北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

壮瞥・道の駅前にラーメン店、28日プレオープン【壮瞥】

「地元に愛される店を目指す」とプレオープンの準備を進める井上さん

 壮瞥町滝之町にある道の駅・そうべつ情報館i向かいの空き店舗を活用し、同町の井上和博さん(50)がラーメン店「洞魂(とうこん)」を始める。「地元に愛されながら地方の客を迎えたい」とにっこり。大型連休初日の28日にプレオープンする。

 伊達市出身。同市内でラーメン店の店長や室蘭市内で、室蘭やきとりの店を経営した経験を持つ。8年ほど前に壮瞥町に移住。ここ10年ほどは飲食関係とは別の仕事をしていたが、空き店舗の所有者と話をする中、町内に飲食店が少ないことやにぎわい創出を狙い一念発起した。

 店内はテーブル席、小上がり席の計50席程度。ラーメンは味噌(みそ)、醤油(しょうゆ)、塩で豚骨ベースの鶏ガラスープ。太麺でチャーシューは自家製。野菜は壮瞥産をメインに、卵は町内立香の合同会社農場たつかーむで生産する有精卵を使うなど地元産にこだわっている。

 夏はビアガーデン、イベント的に外で焼き鳥を焼くなども予定。「季節に応じメニューを増やしていきたい」と準備を進めている。営業時間は午前11時~午後9時。5月18日にグランドオープンする。

 また6月には店舗の半分を使用し、自身が宣伝部長を務める総合格闘技空手「大誠舘」(本部札幌市)の道場を開設するという。詳しくは井上さん、携帯電話080・6093・8837へ。

関連記事

十勝毎日新聞

枝豆大福にプレミア版 地元産にこだわり【中札内】

 道の駅なかさつないのカントリーショップ「てんとうむし」(村大通南7、小林利光代表)に新商品が登場した。「プレミア枝豆大福」と「ハスカップ入り豚丼のたれ」で、どちらも地元産にこだわった商品だ。 ...

十勝毎日新聞

鹿カツバーガーおいしいね 町民試食【陸別】

 陸別町給食センター主催の町民試食会が9日、町タウンホールで開かれた。ジビエ料理の全国コンテストで最高賞を受賞した同センターの「鹿カツドッグ」が「鹿カツバーガー」にアレンジされ、町民約120人...

十勝毎日新聞

甘みほのか「あずきサイダー」新発売 JA十勝清水町【清水】

 JA十勝清水町(串田雅樹組合長)は、独自の野菜ブランド「とれたんと」の小豆を使った「北海道十勝あずきサイダー」を開発した。今月から管内で販売している。  「とれたんと」は有機肥料「しみず有機...

十勝毎日新聞

豚丼スティックで参戦 ご当地!絶品うまいもん甲子園【帯広】

 帯広南商業高校クッキング部の部員3人が、「第7回ご当地!絶品うまいもん甲子園」(農林水産省、全国食の甲子園協会主催)の北海道・東北エリア選抜大会(10日・仙台市)に出場する。考案したメニュー...

室蘭民報

ビーフインパクト室蘭店が開店し長蛇の列【登別】

 人気ステーキチェーン「炭焼ステーキBEEF IMPACT室蘭店」が8日、登別市鷲別町6の国道36号沿いにオープンした。「厚切りステーキを気取らずリーズナブルにガッツリ」をコンセプトにした業態...