北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

雨模様で観桜客減少

【新ひだか】1日から二十間道路桜並木で開かれた「第55回しずない桜まつり」(実行委主催)は6日に閉幕した。今年は後半で雨模様の天候になり、前年より5万人少ない10万3831人の入込客数にとどまった。

 今年の並木のエゾヤマサクラは4月30日に開花し、今月2日に満開となった。あいにく、3日以降は降雨に見舞われ、昨年よりもまつり期間が1日少なくなったこともあり、昨年の15万4545人を大きく下回った。実行委では「サクラはきれいに咲いたが、雨天による影響が大きかった」と分析している。

 1日の最高入り込み客数は4日の2万6447人(車両6935台)。4連休中の3日は1万4883人(3785台)、5日は2万4585人(6583台)、最終日の6日は1万1180人(2973台)が来場し、花のトンネル横のお土産広場の各飲食店や土産販売店も連日にぎわった。期間中に一般公開した家畜改良センター新冠牧場の龍雲閣の来場者数は5487人だった。

 並木は早咲きのサクラは散っているが、遅咲きのサクラは見ごろを迎えている。7日は晴天に恵まれ、平日にもかかわらず午前中から大型観光バスや札幌ナンバーの車両が多く往来し、見応えのある桜並木と桜吹雪の光景を楽しんでいた。

 桜並木専従の町職員・渡辺喜代治さんは「今年は気温が低めでサクラには適していた。雨が心配されたが、遅咲きのエゾヤマザクラは花が開き切っていなかったので、長持ちしている。例年よりも長くサクラを楽しめるのでは」と話している。

 今月中旬にかけ並木のサクラの3割を占めるカスミザクラとミヤマザクラが開花、満開となる見通し。白いサクラと葉桜となったエゾヤマザクラの白と緑のコントラストが楽しめる。

まつり終了後も見応えのある二十間道路桜並木=7日午前=

関連記事

苫小牧民報

健康経営の認定取得へ 苫小牧商工会議所

 苫小牧商工会議所(宮本知治会頭)は、従業員などの健康管理を経営目線で実践する「健康経営」に取り組む。近く事業を所管する経済産業省に申請し、正式な認定取得を目指す。手続きを支援する東京海上日動苫...

十勝毎日新聞

来年10月に運賃値上げ JR北が経営改善策【札幌】

 JR北海道の路線見直し問題について議論するJRと国、道、道市長会、道町村会、JR貨物による6者協議が20日午前、道庁で開かれた。JR北海道の島田修社長は経営改善の取り組みの一環として、来年10...

十勝毎日新聞

健やかな成長願い 七五三【十勝】

 「七五三」のシーズンを迎え、十勝管内の神社には多くの家族連れが参拝に訪れている。  「七五三詣」は、数え年で男児は3、5歳、女児は3、7歳に神社にお参りし、健やかな成長を祈る儀式。今年は20...

十勝毎日新聞

イオン帯広店リニューアル検討 青柳新社長【帯広】

 イオン北海道(本社札幌)の青柳英樹社長(57)は19日、イオン帯広店(西4南20)について「今年度は無理だが、そう遠くない時期に店舗をリニューアルをしたい」との見解を示した。また、「次の10年...

函館新聞

旧相馬家住宅 国の重文に 笹浪家米蔵・文庫蔵を追加【函館 上ノ国】

【函館、上ノ国】国の文化審議会(佐藤信会長)は19日、重要文化財(重文)として、函館市元町33の旧相馬家住宅2棟(主屋、土蔵)を新規指定、上ノ国町上ノ国の重文「旧笹浪家住宅」に付属の米蔵...