北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日刊留萌新聞

増毛駅舎が交流拠点施設として再出発 500人が門出祝う

大正10年の開業当時の広さに増築された増毛駅舎前に100人が整列して行ったロングテープカット

 増毛町、町青年部協働隊(成澤貫隊長)主催、増毛駅前通商店会(本間桜会頭)協力の「増毛駅舎リ・ボーン ロングテープカットイベント『増毛駅の記憶を繋ぎ新たな門出をみんなで祝う会』」が22日、増毛駅周辺で行われ、駅舎が大正10年の開業当時の広さに増築された増毛駅が地域の交流拠点施設として再出発した。

 大正10年の開業当時の広さに増築する改修工事を行った増毛駅舎のリニューアルオープンと、JR札幌駅の「星の大時計」などを手掛けた彫刻家の五十嵐威暢(たけのぶ)さんデザインのモニュメント「テルミヌスの願い」の設置を祝うイベントとして実施。イベントに併せて町青年部協働隊が「駅★祭」を開催し約500人が訪れた。

 午前11時から行われたセレモニーでは、堀雅志町長が「増毛駅を増毛の玄関口として活用し、これからも多くの人を迎えたい」、成澤隊長が「町の協力で『駅★祭』を開催することができた。今日一日楽しんでいってほしい」とそれぞれあいさつした。

 来賓の五十嵐さん、松浦豊留萌振興局長、島典賢北海道旅客鉄道旭川支社長の祝辞のあと、会場に集まった100人を対象にしたロングテープカットが行われた。約60メートルのテープを100人がそれぞれ手に持ったはさみで切り、増毛駅の地域の交流拠点施設としての歴史がスタートした。

 終了後、トロッコの出発式が行われ、昭和17年に国鉄に入社し、同46年まで増毛駅に勤務した駅員姿の渡邊正美さんが前方の安全確認のあと、笛を吹いて出発を合図。往復約500メートルの線路を走るトロッコが発車した。

 そのほか、同駅敷地内には豚汁やお汁粉を販売するテント、射的とくじ引きのミニ縁日コーナー、限定酒「漁師の力酒(ちからみず)」や商工会商品券などが当たる抽選会など多彩な催しが行われ、会場は多くの来場者でにぎわった。

 町では今後、5月3日~6日に特設テントで特産品の試食や物販を行う「増毛ふるまい事業2018」の開催場所や、5月13日に町内約9キロのコースで行う「健康ましけウォーキング2018~春の増毛で待っています~」のスタート地点としてなど、増毛駅を地域の交流拠点施設として活用していく。

関連記事

函館新聞

いさ鉄まもなく開業3周年 函館駅などで記念イベント【函館】

 道南いさりび鉄道(小上一郎社長)が開業3年を迎える。北海道新幹線とともに2016年3月26日、五稜郭―木古内間(37・8キロ)で開業。「いさ鉄」の愛称で親しまれ、沿線住民の足としてだけでなく...

函館新聞

8歳で英検準1級合格 附属小の小笠原君【函館】

 道教育大附属函館小学校3年の小笠原煌(こう)君が、8歳で実用英語技能検定(英検)の準1級に合格した。大学中級程度の英語力が求められ、8歳での合格は全国的も珍しいという。煌君は「達成感でいっぱい...

苫小牧民報

さよなら地球体験館 100人駆け付け閉館惜しむ-むかわ

 昨年9月の胆振東部地震で被災して今月末で閉館が決まったむかわ町穂別の「地球体験館」の最後のイベントが21日にあった。町内外から約100人が訪れて27年にわたって親しまれた施設に感謝と別れを告げ...

日高報知新聞

237人の特例申請が無効に【浦河】

 浦河町ふるさと納税への寄付者が確定申告が不要となる「ワンストップ特例制度」の町側事務処理ミスで、5946人分の申請データが未処理だった問題で、町は22日、臨時記者会見を開き、1都2県の237人の特...

日高報知新聞

珍しい〝暖〟ボールアート【様似】

【様似】札幌在住の桑折廣幸さん(68)のダンボールをキャンバスに制作した絵画展示「ひろ・くわおり〝暖”ボールアート 北の浮世絵展」が、町中央公民館ギャラリー21で始まり、入館者の目を引いている。31日まで...