北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

四島渡航事業まもなくスタート 安全航海へ万全【根室】

沢口船長の案内で「えとぴりか」の安全点検を行う對馬部長ら

 四島への渡航事業を控え、根室海上保安部(對馬靖浩部長)は8日、根室港北地区マイナス5.5メートル岸壁で、四島渡航事業専用船の旅客船「えとぴりか」(1,124トン)の安全点検を実施した。

 旅客船「えとぴりか」は、平成24年から運航開始。ビザなし交流や自由訪問などの北方四島交流事業等で使用されている。根室海保は例年、法令順守のほか、乗組員に事業を開始する前の安全意識を高めてもらうことなどを目的に安全点検を行っている。今年は4月28日に広島県の呉を出港し、今月2日に根室港へ入港した。

 点検には、海上保安官12人が参加。2班に分かれ、船員免許など法定書類の点検のほか、厨房、旅客室、操舵室など船内や甲板各所を回り、救命胴衣、救命いかだや消火設備などの点検を行った。

 点検終了後には對馬部長が「ただいま職員による書類設備等の点検を行いましたが、指摘事項はありません。私も船内の隅々まで整備が行き届いていることを確認しました」と講評し、「まもなく今年度の事業が開始される。これから濃霧の季節、夏には台風の季節になるが、気象、海況の把握に努め、乗船者の安全を最優先した運航に努めてほしい」と述べた。

 また、沢口巨樹(なおき)船長(42)は「運航開始から事故なく航海できているのは乗客、保安部、地域の皆さんの協力を頂いての結果。できる限り成功するよう天候、気象、海峡等をしっかり把握しながら安全航海に努めていきたい」と話していた。

 同船は、今月11日から予定されている色丹島への自由訪問から渡航事業に使用される。

関連記事

室蘭民報

徘徊の夫捜索にご近所さんの温かさに感謝【室蘭】

 「主人が助かったのは、周りの方のおかげ。本当にありがたいです」。室蘭市港北町に住む佐藤友子さん(68)は感謝する。友子さんのご主人、薫さん(81)が徘徊(はいかい)してまち中で動けなくなった...

室蘭民報

国体IH道代表に新日鉄住金から2人【室蘭】

 第74回国体冬季大会のアイスホッケー競技(30日から釧路市)の北海道代表に、新日鉄住金室蘭アイスホッケー部の村上亮(27)=日鉄住金テックスエンジ、横山恭也(24)=幌清=が選ばれた。2人は...

室蘭民報

マリンパークでオオアナコンダ脱皮殻のお守りで合格祈願【登別】

 登別マリンパークニクス(登別市登別東町、須川英治支配人)は、知恵の象徴とされる動物のヘビにかけて、飼育するオオアナコンダの脱皮殻で作った合格祈願のお守りを販売している。種類はカードサイズラミ...

室蘭民報

道南バスが4月に市内西部中心に39便減便方針【苫小牧】

 苫小牧市公共交通協議会(会長・下多村光弘苫小牧高専教授)が22日、市役所で開かれ、市内で路線バスを運行する道南バスは4月1日のダイヤ改正で西部地域を中心とした12路線、39便を減便する方針を...

室蘭民報

登別・青葉小児童がタラコのパック詰め体験【白老】

 登別市青葉小学校(工藤信司校長)の4年生49人が22日、白老町虎杖浜の竹丸渋谷水産(渋谷敏幸代表取締役)を訪れ、タラコのパック詰めを体験した。  総合学習「もっと知りたい北海道」の一環。子...