北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

景色望み健脚競う・憲法記念ハーフマラソン【名寄】

号砲とともにスタートを切るランナー=ハーフの部=

 第66回なよろ憲法記念ハーフマラソン大会が6日に天塩川河川敷特設コースで開かれた。北海道命名150年記念事業の一環として天塩川沿いにコースを設けた。幾分肌寒い中での大会となったが、全道各地から出場したランナー725人が健脚を競い合いながら汗を流し、ゴールを目指した。

 名寄市、名寄市教育委員会、道北陸上競技協会の主催。名寄市公民館共催、同ハーフマラソン実行委員会が主管。1953年(昭和28年)から毎年開催されている歴史ある大会。なよろ健康の森陸上競技場を発着地点に、「なよろ憲法記念ロードレース」として開催されてきたが、より広く名寄での大会をPRしようと、2016年の第64回大会から「なよろ憲法記念ハーフマラソン」に変更。今年、北海道命名150年の節目を迎え、命名地である天塩川流域各自治体では記念事業を計画。名寄では今大会を記念事業の一環に位置付け企画した。このため、従来の健康の森を発着点としたコースではなく、もっと天塩川を身近に感じてもらうため、天塩川河川敷特設コースで開催することとした。

 距離は従来のハーフ、10キロ、5キロをはじめ、より気軽に参加してもらおうと3キロと親子ペア3キロコースの距離を2キロに変更するとともに、名寄にちなんだ746メートルの幼児の部も新設した。

 ハーフ部門を皮切りに部門別にスタート。「作.AC北海道」「作.AC旭川」「北海学園大学陸上部」のメンバーが各部門のペースランナーを務める中、自己ベスト更新へ挑戦したり、家族の声援に笑顔で応えたりする参加者など、思い思いのペースでゴールを目指していた。

関連記事

十勝毎日新聞

装置の実験開始 IST3号機【大樹】

 インターステラテクノロジズ(IST、大樹、稲川貴大社長)は13日午後、大樹町浜大樹の実験場で高度100キロの宇宙空間を目指す観測ロケット「MOMO(モモ)」3号機の打ち上げに向けて、姿勢制御装...

十勝毎日新聞

高木姉妹ら氷上で練習 16日からW杯【帯広】

 国際大会の幕開けとなるスピードスケートのワールドカップ(W杯)第1戦帯広大会(16~18日)の公式練習が14日午前9時から、会場となる明治北海道十勝オーバルで始まった。2月の平昌五輪で金メダル...

十勝毎日新聞

トウモロコシをあんまんに 道の駅で販売【士幌】

 士幌町の道の駅「ピア21しほろ」内でショップを運営するat LOCAL(堀田悠希社長)は8日から、地場産のトウモロコシを使った「とうきびまん」の販売を始めた。  士幌産のブランド牛「しほろ牛...

室蘭民報

「紋鼈寺」で隣接の会館焼く、けが人なし【伊達】

 13日午後1時ごろ、伊達市末永町の紋鼈寺(奥田正教住職)に隣接する鉄骨造り2階建て、延べ約960平方メートルの同寺会館2階から出火した。火は1時間45分ほどで鎮火した。けが人や延焼はなかった...

室蘭民報

空手・修武會の4人が全道で大活躍【室蘭】

 室蘭空手道連盟・修武會(樋口昭仁代表)の4 選手が、北海道空手道選手権大会極カップ第20回記念大会で上位入賞した。  初出場の石川天晟(室蘭工業大建築社会基盤系学科1年)は一般初・中級でい...