北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

研究成果が米国専門誌掲載・市立天文台【名寄】

 なよろ市立天文台「きたすばる」、北海道大学などの研究機関、世界のアマチュア天文家で構成する国際研究チームが、2016年12月にアンドロメダ銀河に出現した回帰新星「M31N 2008-12a」の観測に成功。研究成果がアメリカの専門誌「アストロフィジカルジャーナル」に掲載された。

 今回の研究成果のポイントとしては、観測を通して新星研究を進展させることや、アマチュア天文家も協力して成果を挙げたことが強調されている。

 この回帰新星は世界中で観測しており、国際研究チームのうち日本チームは15人。なよろ市立天文台職員の内藤博之さん、渡辺文健さん、前台長で北大研究員の佐野康男さん、北大教授の倉本圭さんら、大学の教員や研究員をはじめ、アマチュア天文家4人もメンバーに加わっている。

 新星とは、白色矮星(わいせい)と恒星から構成する連星系に見られる爆発現象。爆発は周期性を持っていると考えられている。通常の新星は数万年に1回爆発するものであり、一生に一度しか観測できないが、回帰新星の「M31N 2008-12a」は1年に1回爆発するというかなり珍しいもので、最近は今年1月1日(日本時間)に爆発した。この回帰新星は08年に発見。それ以降、1年に1回爆発している傾向が確認され、観測、研究が進められている。

 内藤さんは「通常の新星は数万年に1回しか爆発しないので、素性が分からない。観測してきた回帰新星は年1回爆発するので、検証するチャンスが何回もあり、理論的に考えられる観測結果を得られた。観測するたびにいろいろな性質が分かる」などと語っている。

関連記事

函館新聞

はこだて国際科学祭が開幕 食テーマに11回目【函館】

 楽しみながら科学と社会の関係を考える「はこだて国際科学祭」(サイエンス・サポート函館主催)が17日、五稜郭タワーアトリウムを主会場に始まった。11回目の今年は「『食』が育む、函館の未来。」をテ...

函館新聞

秋のバル街9月1日 過去2番目76店が参加【函館】

 函館市西部地区をスペインの立ち飲み居酒屋「バル」に見立て、はしご酒を楽しむイベント「函館西部地区バル街」(実行委主催)が9月1日、同地区で開かれる。秋のバル街としては最も早い開催で、過去2番目...

根室新聞

写友会が写真展 24日まで【根室】

 市内の写真サークル「写友会」(小林正輔会長)の写真展が17日、市総合文化会館エントランスホールで始まった。会員5人が各10作品を展示し、野生動物や自然現象を切り取った写真でカメラテクニックを...

根室新聞

参院選10代投票率 過去最低に【根室】

 7月21日に投開票が行われた第25回参議院議員通常選挙の根室市内の10代(18、19歳)の投票率は2282パーセントで、18歳選挙権が導入された平成28年の第24回参院選以降の各級選挙を通じて、...

苫小牧民報

モデルの椿梨央さんサプライズで始球式 太陽杯軟式全道少年野球胆振支部予選..

 太陽グループ杯争奪第26回全道少年軟式野球選抜大会胆振支部予選大会は17日午前、苫小牧市営少年野球場で開幕した。2日間にわたって胆振地区の小学生たちが全道大会への1枠を懸けてトーナメント戦を繰...