北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

港の文学館で三浦清宏「海洞」の世界展始まる【室蘭】

港の文学館で始まった「三浦清宏『海洞』の世界展」

 室蘭市港の文学館(横田挺一館長)で28日から、「三浦清宏『海洞』の世界展」が始まった。三浦氏の長編小説「海洞―アフンルパロの物語」をテーマに、本紙で連載された時の原画や作中人物の関係図をパネルで展示。アメリカへの取材旅行の様子も紹介している。

 「海洞―アフンルパロの物語」は「海洞の街」のタイトルで2002年(平成14年)4月から05年8月まで本紙で連載。主人公の清隆が故郷室蘭市に帰ってくる「室蘭帰還」から、結ばれた澄江の死に至る「海洞の契り」までの一大叙事詩的な物語。全道展会員の画家で、室蘭の美術界をけん引した故佐久間恭子さんが挿絵を担当している。

 今回の展示では、室蘭が舞台となる場面を中心に、佐久間さんの原画18枚とその場面の本文をパネルで紹介。特に第2部「室蘭の旅」の冒頭が10月建立予定の三浦清宏文学碑の一節となっており、注目だ。

 このほか会場では、小説が掲載された本紙や受賞した第24回日本芸術大賞の盾も展示。第1部から第3部までのあらすじをパネルにし、作品世界への理解を深めやすく工夫した。横田館長は「企画展を通して室蘭の昔と今、これからを考える一助になれば幸いです」と来場を呼び掛けている。

 7月15日まで。6月9日には午後1時から「室蘭への遺言」と題し、三浦氏が講演する。 

関連記事

根室新聞

2月10日冬の祭典「四島とり雪合戦」の参加者募集【根室】

 2019ニムオロ冬の祭典実行委員会(高橋友樹実行委員長)は、同祭典のメーンイベント「四島とり雪合戦大会」の参加チームを募集している。同事務局では「奮って参加してほしい」と話している。申し込み、問...

室蘭民報

種類豊富なカレンダー市、1月末まで開催【室蘭】

 室蘭市石川町の西いぶりリサイクルプラザ2階でカレンダー市が開かれている。各企業・団体のカレンダーは50円から、手帳は100円で販売。今月末まで開催する予定だ。  胆振管内はじめ全国各地から...

十勝毎日新聞

氷のキャンドル作り開始 氷灯夜向け準備着々【芽室】

 「第29回めむろ氷灯夜」(2月14日・芽室公園)に向け、会場を彩るアイスキャンドルの製作が12日、町車両センターで始まった。  氷灯夜では4500個のアイスキャンドルが会場と周辺に飾られ、...

室蘭民報

「どれがいいかな…」アーニスでカレンダー市【登別】

 カレンダーリサイクル市が11日、登別市中央町の登別中央ショッピングセンター・アーニスで始まった。多種多様な形状、デザインのカレンダーが並び、市民がお気に入りを買い求めていた。益金は市内の地域...

室蘭民報

彫刻家・坂本さんが製鉄病院で作品展【室蘭】

 室蘭市宮の森町の彫刻家・坂本正太郎さん(38)の作品展が、市内知利別町の製鉄記念室蘭病院ギャラリーで開かれている。ブロンズや鉄、アルミによる感性豊かな作品が8点並び、来院者の目を楽しませてい...