北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

景色望み健脚競う・憲法記念ハーフマラソン【名寄】

号砲とともにスタートを切るランナー=ハーフの部=

 第66回なよろ憲法記念ハーフマラソン大会が6日に天塩川河川敷特設コースで開かれた。北海道命名150年記念事業の一環として天塩川沿いにコースを設けた。幾分肌寒い中での大会となったが、全道各地から出場したランナー725人が健脚を競い合いながら汗を流し、ゴールを目指した。

 名寄市、名寄市教育委員会、道北陸上競技協会の主催。名寄市公民館共催、同ハーフマラソン実行委員会が主管。1953年(昭和28年)から毎年開催されている歴史ある大会。なよろ健康の森陸上競技場を発着地点に、「なよろ憲法記念ロードレース」として開催されてきたが、より広く名寄での大会をPRしようと、2016年の第64回大会から「なよろ憲法記念ハーフマラソン」に変更。今年、北海道命名150年の節目を迎え、命名地である天塩川流域各自治体では記念事業を計画。名寄では今大会を記念事業の一環に位置付け企画した。このため、従来の健康の森を発着点としたコースではなく、もっと天塩川を身近に感じてもらうため、天塩川河川敷特設コースで開催することとした。

 距離は従来のハーフ、10キロ、5キロをはじめ、より気軽に参加してもらおうと3キロと親子ペア3キロコースの距離を2キロに変更するとともに、名寄にちなんだ746メートルの幼児の部も新設した。

 ハーフ部門を皮切りに部門別にスタート。「作.AC北海道」「作.AC旭川」「北海学園大学陸上部」のメンバーが各部門のペースランナーを務める中、自己ベスト更新へ挑戦したり、家族の声援に笑顔で応えたりする参加者など、思い思いのペースでゴールを目指していた。

関連記事

日高報知新聞

俵かつぎや歌謡ショー【新冠】

【新冠】新冠の夏を盛り上げる「第22回にいかっぷふるさと祭り」(実行委主催)が14、15の両日、JR新冠駅前広場などを会場に開かれた。2日間で前年より1000人多い1万5000人(主催者発表)が来場し、...

日高報知新聞

日本一の夏イチゴをPR【浦河・様似】

 平成29年の販売額が4億円と全国一の生産量を誇る夏イチゴを住民にアピールする「夏いちごの日」のイベントが15日、浦河町基幹集落センター堺町会館で開かれ、パック詰め放題やイチゴのスイーツづくりなどイチ...

苫小牧民報

「むかわ竜」使用中止を竹中町長に要請書 化石発見地・穂別地区で名称変更の..

 むかわ町穂別地区で発掘され、日本の恐竜研究史上で最大級の発見とされるハドロサウルス科恐竜の全身骨格化石の通称「むかわ竜」について、道内外各地の旧穂別町出身者でつくる「町外から化石の里ほべつを応...

苫小牧民報

北朝鮮の木造船を解体処理 補助事業活用は道内初―苫小牧市

 昨年5月に苫小牧沖で漂流する北朝鮮籍の木造船が見つかり、苫小牧市が苫小牧港・西港区の南埠頭(ふとう)付近で保管していた同船の解体作業が18日午前に行われた。市の依頼を受けた苫小牧清掃社の社員2...

十勝毎日新聞

貸自転車の利用2割増 駅新バス待合所開業で【帯広】

 JR帯広駅前で貸し出されているレンタサイクルの利用が好調だ。5月に駅前の待合所「バスターミナルおびくる」がオープンして以降、利用者が急増。観光案内の機能も持ち合わせる施設で貸し出しを行うことで、...