北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

「森の恵み」運行楽しみ/釧路駅で一般公開

 JR北海道釧路支社は4月30日、一般気動車を改造したシリーズ列車のうちの1両「道東 森の恵み」を一般に公開した。外装には東北海道地域の自然や動植物などをデザインしたラッピングが施され、内装には木材をふんだんに使用している。3日から根室線の釧路―新得間で定期運行される予定で、観光振興を通じた地域活性化に役立ちたいほか、「団体用の貸し切り列車としても利用してほしい」とPRしている。

 地域と連携して沿線の活性化に貢献しようと、JR北海道が所有する気動車キハ40形の4車両を「北海道の恵み」シリーズとして改造。それぞれ「道北 流氷の恵み」「道東 森の恵み」「道南 海の恵み」「道央 花の恵み」と名付け、各地域を定期運行する。豊かな自然など各エリアの特色をイメージした外装と、木材を使った内装が特徴で、改造費は1両当たり850万円。すでに「道北」がデビューしており、今回の「道東」は第2弾。その後は改造が終わり次第、随時運転を始める見込み。

 1981年1月に製造されたキハ40―1779車両を使った「森の恵み」は外装のデザインが左右で異なり、片側は森、川や草花、エゾシカやタンチョウなど、逆側には牧歌的な風景や牛、チーズやジャガイモなど、東北海道を代表する素材が描かれている。同社のアートデザイン企画室でデザインされた。内装は、木目の床や背もたれの一部に木材を使用。座席シート生地を変更し、地域の自然などを撮影した写真も飾られている。

 この日は、午前10時11分釧路発帯広行きの普通列車に連結された「森の恵み」が釧路駅2番ホームにお目見えし、約30分ほど公開。家族連れや鉄道ファンらが訪れ、外装を眺めたり写真撮影したほか、車内で椅子の座り心地を味わった。同支社からは特製のポストカードをプレゼントされ、笑顔で受け取っていた。訪れた人たちは「運転開始が楽しみ」「乗ってみたい」などと感想を話していた。

 この列車は、3日の午前6時6分厚内発芽室行きの普通列車で本格デビューし、その後は主に釧路―新得間で運転される。随時運用されるため、ホームページにダイヤが掲載される予定はないという。

 同支社では「多くの方に見に来ていただき、うれしい。この車両が地域活性化に役立てば」と期待。「団体貸し切りでも運用できるので、ぜひ利用してみてほしい」と呼び掛けている。

関連記事

日高報知新聞

企業版納税第1号【様似】

【様似】本年度から企業版ふるさと納税(地方創生応援税制)を導入した町へ、東邦オリビン工業(本社・東京、横見実社長)から20万円の寄付があり、22日、坂下町長から役場を訪問した横見社長に感謝状が贈られた...

日高報知新聞

装備品展示や指紋採取【浦河】

 浦河警察署(岡崎健一署長)で23日夕方、署長室の開放や機動隊の高性能救助車展示、指紋の採取体験など警察の活動について紹介するショートタイムフェスタを駐車場と庁舎内で開き、子どもから高齢者まで約30...

苫小牧民報

樽前荘廃止の動きに心配の声 愛好者ら行方注視

 苫小牧市が、支笏湖畔のモラップ=千歳市=で運営する休憩・宿泊施設「モーラップ樽前荘」の廃止に向けた検討に入ったことで、施設を愛する全国のファンに心配の声が広がっている。今年で66年の歴史を重ね...

苫小牧民報

舞鶴遊水地にヨシ植栽 タンチョウ営巣へ整備-長沼町

 札幌開発建設部千歳川河川事務所=千歳市住吉=は24日、タンチョウの営巣環境整備を進める空知管内長沼町の舞鶴遊水地で巣の材料となるヨシの植栽作業を実施した。専門家によると早ければ来春にも巣作りが...

十勝毎日新聞

ロケット不具合対策完了 IST【大樹】

 ロケット開発ベンチャーのインターステラテクノロジズ(大樹、IST、稲川貴大社長)は24日、町浜大樹の実験場で、観測ロケットMOMO2号機の打ち上げリハーサルを成功させ、前回延期の原因となった不...