北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

日米共同訓練が終了 期間中の事故などトラブルなく-空自千歳基地

三沢に帰還する米兵ら

 23日から航空自衛隊千歳基地で展開してきた、日米共同訓練が27日に終了した。米軍三沢基地(青森県)のF16戦闘機6機が飛来し、8回にわたり空自のF15と模擬戦闘訓練を展開。F16は2月に燃料タンクの投棄問題を起こしてから、道内訓練に初めて参加して注目されたが、期間中に事故などトラブルはなかった。

 在日米軍再編に伴う訓練移転で、千歳基地には2016年12月以来9回目。米軍三沢基地のF16参加は13年7月以来2回目で、2月に青森県東北町の小川原湖に燃料タンクを投棄した問題を起こしてから、道内の訓練に飛来するのは初めて。

 訓練は中規模の「タイプⅡ」で、23~27日にF16が6機、米兵約100人が千歳基地に展開。積丹半島西方の北海道西方空域、日高南方の三沢東方空域で、空自のF15と模擬戦闘を繰り広げた。初日の23日、最終日の27日は1回ずつ、24~26日は各日2回ずつの計8回行った。

 27日午後にF16が帰還する様子を報道向けに公開。駐機場に並んだF16機を入念に点検し、次々と滑走路から飛び立った。最終日は日米飛行隊長へのインタビューが恒例だったが、この日も初日同様に日程を理由に行わず、談話を出すにとどまった。

 米軍第35戦闘航空団第13飛行隊長のジュシュア・レメア大尉は「第2航空団(千歳)とのプロフェッショナルな連携を促進させ、調整能力を強固にし、共に日本の安全をより効果的、安全に支援、確保していくことにつながった」などとコメント。

 寺崎隆行空自第2航空団司令兼同基地司令も「今回の訓練もトラブルなく計画通り最終日を迎えることができた。隊員からも集中した訓練ができたと聞いた。今後も安全に留意し訓練するので、皆さまのご理解とご協力をお願いする」とした。

 北海道防衛局によると期間中、事故などトラブルもなかったという。千歳市内の騒音測定は国が8カ所、千歳市が12カ所それぞれ行い、最大値は25~27日に青葉などで記録した約100デシベルで、電車が通過する際のガード下と同程度。同局が期間中開設した現地連絡本部には、市民からの苦情はなかったという。

関連記事

苫小牧民報

コーヒーでほっと一息 地震被災の厚真、安平で無償提供-北斗市・髙島屋珈琲

 北斗市のコーヒー店「髙島屋珈琲」は20日、胆振東部地震被災地の厚真町と安平町でコーヒーを提供した。高島一則社長1人で移動販売車で避難所を回り、ホットとアイスの計2種類のコーヒーを被災者に配った...

苫小牧民報

入居者ら、シソ摘みしのぶ 思い出のジュース受け継ぐ-介護職員・中村さん、..

 6日未明に起きた胆振東部地震により、震度7の揺れに見舞われた厚真町内の高齢者グループホーム「やわらぎ」で21日、敷地内の畑で育ったアカジソの葉が収穫された。地震の犠牲になった介護職員中村百合子...

日高報知新聞

旧シャクシャイン像撤去【新ひだか】

【新ひだか】23日に真歌公園内で開かれるシャクシャイン法要祭(実行委主催)を前に20日、倒壊の危険があった旧シャクシャイン像を、所有者の町が台座部分を残して撤去した。6日の胆振東部地震で高さ3㍍50㌢の...

日高報知新聞

日高線協議進展なし

【新ひだか】運休が続くJR日高線について協議する日高管内の臨時町長会議が21日、公民館で開かれた。JR北海道の綿貫泰之常務が出席し、今後のあり方を話し合ったが、前回臨時会議から大きな進展はなかった。...

十勝毎日新聞

新小麦の恵み パン掲げ乾杯 ヌーヴォまつり【帯広】

 今年収穫した新小麦で作ったパンを味わう「とかち小麦ヌーヴォー2018解禁まつり」が22日、帯広市内のとかちむら(帯広競馬場内)で開かれた。新麦パンを掲げて“乾杯”する恒例の場面では、雨にもかか...