北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

景色望み健脚競う・憲法記念ハーフマラソン【名寄】

号砲とともにスタートを切るランナー=ハーフの部=

 第66回なよろ憲法記念ハーフマラソン大会が6日に天塩川河川敷特設コースで開かれた。北海道命名150年記念事業の一環として天塩川沿いにコースを設けた。幾分肌寒い中での大会となったが、全道各地から出場したランナー725人が健脚を競い合いながら汗を流し、ゴールを目指した。

 名寄市、名寄市教育委員会、道北陸上競技協会の主催。名寄市公民館共催、同ハーフマラソン実行委員会が主管。1953年(昭和28年)から毎年開催されている歴史ある大会。なよろ健康の森陸上競技場を発着地点に、「なよろ憲法記念ロードレース」として開催されてきたが、より広く名寄での大会をPRしようと、2016年の第64回大会から「なよろ憲法記念ハーフマラソン」に変更。今年、北海道命名150年の節目を迎え、命名地である天塩川流域各自治体では記念事業を計画。名寄では今大会を記念事業の一環に位置付け企画した。このため、従来の健康の森を発着点としたコースではなく、もっと天塩川を身近に感じてもらうため、天塩川河川敷特設コースで開催することとした。

 距離は従来のハーフ、10キロ、5キロをはじめ、より気軽に参加してもらおうと3キロと親子ペア3キロコースの距離を2キロに変更するとともに、名寄にちなんだ746メートルの幼児の部も新設した。

 ハーフ部門を皮切りに部門別にスタート。「作.AC北海道」「作.AC旭川」「北海学園大学陸上部」のメンバーが各部門のペースランナーを務める中、自己ベスト更新へ挑戦したり、家族の声援に笑顔で応えたりする参加者など、思い思いのペースでゴールを目指していた。

関連記事

十勝毎日新聞

ホッケーの絆、苫小牧応援 アリーナに横断幕【清水】

 NPO清水町アイスホッケー協会は管理・運営する町アリーナのロビーに、胆振東部地震の被災者らを応援する横断幕を設置した。  同協会は東日本大震災などでも、寄付をはじめ被災地を応援する取り組みを...

十勝毎日新聞

ウィッグ通販月1000件 佐藤さんに国内外から注文【陸別】

 ウィッグ(かつら)の通信販売を行い、軌道に乗り始めた女性経営者がいる。陸別町内に事務所を構え、インターネット通販サイト「SUGARCRANZ(シュガークランツ)」を運営する佐藤加奈子さん(36...

十勝毎日新聞

山田さん「学芸員目指す」 協力隊に着任【上士幌】

 上士幌町の地域おこし協力隊として、北大大学院で河川の生態系を研究している山田太平さん(24)が着任した。商工観光課に所属、ひがし大雪自然館の学芸推進員として、ぬかびら地区の生態調査に取り組む。...

函館新聞

若手バンド、大ホールで熱演 北斗でミュージックフェスタ初開催【北斗】

 【北斗】アマチュアバンドなどが集う「かなでーるミュージックフェスタinホクト」が16日、市総合文化センターかなでーるで開かれた。市内外から特別ゲスト2組を含む21組が出演し、若者らしいパワーあ...

函館新聞

シエスタの情報盛りだくさん フリーペーパー「moccho!」創刊【函館】

 函館市本町の商業施設シエスタハコダテの情報を伝えるフリーペーパー「moccho!(モッチョ)」が完成した。9月発行の創刊号は「無印良品」のお薦めスポットなどを特集。今後、毎月1回の発行を目指す...