北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

壮瞥・道の駅前にラーメン店、28日プレオープン【壮瞥】

「地元に愛される店を目指す」とプレオープンの準備を進める井上さん

 壮瞥町滝之町にある道の駅・そうべつ情報館i向かいの空き店舗を活用し、同町の井上和博さん(50)がラーメン店「洞魂(とうこん)」を始める。「地元に愛されながら地方の客を迎えたい」とにっこり。大型連休初日の28日にプレオープンする。

 伊達市出身。同市内でラーメン店の店長や室蘭市内で、室蘭やきとりの店を経営した経験を持つ。8年ほど前に壮瞥町に移住。ここ10年ほどは飲食関係とは別の仕事をしていたが、空き店舗の所有者と話をする中、町内に飲食店が少ないことやにぎわい創出を狙い一念発起した。

 店内はテーブル席、小上がり席の計50席程度。ラーメンは味噌(みそ)、醤油(しょうゆ)、塩で豚骨ベースの鶏ガラスープ。太麺でチャーシューは自家製。野菜は壮瞥産をメインに、卵は町内立香の合同会社農場たつかーむで生産する有精卵を使うなど地元産にこだわっている。

 夏はビアガーデン、イベント的に外で焼き鳥を焼くなども予定。「季節に応じメニューを増やしていきたい」と準備を進めている。営業時間は午前11時~午後9時。5月18日にグランドオープンする。

 また6月には店舗の半分を使用し、自身が宣伝部長を務める総合格闘技空手「大誠舘」(本部札幌市)の道場を開設するという。詳しくは井上さん、携帯電話080・6093・8837へ。

関連記事

名寄新聞

独自製法で強いモチモチ感・杵つき餅入りどら焼き発売【名寄】

 株式会社もち米の里ふうれん特産館(堀江英一代表取締役)は、本格的なきねつき餅が入った特製どら焼きを発売。モチモチ感が強く、あんと皮とともに、おいしさを際立たせている。  同社では、地元産も...

名寄新聞

「もち米玄米珈琲」を発売【名寄】

 株式会社松前(市内西4南6、松前衛代表取締役社長)は、名寄産もち米を使った「名寄産もち米玄米珈琲」を発売。玄米を黒焙煎(ばいせん)して仕上げたもので、コーヒーのような香りと色、苦みがありなが...

名寄新聞

チョウザメおこわ誕生・天塩川グルメ開発【美深】

 チョウザメのまち「美深町」ならではの新メニューが誕生した。コラーゲン豊富なチョウザメだしスープで美深町産もち米を炊き上げた「チョウザメおこわ」で、道の駅びふか前で販売。多くの観光客から注目を...

名寄新聞

道の駅でガレット販売・地元産そば粉100%【美深】

 ㈱アウル事業の推進や特産品の研究・開発を通じ、美深町PRに奮闘している地域おこし協力隊員の森下雄介さん。美深産そば粉100%の「ガレット」をプロデュースし、1日から道の駅びふか前で販売してい...

室蘭民報

みたら室蘭で物産品が大好評、宮古の美味並ぶ【室蘭】

 4月28日から室蘭市祝津町の道の駅みたら室蘭(三浦広志館長)で取り扱いを開始した岩手県宮古市の物産品が好評。ゴールデンウイーク期間中には多くの問い合わせがあり、市民や観光客に人気だ。  物...