北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

「赤い実 おいしそう」えこりん村・トマトの森の今季一般公開始まる

赤く熟したトマトを観察する親子連れ

 恵庭市牧場のえこりん村で21日から、名物「とまとの森」の今季の一般公開が始まった。1本のトマトの苗が温室いっぱいに茎と葉を広げる珍しい光景を一目見ようと、初日から多くの観光客らが訪れ、記念写真を撮影する姿が見られた。

 1個の種からトマトを水耕栽培し、2万個の実なりを目指す取り組みで、昨年は過去最多の1万7883個がなった。2013年には枝葉の広がりの面積が約85平方メートルに達し、ギネス世界記録に認定されている。

 13代目となる今回のトマトは昨年11月25日に種を植え、21日現在で実が560個、そのうち赤く色付いた実は101個。冬の間の日照時間がやや少なかったため、例年より実なりが多かった昨年と比べると生育はゆっくりだが、担当の高橋克拓さんは「いつもの年と条件はあまり違わない。これからどんどん実を付けていくのではないか」と期待している。

 お父さんと一緒に初めて見に来た恵庭小学校1年の草島大翔(ひろと)君(7)は「トマトサラダが大好き。赤い実がたくさんなっていておいしそう」と喜んでいた。

 22日には毎年恒例のトマトの種まきイベントも行われ、市内外から集まった子どもたちがトマトの生育についてスタッフに教わり、土の入ったミニポットに1粒の種を植えて大事そうに持ち帰った。

 例年、5月のゴールデンウイーク後に最初の収穫を行い、収穫したトマトはジャムやジュースなどに加工して施設内で販売する。「とまとの森」は入場無料。午前10時~午後5時。問い合わせは同村 電話0123(34)7800。

関連記事

函館新聞

晩夏彩る湯の川温泉花火大会【函館】

 函館の晩夏を彩る「第53回湯の川温泉花火大会」(実行委主催)が18日に行われた。松倉川下流から1時間にわたって約3000発の花火が打ち上がり、訪れた5万1000人(主催者発表)を魅了した。 ...

函館新聞

はこだて国際科学祭、10回目の開幕【函館】

 「はこだて国際科学祭」(サイエンス・サポート函館主催、函館新聞社など後援)が18日、五稜郭タワーをメイン会場に開幕した。10回目の節目となる今回は「『環境』から函館のしあわせを考える。」が...

根室新聞

25日から松浦武四郎 管内巡回パネル展【根室】

 根室振興局は25日から、北海道150年事業の「松浦武四郎 根室管内巡回パネル展」を管内1市4町で展開する。武四郎が江戸時代に訪れた管内の様子や業績をパネルで紹介するほか、「東西蝦夷山川地理取調図」(...

日高報知新聞

華やかな義経行列など【平取】

【平取】平安時代の武将「源義経」をまつる町内本町の義経神社(楡田美浩宮司)の例大祭に合わせ14~15の両日、本町地区で「義経ふるさと祭」が開かれた。義経神社祭典実行委員会と義経ふるさと祭実行委員会の主...

日高報知新聞

40年ぶりに会場灯台点灯【えりも】

【えりも】えりもの夏を彩る「第45回えりもの灯台まつり」(実行委主催)が14~16日、本町の灯台公園とえりも港を会場に開かれ、あいにくの雨天模様にかわらず町民やお盆で帰省中の家族連れなど2万1000人が...