北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

サラダやパフェに、食用花生産始める 恵庭西島松・サンガーデン

食用にするため無農薬で花苗を栽培

 恵庭市西島松のサンガーデン(土谷秀樹社長)は今年から、食材に使う花びら「エディブル・フラワー」の生産に取り組んでいる。無農薬でパンジーやビオラを育て、カフェのサラダやパフェなどに、かれんな花びらを載せて提供。新鮮な摘み立ての花びらでメニューを彩り、同社は「優雅な気分を味わって」とPRしている。

 同社は花苗生産の道内最大手で、花の苗を年間500種以上、300万株以上を出荷している。今年から「サンガーデンらしい取り組みを」とエディブル・フラワーに取り組むことに。従来は虫除けのため必要に応じて農薬を使っているが、ハウス一角で無農薬栽培を進めてきた。

 1日から敷地内のカフェ・ティーズガーデンで、パンジーやビオラの花びらを、ビュッフェランチ(1300円)のサラダ、いちごパフェ・フルーツパフェ(各600円)に載せて提供している他、ケーキなどスイーツ全般に添えている。

 花びらは無味無臭で料理を引き立て、女性客を中心に「きれい」などと評判を呼んでいる。インターネットに料理の写真を投稿する「インスタ映え」の効果も期待される。恵庭は「花のまち」としても知られるだけに、観光誘客にも力を発揮しそう。

 今後は訪れた人に花びらの摘み取りやトッピングを体験してもらう事業や、他飲食店への花びらの卸しなども検討する。

 現在はパンジー、ビオラ約100鉢(1鉢当たり約20輪)を無農薬栽培しており、山口展正専務は「6月以降はベゴニアなど夏花に切り替えたい」と意欲を示す。まだ気温が低くアブラムシなど発生していないが、今後は「虫との戦い」になりそう。目の行き届く範囲で栽培数を増やし、虫がつかないものだけを提供していく予定だ。

 カフェの営業時間は午前10時~午後5時。問い合わせは同社 電話0123(36)8050。

サラダやパフェにかれんな花びら

関連記事

函館新聞

旧相馬家住宅 国の重文に 笹浪家米蔵・文庫蔵を追加【函館 上ノ国】

【函館、上ノ国】国の文化審議会(佐藤信会長)は19日、重要文化財(重文)として、函館市元町33の旧相馬家住宅2棟(主屋、土蔵)を新規指定、上ノ国町上ノ国の重文「旧笹浪家住宅」に付属の米蔵...

函館新聞

カボチャランタンに花火 紅葉ライトアップも「大沼ハロウィンナイト」【七飯】

 【七飯】秋の大沼を楽しむイベント「第7回大沼ハロウィンナイト&紅葉ライトアップクルーズ」(ぐるり道南観光推進協議会主催)が19日、大沼公園広場で始まった。カボチャランタンや紅葉のライトア...

日高報知新聞

藤本蓮さん(静高2年)が全国へ【新ひだか】

【新ひだか】北海道高文連の第52回全道高等学校書道展が3~5日、室蘭市体育館で開かれ、静内高2年の藤本蓮さん(17)が来年7月に佐賀県で開催の全国総文祭に出場する推薦候補者に選出された。坪朝陽さん...

日高報知新聞

全国名門農家抑えトップに【新ひだか】

【新ひだか】11日から15日にかけ東京食肉市場で開かれた「第47回全畜連肉用牛枝肉共進会」で、みついし和牛肥育組合長の畑端博志さん(63)=三石本桐=の出品牛が最優秀賞を受賞した。全国一の牛を生産した...

苫小牧民報

厚真などで研究者ら合同調査 胆振東部地震の大規模地滑り現場

 18日午前、道内外の研究者でつくる調査団30人は、厚真町役場から北東に直線で9キロ離れた幌内神社から山奥へ数キロ進み、大規模な山腹崩壊の現場から調査を開始。同町の学芸員らも同行した。  甚大...