北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

サラダやパフェに、食用花生産始める 恵庭西島松・サンガーデン

食用にするため無農薬で花苗を栽培

 恵庭市西島松のサンガーデン(土谷秀樹社長)は今年から、食材に使う花びら「エディブル・フラワー」の生産に取り組んでいる。無農薬でパンジーやビオラを育て、カフェのサラダやパフェなどに、かれんな花びらを載せて提供。新鮮な摘み立ての花びらでメニューを彩り、同社は「優雅な気分を味わって」とPRしている。

 同社は花苗生産の道内最大手で、花の苗を年間500種以上、300万株以上を出荷している。今年から「サンガーデンらしい取り組みを」とエディブル・フラワーに取り組むことに。従来は虫除けのため必要に応じて農薬を使っているが、ハウス一角で無農薬栽培を進めてきた。

 1日から敷地内のカフェ・ティーズガーデンで、パンジーやビオラの花びらを、ビュッフェランチ(1300円)のサラダ、いちごパフェ・フルーツパフェ(各600円)に載せて提供している他、ケーキなどスイーツ全般に添えている。

 花びらは無味無臭で料理を引き立て、女性客を中心に「きれい」などと評判を呼んでいる。インターネットに料理の写真を投稿する「インスタ映え」の効果も期待される。恵庭は「花のまち」としても知られるだけに、観光誘客にも力を発揮しそう。

 今後は訪れた人に花びらの摘み取りやトッピングを体験してもらう事業や、他飲食店への花びらの卸しなども検討する。

 現在はパンジー、ビオラ約100鉢(1鉢当たり約20輪)を無農薬栽培しており、山口展正専務は「6月以降はベゴニアなど夏花に切り替えたい」と意欲を示す。まだ気温が低くアブラムシなど発生していないが、今後は「虫との戦い」になりそう。目の行き届く範囲で栽培数を増やし、虫がつかないものだけを提供していく予定だ。

 カフェの営業時間は午前10時~午後5時。問い合わせは同社 電話0123(36)8050。

サラダやパフェにかれんな花びら

関連記事

日高報知新聞

企業版納税第1号【様似】

【様似】本年度から企業版ふるさと納税(地方創生応援税制)を導入した町へ、東邦オリビン工業(本社・東京、横見実社長)から20万円の寄付があり、22日、坂下町長から役場を訪問した横見社長に感謝状が贈られた...

日高報知新聞

装備品展示や指紋採取【浦河】

 浦河警察署(岡崎健一署長)で23日夕方、署長室の開放や機動隊の高性能救助車展示、指紋の採取体験など警察の活動について紹介するショートタイムフェスタを駐車場と庁舎内で開き、子どもから高齢者まで約30...

苫小牧民報

樽前荘廃止の動きに心配の声 愛好者ら行方注視

 苫小牧市が、支笏湖畔のモラップ=千歳市=で運営する休憩・宿泊施設「モーラップ樽前荘」の廃止に向けた検討に入ったことで、施設を愛する全国のファンに心配の声が広がっている。今年で66年の歴史を重ね...

苫小牧民報

舞鶴遊水地にヨシ植栽 タンチョウ営巣へ整備-長沼町

 札幌開発建設部千歳川河川事務所=千歳市住吉=は24日、タンチョウの営巣環境整備を進める空知管内長沼町の舞鶴遊水地で巣の材料となるヨシの植栽作業を実施した。専門家によると早ければ来春にも巣作りが...

十勝毎日新聞

ロケット不具合対策完了 IST【大樹】

 ロケット開発ベンチャーのインターステラテクノロジズ(大樹、IST、稲川貴大社長)は24日、町浜大樹の実験場で、観測ロケットMOMO2号機の打ち上げリハーサルを成功させ、前回延期の原因となった不...