北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

研究成果が米国専門誌掲載・市立天文台【名寄】

 なよろ市立天文台「きたすばる」、北海道大学などの研究機関、世界のアマチュア天文家で構成する国際研究チームが、2016年12月にアンドロメダ銀河に出現した回帰新星「M31N 2008-12a」の観測に成功。研究成果がアメリカの専門誌「アストロフィジカルジャーナル」に掲載された。

 今回の研究成果のポイントとしては、観測を通して新星研究を進展させることや、アマチュア天文家も協力して成果を挙げたことが強調されている。

 この回帰新星は世界中で観測しており、国際研究チームのうち日本チームは15人。なよろ市立天文台職員の内藤博之さん、渡辺文健さん、前台長で北大研究員の佐野康男さん、北大教授の倉本圭さんら、大学の教員や研究員をはじめ、アマチュア天文家4人もメンバーに加わっている。

 新星とは、白色矮星(わいせい)と恒星から構成する連星系に見られる爆発現象。爆発は周期性を持っていると考えられている。通常の新星は数万年に1回爆発するものであり、一生に一度しか観測できないが、回帰新星の「M31N 2008-12a」は1年に1回爆発するというかなり珍しいもので、最近は今年1月1日(日本時間)に爆発した。この回帰新星は08年に発見。それ以降、1年に1回爆発している傾向が確認され、観測、研究が進められている。

 内藤さんは「通常の新星は数万年に1回しか爆発しないので、素性が分からない。観測してきた回帰新星は年1回爆発するので、検証するチャンスが何回もあり、理論的に考えられる観測結果を得られた。観測するたびにいろいろな性質が分かる」などと語っている。

関連記事

苫小牧民報

健康経営の認定取得へ 苫小牧商工会議所

 苫小牧商工会議所(宮本知治会頭)は、従業員などの健康管理を経営目線で実践する「健康経営」に取り組む。近く事業を所管する経済産業省に申請し、正式な認定取得を目指す。手続きを支援する東京海上日動苫...

十勝毎日新聞

来年10月に運賃値上げ JR北が経営改善策【札幌】

 JR北海道の路線見直し問題について議論するJRと国、道、道市長会、道町村会、JR貨物による6者協議が20日午前、道庁で開かれた。JR北海道の島田修社長は経営改善の取り組みの一環として、来年10...

十勝毎日新聞

健やかな成長願い 七五三【十勝】

 「七五三」のシーズンを迎え、十勝管内の神社には多くの家族連れが参拝に訪れている。  「七五三詣」は、数え年で男児は3、5歳、女児は3、7歳に神社にお参りし、健やかな成長を祈る儀式。今年は20...

十勝毎日新聞

イオン帯広店リニューアル検討 青柳新社長【帯広】

 イオン北海道(本社札幌)の青柳英樹社長(57)は19日、イオン帯広店(西4南20)について「今年度は無理だが、そう遠くない時期に店舗をリニューアルをしたい」との見解を示した。また、「次の10年...

函館新聞

旧相馬家住宅 国の重文に 笹浪家米蔵・文庫蔵を追加【函館 上ノ国】

【函館、上ノ国】国の文化審議会(佐藤信会長)は19日、重要文化財(重文)として、函館市元町33の旧相馬家住宅2棟(主屋、土蔵)を新規指定、上ノ国町上ノ国の重文「旧笹浪家住宅」に付属の米蔵...