北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

港の文学館で三浦清宏「海洞」の世界展始まる【室蘭】

港の文学館で始まった「三浦清宏『海洞』の世界展」

 室蘭市港の文学館(横田挺一館長)で28日から、「三浦清宏『海洞』の世界展」が始まった。三浦氏の長編小説「海洞―アフンルパロの物語」をテーマに、本紙で連載された時の原画や作中人物の関係図をパネルで展示。アメリカへの取材旅行の様子も紹介している。

 「海洞―アフンルパロの物語」は「海洞の街」のタイトルで2002年(平成14年)4月から05年8月まで本紙で連載。主人公の清隆が故郷室蘭市に帰ってくる「室蘭帰還」から、結ばれた澄江の死に至る「海洞の契り」までの一大叙事詩的な物語。全道展会員の画家で、室蘭の美術界をけん引した故佐久間恭子さんが挿絵を担当している。

 今回の展示では、室蘭が舞台となる場面を中心に、佐久間さんの原画18枚とその場面の本文をパネルで紹介。特に第2部「室蘭の旅」の冒頭が10月建立予定の三浦清宏文学碑の一節となっており、注目だ。

 このほか会場では、小説が掲載された本紙や受賞した第24回日本芸術大賞の盾も展示。第1部から第3部までのあらすじをパネルにし、作品世界への理解を深めやすく工夫した。横田館長は「企画展を通して室蘭の昔と今、これからを考える一助になれば幸いです」と来場を呼び掛けている。

 7月15日まで。6月9日には午後1時から「室蘭への遺言」と題し、三浦氏が講演する。 

関連記事

室蘭民報

「道展」がスタート、室蘭の入選者作品展示も【札幌】

 北海道美術協会の第93回道展が18日から、札幌市中央区の市民ギャラリーで始まり、多くの美術愛好者が会場に足を運んでいる。11月4日まで。  今回は10~90代の295人が419点を応募し、...

室蘭民報

演劇倶楽部・夢鯨人が21日に2年ぶり2人芝居【室蘭】

 室蘭を拠点に活動する社会人の演劇倶楽部「夢鯨人」の第14回公演が21日、市内輪西町の市民会館リハーサル室で開かれる。披露するのはコメディータッチの2人芝居「おニイさんもご一緒に」。公演は2年...

釧路新聞

「釧路大漁どんぱく」あすから2日間【釧路】

胆振東部地震による大規模停電の影響で順延となっていた「第15回釧路大漁どんぱく」が20日から2日間、釧路市観光国際交流センター前庭特設会場を中心に開催される。歌手松崎しげるさんのスペシャルライブ(...

室蘭民報

室蘭民報社・モルエ共催の新聞コンクール始まる【室蘭】

 室蘭民報社とモルエ中島(室蘭市中島本町)共催の第33回室蘭地方小、中学校新聞コンクール、第15回ぼくの・わたしのしんぶんコンクールの展示が17日からモルエ中島イベントスペースで始まった。児童...

室蘭民報

秋の彩り感じて、小原流室蘭支部が20、21日に花展

 小原流室蘭支部(水澤豊律支部長)の花展が20、21の両日、室蘭市中央町のスーパーアークス室蘭中央店3階で開かれる。秋の彩りを表現した多彩な作品で、来場者の目を楽しませる。  テーマは「花の...