北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

おでかけリハビリ 開始1年普及に手応え【函館】

 

函館朝市で買い物を楽しむおでかけリハビリの参加者(28日)

買い物などを通して高齢者の健康増進を図る「おでかけリハビリ」が29日で、開始1年を迎えた。函館朝市で始まった取り組みは、実施会場が百貨店やスーパーなど全12会場に拡大。参加人数は延べ約350人に上る。推進協議会(松田悌一会長)は今後、福祉体験学習の場として小学生に参加を促し、高齢者が児童と触れ合える企画などを用意する考えで、事業の一層の普及を目指す。  おでかけリハビリは、文化教室や体験講座と買い物などを組み合わせたメニューを提供し、家に引きこもりがちな高齢者の外出機会を増やすのが目的。函館朝市協同組合連合会が始めた事業で、同連合会が音頭を取り、昨年9月に協議会が発足した。  介護施設や市社会福祉協議会、町会からの申し込みが多く、これまでの実施回数は26回。買い物と食事による参加者の平均単価は最大7000円で、商業施設にとっても利点が大きい。  4月にはポイント制を導入。1000円買い物するごとに「おでかけコイン」1枚を付与し、10枚集めると500円分の商品券と引き換えられる仕組みは、参加者から好評を得ている。  28日は、平山医院通所リハビリセンターの利用者約30人が、外出レクリエーションの一環として参加し、朝市で買い物や食事を満喫した。本通4在住の女性(89)は「久しぶりの朝市。銀ダラ定食を食べ、とても楽しかった」と満面の笑みを浮かべた。  同協議会は新たな企画として、市内の小学生から参加を募り、職業体験の場として活用してもらう準備を進めている。高齢者と一緒にレクリエーションを楽しみ、買い物などの補助を通して介護職への理解を深めてもらう狙いだ。  事業の広がりから問い合わせの件数も増えているといい、松田会長は「これまでは順調で手応えを感じる。新規の参加者をさらに増やして、商業施設の活性化につなげたい」と話している。

関連記事

十勝毎日新聞

MOMO4号機 緊急停止 打ち上げ27日以降【大樹】

 大樹町内のベンチャー企業インターステラテクノロジズ(IST、稲川貴大社長)は20日午後、浜大樹の実験場で宇宙観測ロケット「MOMO(モモ)」4号機の打ち上げを試みたが、機体に不具合が生じて直...

十勝毎日新聞

輝く花火 「列車」運行も【陸別】

 「第11回ふるさと銀河線りくべつ鉄道まつり」の花火大会(陸別町観光協会、十勝毎日新聞社主催)が20日午後8時から陸別町の緑町サッカー場で開かれ、1500発の大輪が夜空を彩った。  鉄道まつ...

十勝毎日新聞

ミニSL運行人気 「庭園鉄道」オープン【新得】

 狩勝高原園地の「庭園鉄道」が15日にオープンし、鉄道模型とミニチュアガーデンが来園者を楽しませている。  町観光協会や町などが取り組む同園地魅力発信事業の一環。延長100メートルのGゲージ...

函館新聞

湯の川で「夏詣」 にぎやかに厳かに【函館】

 函館湯の川温泉地区の夜を盛り上げる「夏詣NIGHT」(実行委主催)が20日、湯倉神社(湯川町2)と湯川寺(湯川町3)で開かれ、大勢の市民や観光客が地元の食やワークショップを楽しんだ。21日も午...

函館新聞

泳いで夏の笑顔 七重浜海水浴場海開き【北斗】

 【北斗】七重浜海水浴場(北斗市七重浜1)が20日、道南のトップを切って海開きした。開場に合わせて安全祈願祭を行い、管理運営に当たるさざなみ会の役員や市、警察、海上保安部の関係者ら約40人が開設...