町民から不安の声

 安平町は、胆振東部地震後に避難指示を出している地域の解除に、場所によって1年から2年かかる見通しを立てていることが分かった。住宅地の裏山崩壊の危険から避難指示を出した地域では、のり面補修工事な...