北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

市消防本部 水槽付き消防ポンプ車更新へ【根室】

老朽化により更新される予定の飛龍号

 根室市消防本部は今年度、老朽化した水槽付き消防ポンプ自動車「飛龍号」の更新を計画している。緊急消防援助隊への登録を条件としている補助金を活用することで、市の財政負担を軽減し、導入後は新たに消火部隊1隊と車両を援助隊に登録する予定。これにより市消防本部の同援助隊登録は3隊3台になる見込み。

 現在の「飛龍号」は平成3年1月に導入され、火災発生時に出動して、消火活動に活躍してきたが、老朽化が進んできた。新しく導入する車両にはドアの開放などができる電動のマルチツールと呼ばれる救助資器材などが搭載できるようになる予定で、水槽は総重量の関係から現在の飛龍号より1トン容量が少ない6トンとなる見込み。

 昨年廃車となった広報車両1台の導入も予定しており、2台の購入費は補助金などを含めておよそ8,300万円を見込んでいる。

 車両更新に当たって活用を予定している補助金は、国が推進している緊急消防援助隊を編成するための消防力整備に適用されるもの。

 援助隊は、被災地の消防機関だけでは対処できない大規模災害や特殊災害が発生したときに、広域的に応援に駆け付ける仕組み。阪神・淡路大震災を教訓に平成7年6月に創設され、16年の法制化以降、計画的に整備されてきた。国は平成30年度末までに6,000隊を目標に登録を推進しており、補助金は、必要な施設等の整備を支援することで援助隊の編成を促す役割を担っている。

 平成30年4月1日現在で消火部隊、救助部隊を合わせて全国に5,978隊、道内では356隊が編成、登録されている。根室からは消火部隊1隊と後方支援部隊1隊の2隊、車両2台が登録されているが、老朽化している飛龍号の更新に当たって同補助金を活用することで、新たに消火部隊1隊と車両1台を援助隊として登録する予定だ。

 同本部によると、新しい消防ポンプ自動車は、指名業者からの入札を今月行い、市議会での契約の議決を経て来年2月末ごろの導入を予定している。また、広報車両は9月中旬ごろ導入予定となっている。

関連記事

函館新聞

福島・岩部海岸クルーズが高評価 町民向けモニター乗船好調【福島】

 【福島】福島町まちづくり工房(代表理事・高木寿副町長)が町民対象に実施している「岩部海岸クルーズ」のモニター乗船が好評だ。利用者アンケートもほとんどが「非常に満足した」というもので、同法人は来...

函館新聞

蔦屋書店でGLAYの衣装展示 5年前の野外ライブで着用【函館】

 25、26日に緑の島(函館市大町)で開催される函館出身のロックバンド「GLAY」の野外ライブを記念し、函館蔦屋書店(石川町)は20日から、同店2階の大型モニター前にメンバー4人の衣装を展示して...

室蘭民報

野球教室でシャークスナインが小学生に技術指導【室蘭】

 小学生を対象にした室蘭シャークスの野球教室が19日、室蘭市の新日鉄住金球場で行われ、子どもたちが基礎技術を学び、シャークスナインと交流した。  教室には少年団8チームから100人が参加。シ...

室蘭民報

「宮古市民号」の第1陣が到着、夜景や観光満喫【室蘭】

 宮蘭フェリー就航を記念した岩手県宮古市の本年度事業「宮古市民号」の第1陣が20日夜、室蘭港に到着した。同市の委託事業で旅行会社3社が10月末までに各1回、冠の付いたツアーを計画している。下船...

室蘭民報

太陽を囲む虹のリング…「日暈」を観測【室蘭地方】

 20日午後1時ごろ、太陽を虹の輪が囲む「日暈(ひがさ)」と呼ばれる現象が室蘭地方で見られた。  室蘭地方気象台によると、太陽の光が空気中の氷の粒によって屈折し輝いて見える現象。この日の室蘭...