北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

「森の恵み」運行楽しみ/釧路駅で一般公開

 JR北海道釧路支社は4月30日、一般気動車を改造したシリーズ列車のうちの1両「道東 森の恵み」を一般に公開した。外装には東北海道地域の自然や動植物などをデザインしたラッピングが施され、内装には木材をふんだんに使用している。3日から根室線の釧路―新得間で定期運行される予定で、観光振興を通じた地域活性化に役立ちたいほか、「団体用の貸し切り列車としても利用してほしい」とPRしている。

 地域と連携して沿線の活性化に貢献しようと、JR北海道が所有する気動車キハ40形の4車両を「北海道の恵み」シリーズとして改造。それぞれ「道北 流氷の恵み」「道東 森の恵み」「道南 海の恵み」「道央 花の恵み」と名付け、各地域を定期運行する。豊かな自然など各エリアの特色をイメージした外装と、木材を使った内装が特徴で、改造費は1両当たり850万円。すでに「道北」がデビューしており、今回の「道東」は第2弾。その後は改造が終わり次第、随時運転を始める見込み。

 1981年1月に製造されたキハ40―1779車両を使った「森の恵み」は外装のデザインが左右で異なり、片側は森、川や草花、エゾシカやタンチョウなど、逆側には牧歌的な風景や牛、チーズやジャガイモなど、東北海道を代表する素材が描かれている。同社のアートデザイン企画室でデザインされた。内装は、木目の床や背もたれの一部に木材を使用。座席シート生地を変更し、地域の自然などを撮影した写真も飾られている。

 この日は、午前10時11分釧路発帯広行きの普通列車に連結された「森の恵み」が釧路駅2番ホームにお目見えし、約30分ほど公開。家族連れや鉄道ファンらが訪れ、外装を眺めたり写真撮影したほか、車内で椅子の座り心地を味わった。同支社からは特製のポストカードをプレゼントされ、笑顔で受け取っていた。訪れた人たちは「運転開始が楽しみ」「乗ってみたい」などと感想を話していた。

 この列車は、3日の午前6時6分厚内発芽室行きの普通列車で本格デビューし、その後は主に釧路―新得間で運転される。随時運用されるため、ホームページにダイヤが掲載される予定はないという。

 同支社では「多くの方に見に来ていただき、うれしい。この車両が地域活性化に役立てば」と期待。「団体貸し切りでも運用できるので、ぜひ利用してみてほしい」と呼び掛けている。

関連記事

函館新聞

いさ鉄まもなく開業3周年 函館駅などで記念イベント【函館】

 道南いさりび鉄道(小上一郎社長)が開業3年を迎える。北海道新幹線とともに2016年3月26日、五稜郭―木古内間(37・8キロ)で開業。「いさ鉄」の愛称で親しまれ、沿線住民の足としてだけでなく...

函館新聞

8歳で英検準1級合格 附属小の小笠原君【函館】

 道教育大附属函館小学校3年の小笠原煌(こう)君が、8歳で実用英語技能検定(英検)の準1級に合格した。大学中級程度の英語力が求められ、8歳での合格は全国的も珍しいという。煌君は「達成感でいっぱい...

苫小牧民報

さよなら地球体験館 100人駆け付け閉館惜しむ-むかわ

 昨年9月の胆振東部地震で被災して今月末で閉館が決まったむかわ町穂別の「地球体験館」の最後のイベントが21日にあった。町内外から約100人が訪れて27年にわたって親しまれた施設に感謝と別れを告げ...

日高報知新聞

237人の特例申請が無効に【浦河】

 浦河町ふるさと納税への寄付者が確定申告が不要となる「ワンストップ特例制度」の町側事務処理ミスで、5946人分の申請データが未処理だった問題で、町は22日、臨時記者会見を開き、1都2県の237人の特...

日高報知新聞

珍しい〝暖〟ボールアート【様似】

【様似】札幌在住の桑折廣幸さん(68)のダンボールをキャンバスに制作した絵画展示「ひろ・くわおり〝暖”ボールアート 北の浮世絵展」が、町中央公民館ギャラリー21で始まり、入館者の目を引いている。31日まで...