北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

「さけのぼり」悠々と/サーモンパーク【標津】

 標津町の観光名所として知られる標津サーモンパーク内で23日、こいのぼりならぬ「さけのぼり」が上がり、風に吹かれて泳ぐサケの姿が来場者の目を楽しませている。

 標津サーモン科学館(市村政樹館長)が主催する、「標津サーモンパーク春祭り」の一環で掲揚。同館では春祭りのにぎわいづくりとして、こいのぼりを上げていたが「もっと科学館の特色を生かそう」と、今年初めて企画した。

 さけのぼりは、町内在住のデザイナー和田徳子さん(42)が手掛け、同科学館が監修。白地のこいのぼり原型に、手書きで「サケの稚魚」や「ケイジ」など、サケの一生を模した8パターンを描いた。

 和田さんは「資料写真を見ながら忠実に再現した。来場者に楽しんでもらえれば」と話しており、市村館長は「アイデアは昔からあったが、ようやく実現できた。ぜひ足を運んでほしい」と来場を呼び掛けている。

 同科学館の春祭りは28日から5月6日まで。恒例の「サケ稚魚放流式」(5月3~6日)や大人気の「巨大チョウザメうでガブッSHOW」(28日~5月6日)のほか、標津沖で捕れる「カレイ特別展」なども行う。期間中は開館時間が午前9時~午後5時30分に延長する。

関連記事

函館新聞

晩夏彩る湯の川温泉花火大会【函館】

 函館の晩夏を彩る「第53回湯の川温泉花火大会」(実行委主催)が18日に行われた。松倉川下流から1時間にわたって約3000発の花火が打ち上がり、訪れた5万1000人(主催者発表)を魅了した。 ...

函館新聞

はこだて国際科学祭、10回目の開幕【函館】

 「はこだて国際科学祭」(サイエンス・サポート函館主催、函館新聞社など後援)が18日、五稜郭タワーをメイン会場に開幕した。10回目の節目となる今回は「『環境』から函館のしあわせを考える。」が...

根室新聞

25日から松浦武四郎 管内巡回パネル展【根室】

 根室振興局は25日から、北海道150年事業の「松浦武四郎 根室管内巡回パネル展」を管内1市4町で展開する。武四郎が江戸時代に訪れた管内の様子や業績をパネルで紹介するほか、「東西蝦夷山川地理取調図」(...

日高報知新聞

華やかな義経行列など【平取】

【平取】平安時代の武将「源義経」をまつる町内本町の義経神社(楡田美浩宮司)の例大祭に合わせ14~15の両日、本町地区で「義経ふるさと祭」が開かれた。義経神社祭典実行委員会と義経ふるさと祭実行委員会の主...

日高報知新聞

40年ぶりに会場灯台点灯【えりも】

【えりも】えりもの夏を彩る「第45回えりもの灯台まつり」(実行委主催)が14~16日、本町の灯台公園とえりも港を会場に開かれ、あいにくの雨天模様にかわらず町民やお盆で帰省中の家族連れなど2万1000人が...