北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

研究成果が米国専門誌掲載・市立天文台【名寄】

 なよろ市立天文台「きたすばる」、北海道大学などの研究機関、世界のアマチュア天文家で構成する国際研究チームが、2016年12月にアンドロメダ銀河に出現した回帰新星「M31N 2008-12a」の観測に成功。研究成果がアメリカの専門誌「アストロフィジカルジャーナル」に掲載された。

 今回の研究成果のポイントとしては、観測を通して新星研究を進展させることや、アマチュア天文家も協力して成果を挙げたことが強調されている。

 この回帰新星は世界中で観測しており、国際研究チームのうち日本チームは15人。なよろ市立天文台職員の内藤博之さん、渡辺文健さん、前台長で北大研究員の佐野康男さん、北大教授の倉本圭さんら、大学の教員や研究員をはじめ、アマチュア天文家4人もメンバーに加わっている。

 新星とは、白色矮星(わいせい)と恒星から構成する連星系に見られる爆発現象。爆発は周期性を持っていると考えられている。通常の新星は数万年に1回爆発するものであり、一生に一度しか観測できないが、回帰新星の「M31N 2008-12a」は1年に1回爆発するというかなり珍しいもので、最近は今年1月1日(日本時間)に爆発した。この回帰新星は08年に発見。それ以降、1年に1回爆発している傾向が確認され、観測、研究が進められている。

 内藤さんは「通常の新星は数万年に1回しか爆発しないので、素性が分からない。観測してきた回帰新星は年1回爆発するので、検証するチャンスが何回もあり、理論的に考えられる観測結果を得られた。観測するたびにいろいろな性質が分かる」などと語っている。

関連記事

函館新聞

福島・岩部海岸クルーズが高評価 町民向けモニター乗船好調【福島】

 【福島】福島町まちづくり工房(代表理事・高木寿副町長)が町民対象に実施している「岩部海岸クルーズ」のモニター乗船が好評だ。利用者アンケートもほとんどが「非常に満足した」というもので、同法人は来...

函館新聞

蔦屋書店でGLAYの衣装展示 5年前の野外ライブで着用【函館】

 25、26日に緑の島(函館市大町)で開催される函館出身のロックバンド「GLAY」の野外ライブを記念し、函館蔦屋書店(石川町)は20日から、同店2階の大型モニター前にメンバー4人の衣装を展示して...

室蘭民報

野球教室でシャークスナインが小学生に技術指導【室蘭】

 小学生を対象にした室蘭シャークスの野球教室が19日、室蘭市の新日鉄住金球場で行われ、子どもたちが基礎技術を学び、シャークスナインと交流した。  教室には少年団8チームから100人が参加。シ...

室蘭民報

「宮古市民号」の第1陣が到着、夜景や観光満喫【室蘭】

 宮蘭フェリー就航を記念した岩手県宮古市の本年度事業「宮古市民号」の第1陣が20日夜、室蘭港に到着した。同市の委託事業で旅行会社3社が10月末までに各1回、冠の付いたツアーを計画している。下船...

室蘭民報

太陽を囲む虹のリング…「日暈」を観測【室蘭地方】

 20日午後1時ごろ、太陽を虹の輪が囲む「日暈(ひがさ)」と呼ばれる現象が室蘭地方で見られた。  室蘭地方気象台によると、太陽の光が空気中の氷の粒によって屈折し輝いて見える現象。この日の室蘭...