北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

「さけのぼり」悠々と/サーモンパーク【標津】

 標津町の観光名所として知られる標津サーモンパーク内で23日、こいのぼりならぬ「さけのぼり」が上がり、風に吹かれて泳ぐサケの姿が来場者の目を楽しませている。

 標津サーモン科学館(市村政樹館長)が主催する、「標津サーモンパーク春祭り」の一環で掲揚。同館では春祭りのにぎわいづくりとして、こいのぼりを上げていたが「もっと科学館の特色を生かそう」と、今年初めて企画した。

 さけのぼりは、町内在住のデザイナー和田徳子さん(42)が手掛け、同科学館が監修。白地のこいのぼり原型に、手書きで「サケの稚魚」や「ケイジ」など、サケの一生を模した8パターンを描いた。

 和田さんは「資料写真を見ながら忠実に再現した。来場者に楽しんでもらえれば」と話しており、市村館長は「アイデアは昔からあったが、ようやく実現できた。ぜひ足を運んでほしい」と来場を呼び掛けている。

 同科学館の春祭りは28日から5月6日まで。恒例の「サケ稚魚放流式」(5月3~6日)や大人気の「巨大チョウザメうでガブッSHOW」(28日~5月6日)のほか、標津沖で捕れる「カレイ特別展」なども行う。期間中は開館時間が午前9時~午後5時30分に延長する。

関連記事

日高報知新聞

日高の馬の歴史・文化学ぶ【浦河】

 日高振興局主催の「馬文化出前教室」が18日、浦河町荻伏小(金澤覚校長、児童65人)で開かれ、4年生8人が日高の馬の歴史や産業について学んだ。  馬文化出前教室は、馬産地・日高の未来を担う管内の...

日高報知新聞

えりも中1年が植樹体験【えりも】

【えりも】えりも中(玉手広昭校長)の1年生46人が17日、えりも高(佐藤健校長)との連携型中高一貫の環境教育「百人浜に学ぶ」フィールド学習で、えりも岬百人浜の国有林に6種類の落葉広葉樹の苗木100...

苫小牧民報

ガイラルディア6連覇、悲願の日本一へ弾み 女子軟式野球・春季全道大会

 女子軟式野球チームの苫小牧ガイラルディアがこのほど、札幌市で開催された太陽グループ旗争奪第21回春季北海道女子軟式野球大会で優勝し、全道大会6連覇の偉業を達成した。8月の全国大会へ向け、大きな...

苫小牧民報

被災地厚真町を応援、ハスカップティー販売始まる エア・ドゥ、来月は機内サ..

 苫小牧市元中野町の「はすかっぷサービス」(大西育子代表)が製造しているハスカップティーが、AIRDO(エア・ドゥ)の機内販売商品に採用され、今月から全路線で販売が始まった。7月には機内ドリンク...

室蘭民報

岩手で制作された般若面が白老で発見、登別で展示中【登別】

 のぼりべつ文化交流館カント・レラ(登別市登別温泉町)で23日まで行われている造形のつどい展に、一風変わった作品が並んでいる。金剛力士像をほうふつさせるような、勇猛さがひしひしと伝わる木彫りの面...