北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

港の文学館で三浦清宏「海洞」の世界展始まる【室蘭】

港の文学館で始まった「三浦清宏『海洞』の世界展」

 室蘭市港の文学館(横田挺一館長)で28日から、「三浦清宏『海洞』の世界展」が始まった。三浦氏の長編小説「海洞―アフンルパロの物語」をテーマに、本紙で連載された時の原画や作中人物の関係図をパネルで展示。アメリカへの取材旅行の様子も紹介している。

 「海洞―アフンルパロの物語」は「海洞の街」のタイトルで2002年(平成14年)4月から05年8月まで本紙で連載。主人公の清隆が故郷室蘭市に帰ってくる「室蘭帰還」から、結ばれた澄江の死に至る「海洞の契り」までの一大叙事詩的な物語。全道展会員の画家で、室蘭の美術界をけん引した故佐久間恭子さんが挿絵を担当している。

 今回の展示では、室蘭が舞台となる場面を中心に、佐久間さんの原画18枚とその場面の本文をパネルで紹介。特に第2部「室蘭の旅」の冒頭が10月建立予定の三浦清宏文学碑の一節となっており、注目だ。

 このほか会場では、小説が掲載された本紙や受賞した第24回日本芸術大賞の盾も展示。第1部から第3部までのあらすじをパネルにし、作品世界への理解を深めやすく工夫した。横田館長は「企画展を通して室蘭の昔と今、これからを考える一助になれば幸いです」と来場を呼び掛けている。

 7月15日まで。6月9日には午後1時から「室蘭への遺言」と題し、三浦氏が講演する。 

関連記事

室蘭民報

室蘭市内の小学校で「心一つ」に運動会練習

 室蘭市内の小学校の運動会が6月2日にスタートする。トップを切って行われるみなと小と天沢小では、21日から運動会特別日課が始まり、児童たちはグラウンドでリレーやリズム体操、組み体操などの練習に...

室蘭民報

洞爺湖マラソンで6700人が絶景を楽しみ疾走【洞爺湖】

 第44回洞爺湖マラソン2018が20日、洞爺湖温泉街を発着点とするコースであり、フルマラソンをはじめ、10キロ、5キロ、2キロの各コースにエントリーした約6700人が絶景を楽しみながら駆け抜...

室蘭民報

新鮮な海の幸に列、いぶり中央漁業青年部が朝市【登別】

 登別の水産物の良さを知ってもらいたい―。いぶり中央漁業協同組合の登別青年部(宮下裕次部長、15人)の朝市が20日、登別東町のJR登別駅前で始まった。初日は旬のナンバンエビなどを格安で販売し、新...

室蘭民報

わしべつ川沿いまつりで桜も笑顔も満開【室蘭】

 第18回わしべつ川沿い桜まつり(同実行委員会主催)が20日、室蘭市高砂町の高砂3丁目公園で開催され、訪れた市民が青空の下、よさこいソーランやビンゴゲーム大会、日本舞踊などを楽しんだ。  あ...

函館新聞

19、20日に箱館五稜郭祭【函館】

 戊辰戦争最後の激戦地、箱館・五稜郭を舞台に、戦没者の追悼と歴史を後世へと伝えるイベント「第49回箱館五稜郭祭」(協賛会主催)が19、20の両日、函館市内で開かれる。恒例の土方歳三コンテス...