北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

3年目のサバ・マイワシ試験操業 採算性へ正念場【根室】

船主、関係漁協に対し行われた説明会

 ロシア水域でのサケ・マス流し網漁の代替漁法として実施される道東沖のサバ・マイワシの試験操業を前に27日、根室漁協で道による説明会が行われた。同漁には今年も根室、釧路、十勝、日高管内から19隻が操業を予定しており、漁期は5月1日から7月31日までとなっている。

 試験操業はロシア200カイリ水域流し網漁禁止に伴い、小型サケ・マス流し網漁船の経営安定、道東地域における経済への影響緩和を図るため、サバ類・マイワシを対象とした棒受け網漁法により代替漁業への転換の可能性を検証するもの。

 昨年の操業では、サバは5月~6月に道東沖より南側で漁場が形成されたことなどから数量が69トン、金額は417万4,000円。数量は計画のわずか1.1パーセントとなった。マイワシは数量が4,961トン、金額が3億815万8,000円。数量は計画を20.8パーセント(同6,266トン)下回ったが、前年に比べると22.9パーセント上回っている。

 今年の同漁には昨年同様、根室管内からは根室2隻、湾中2隻、歯舞4隻、落石4隻、釧路管内からは厚岸の3隻、十勝管内からは広尾1隻、大樹1隻、日高管内からは日高中央の2隻の計19隻が着業する予定となっている。

 調査期間は5月1日~7月31日まで。漁場は太平洋地先沖合海域。陸揚げ港は花咲、厚岸、釧路、十勝港の4港で、棒受け網漁の漁具、設備により行われる。

 説明会には船主、関係漁協職員などが参加。道水産林務部水産局漁業管理課許認可グループの吉村龍次主幹が「今後の新たな操業体制の確立に向け、効率的な漁獲もそうだが、鮮度維持、価格対策を含めて取り組みを進めてもらいたい」とあいさつした。説明会は非公開で行われ、実施要領の内容や操業上の注意事項の説明などが行われた。

 終了後には吉村主幹が取材に応じ、同漁は国のもうかる漁業創設支援事業を活用して5年間で計画され、このうち3年間は操業経費など一部が補助されて操業が行われており、補助を受けての操業は今年で最終年度となることから、「鮮度保持など、補助金なしで収益を上げられるような体制づくりに努めてほしい」などと話した。

関連記事

函館新聞

「ようていプレミアム集成材」開発へ 森町のハルキ【森】

 【森】森町の製材業「ハルキ」(春木芳則社長)は、後志管内の「ようてい森林組合」(船場實代表理事組合長)が提供するカラマツ材を使った高強度の「ようていプレミアム集成材」を開発、販売する。付加価値...

函館新聞

函館市がロードヒーティング改修に着手【函館】

 函館市は今年度、電気やガスで路面の温度を上げて雪を解かすロードヒーティングの改良工事に着手した。本庁管内の市道56路線の車道で設置分のうち、老朽化で損傷が激しい13路線で計画的に補修する方針。...

根室新聞

飲むのが楽しみ 北の勝「搾りたて」発売【根室】

 管内唯一の地酒「北の勝」の醸造元・碓氷勝三郎商店(碓氷ミナ子店主)は23日、「北の勝 搾りたて」を発売した。市内酒店やスーパーなどでは、人気の限定酒を手に入れようと長蛇の列ができた。このうち市...

根室新聞

日ロ首脳、交渉さらに前進で一致 元島民は「具体的成果を」【根室】

 安倍晋三首相は22日、モスクワでロシアのプーチン大統領と首脳会談を行った。平和条約交渉締結に向け、2月の開催が予定されているミュンヘン安保会議の際に外相間で次回交渉を行うとともに、首脳特別代表間...

日高報知新聞

地酒の名称「海桜丸」に【新ひだか】

【新ひだか】新ひだか町地酒づくり協議会(会長・佐藤雅裕新ひだか観光協会長)は、7日まで募集していた静内産酒米を使った地酒の名称が「海桜丸」に決まったと発表した。  静内産米は、農産物の地産池消の...