北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

GWスタート サクラ目当てで行楽地混雑

大勢の観光客でにぎわうベイエリア(28日午後2時半ごろ)

 春の大型連休が28日、始まった。好天に恵まれ、サクラも見ごろを迎えたことから、函館市内の観光地は帰省客や行楽客でにぎわった。  遊園地や動物園などが併設された函館公園には、満開のサクラ目当ての家族連れらで終日ごった返した。数十店の縁日が軒を連ねる公園内では、正午近くになると焼きそばやお菓子などを買い求める人たちの列ができ、噴水がある広場などではお弁当を食べる家族の姿も目立っていた。  園内に日本最古の観覧車など数々の乗り物がある「こどものくに」でも、子どもたちが新幹線の遊具などに乗って歓声を上げながら家族に手を振っていた。市内の実家に帰省中という小樽市の中川裕恵さん(36)は「昔が懐かしくなって子どもを連れてきた。一緒に楽しめた」と笑顔だった。  一方、サクラの名所・五稜郭公園では、各所から「乾杯」の声が響き渡り、ジンギスカンを囲みながら談笑する団体が数多く見られた。外国人観光客も多く、カメラを片手にサクラを撮ったり、記念撮影をして楽しんでいた。ベイエリアにもアジア圏の団体客らが足を運び、函館山を背景に写真を撮影し、函館グルメなどを堪能しながらゴールデンウイーク初日を満喫していた。(小杉貴洋)

■観光や帰省、新駅混雑 空の便もほぼ満席

 今年は5月1、2日を休めば最大9連休となる中、新函館北斗駅は、大きな荷物を手にした観光客や帰省客らで終日混雑した。  同駅では、東京発のはやぶさ1号が定刻通り午前10時57分に到着すると、家族連れや海外からの団体客らが次々とホームに降り立った。  八戸から父と妻、長男の4人で乗車した八戸市の会社員月館智輝さん(49)は「父の誕生日に合わせて函館へ1泊2日の旅行を計画した。温泉や新鮮な食べ物を楽しみたい」と笑顔で話した。  この日は空の便も混雑し、本州方面からの各便はほぼ満席となった。混雑のピークについて、JR北海道は下りが5月3日、上りが同5日、航空各社は道南への入り込みが28日と5月3日、Uターンは同5、6日とみている。

関連記事

日高報知新聞

追悼の献花台設置【新冠】

【新冠】けい養先の西泊津の白馬牧場で17日に心臓まひで死んだGI7勝馬のテイエムオペラオー(牡、22歳)を追悼する献花台が、同馬の馬房に設置され、関係者やファンが訪れている。同牧場によると、6月16日ま...

日高報知新聞

知事訪問し支援に感謝【新ひだか】

【新ひだか】しずない農協(西村和夫組合長)のブランドミニトマト「太陽の瞳」の本格出荷時期を迎え、西村組合長と大野克之町長、管内選出の藤沢澄雄道議は21日午後、札幌市の道庁に高橋はるみ知事を表敬訪問し...

苫小牧民報

母親たちが「バブリーダンス」 幼稚園行事で披露…評判広がり出演依頼続々

 1980年代から90年代初頭のバブル期に流行したファッションに身を包み、華やかに踊る「バブリーダンス」。苫小牧市内の30代から50代の主婦らで結成したグループが、披露するこのダンスステージが話...

苫小牧民報

公設公営、入院機能を維持 白老町立病院方針転換、町長が議会に説明、陳謝

 白老町立国保病院の改築をめぐる問題で、戸田安彦町長は22日の町議会の特別委員会で、「公設民営・無床診療所化」の方針を見直し、「公設公営・入院機能保持」への転換を正式に表明した。町は2022年度...

十勝毎日新聞

早乙女姿で丁寧に 途別小で田植え【幕別】

 途別小学校(清水弘校長、児童23人)で23日、地域の伝統を受け継ぐ田植えが行われた。全校児童がかさに絣(かすり)の着物の「早乙女姿」で豊作に願いを込めて苗を植えた。  途別地区は晩成社の依...