北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

おでかけリハビリ 開始1年普及に手応え【函館】

 

函館朝市で買い物を楽しむおでかけリハビリの参加者(28日)

買い物などを通して高齢者の健康増進を図る「おでかけリハビリ」が29日で、開始1年を迎えた。函館朝市で始まった取り組みは、実施会場が百貨店やスーパーなど全12会場に拡大。参加人数は延べ約350人に上る。推進協議会(松田悌一会長)は今後、福祉体験学習の場として小学生に参加を促し、高齢者が児童と触れ合える企画などを用意する考えで、事業の一層の普及を目指す。  おでかけリハビリは、文化教室や体験講座と買い物などを組み合わせたメニューを提供し、家に引きこもりがちな高齢者の外出機会を増やすのが目的。函館朝市協同組合連合会が始めた事業で、同連合会が音頭を取り、昨年9月に協議会が発足した。  介護施設や市社会福祉協議会、町会からの申し込みが多く、これまでの実施回数は26回。買い物と食事による参加者の平均単価は最大7000円で、商業施設にとっても利点が大きい。  4月にはポイント制を導入。1000円買い物するごとに「おでかけコイン」1枚を付与し、10枚集めると500円分の商品券と引き換えられる仕組みは、参加者から好評を得ている。  28日は、平山医院通所リハビリセンターの利用者約30人が、外出レクリエーションの一環として参加し、朝市で買い物や食事を満喫した。本通4在住の女性(89)は「久しぶりの朝市。銀ダラ定食を食べ、とても楽しかった」と満面の笑みを浮かべた。  同協議会は新たな企画として、市内の小学生から参加を募り、職業体験の場として活用してもらう準備を進めている。高齢者と一緒にレクリエーションを楽しみ、買い物などの補助を通して介護職への理解を深めてもらう狙いだ。  事業の広がりから問い合わせの件数も増えているといい、松田会長は「これまでは順調で手応えを感じる。新規の参加者をさらに増やして、商業施設の活性化につなげたい」と話している。

関連記事

苫小牧民報

コーヒーでほっと一息 地震被災の厚真、安平で無償提供-北斗市・髙島屋珈琲

 北斗市のコーヒー店「髙島屋珈琲」は20日、胆振東部地震被災地の厚真町と安平町でコーヒーを提供した。高島一則社長1人で移動販売車で避難所を回り、ホットとアイスの計2種類のコーヒーを被災者に配った...

苫小牧民報

入居者ら、シソ摘みしのぶ 思い出のジュース受け継ぐ-介護職員・中村さん、..

 6日未明に起きた胆振東部地震により、震度7の揺れに見舞われた厚真町内の高齢者グループホーム「やわらぎ」で21日、敷地内の畑で育ったアカジソの葉が収穫された。地震の犠牲になった介護職員中村百合子...

日高報知新聞

旧シャクシャイン像撤去【新ひだか】

【新ひだか】23日に真歌公園内で開かれるシャクシャイン法要祭(実行委主催)を前に20日、倒壊の危険があった旧シャクシャイン像を、所有者の町が台座部分を残して撤去した。6日の胆振東部地震で高さ3㍍50㌢の...

日高報知新聞

日高線協議進展なし

【新ひだか】運休が続くJR日高線について協議する日高管内の臨時町長会議が21日、公民館で開かれた。JR北海道の綿貫泰之常務が出席し、今後のあり方を話し合ったが、前回臨時会議から大きな進展はなかった。...

十勝毎日新聞

新小麦の恵み パン掲げ乾杯 ヌーヴォまつり【帯広】

 今年収穫した新小麦で作ったパンを味わう「とかち小麦ヌーヴォー2018解禁まつり」が22日、帯広市内のとかちむら(帯広競馬場内)で開かれた。新麦パンを掲げて“乾杯”する恒例の場面では、雨にもかか...