北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

怒髪天・清水泰次さん故郷で凱旋ライブ 4日「50歳生誕祭」北ガス文化ホール

「ずっと長く続け、メンバーやスタッフ、お客さんと一緒に大きくなりたい」と語る清水さん=1日に札幌市

 メンバー全員が北海道出身のロックバンド「怒髪天」(どはつてん)。ベースを担当する清水泰次さん(49)は千歳市出身で、少年時代を市内で過ごした。現在、バンドは道内ツアー中。50歳になる5月4日には「清水泰次50歳生誕祭」として、北ガス文化ホール(千歳市民文化センター)で凱旋(がいせん)ライブを行う。

 怒髪天はジャパニーズR&E(リズム&演歌)という独自のジャンルで活動を続ける4人組バンド。14年には日本武道館で単独公演し大成功した。

 50歳を迎える清水さんは20代冒頭まで千歳でアルバイトをしながら音楽活動をした。ベースを手にしたのは14歳。小学生のころから大好きだったというパンクバンド「アナーキー」に憧れて音楽を始めた。

 人生初のライブは中学生バンド「ザ・バースト」を組んでいたときに地域の会館で経験。「プロになろうとかではなく、ただ友達と遊んでいることが楽しかった」と懐かしむ。

 怒髪天への加入はボーカルの増子直純さんからの熱烈なオファーがきっかけ。当初はやりたい音楽のジャンルが違い断っていた。このときに背中を押してくれたのが、信濃小学校時代の幼なじみで、現在は共にユニットを組んでいるギタリスト・影山裕之さんだ。

 「怒髪天はこれから少しずつ人気が出て大きくなっていく。そうしたら音楽で食べていけるじゃないか」と後押ししてくれた。その影山さんとのユニット「GARAKUTA KOJO」(ガラクタコウジョウ)は、新富に作っていた秘密基地の名前に由来する。

 清水さんが小学生だったころは、地域に一面草むらが広がっていた。落ちている物品を集めて「基地」をつくった。丘もあり、そこから夕焼けを眺めていた。

 「秋になると、くぼみにでっかい水たまりができた。そこに何万匹というトンボの大群が来た」と話し、「もう残っていない景色だけど、奇跡的ないい場所だった。写真があったらもう一度見たい」と目を細める。

 怒髪天は1991年に上京するが、96年に活動休止。99年の再始動は、清水さんの呼び掛けだった。休止中に「怒髪天ではばかなことばかりやっていたけど、やっぱり楽しかった、と思うようになった」と話す。

 加入前は、怒髪天の大ファンでもあった清水さん。メンバーについて「家族、友人であり、良い先輩、そして偉大なミュージシャン」と誇る。

 「メンバーもお客さんも元気で、すべてが良くてみんなが喜んだ日のライブ後は、怒髪天をやっていて良かったと思える」と笑顔を見せる。

 4日の千歳公演は「50歳を迎え、一つの節目としてまた一から始めるつもりで挑みたい」。故郷に錦を飾る心持ちだ。

 清水泰次(しみず・やすつぐ)。1968年5月4日生まれ。千歳市出身。信濃小、千歳中、千歳高卒業。「怒髪天」ベーシスト。怒髪天は、84年に札幌でボーカルの増子直純さん=札幌市出身=を中心に結成。上原子友康さん=ギター・留萌市出身=、坂詰克彦さん=ドラム・幌加内町出身=、清水さんの順に加入し、現在のメンバーになった。91年に上京するが、96年に活動休止。99年に清水さんの呼び掛けで再始動。桃屋瓶詰のテレビCMにも出演し、2014年に日本武道館公演。千歳時代の友人でギタリスト・影山裕之さんとのユニット「GARAKUTA KOJO」でも活動中。7月11日には2年ぶりとなる怒髪天の新アルバム「夷曲一揆」(ひなぶりいっき)を発売する。

関連記事

根室新聞

1日から電子版「灯台カード」スタート 納沙布岬と落石岬でも【根室】

 海上保安庁は灯台150周年にちなみ、全国150基の灯台を電子カード化した。灯台カードは灯台の門扉等に掲載されている二次元コード(QRコード)を携帯電話やスマートフォンで読み込み、ダウンロードするこ...

根室新聞

クナシリ・メナシの戦い犠牲者を供養【根室】

 1789年(寛政元年)のクナシリ・メナシの戦いで犠牲になったアイヌ民族を供養する「ノツカマップ・イチャルパ」がこのほど、ノツカマップの㈲丸星水産番屋と納沙布岬で行われた。供養祭には道内各地から30...

根室新聞

ヒグマ目撃 過去10年で最多【根室】

 秋に入り、ヒグマの目撃情報が多発している。18日現在、根室市に寄せられたヒグマの目撃情報は31件で、過去10年で最多を更新。特に別当賀や東梅地区で道路を横断するヒグマを目撃する例が多い。キノコや山...

根室新聞

管内地価 一部宅地が上昇【根室】

 道は18日、国土利用計画法に基づく平成30年度北海道地価調査(7月1日現在基準地価)の結果を公表した。道内の宅地等の価格は多くの市町村で下落が続き、平均変動率は平成4年度以降、27年連続で下落。根室管...

日高報知新聞

今年の受験者数は増加

【新ひだか】平成31年度日高管内町職員採用資格試験(一般事務職上級・初級)の1次試験が16日、町公民館で行われ、68人が狭き門に挑んだ。  管内7町の町職員を採用する合同採用試験で、大学・卒業見込みの...