北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

四島渡航事業まもなくスタート 安全航海へ万全【根室】

沢口船長の案内で「えとぴりか」の安全点検を行う對馬部長ら

 四島への渡航事業を控え、根室海上保安部(對馬靖浩部長)は8日、根室港北地区マイナス5.5メートル岸壁で、四島渡航事業専用船の旅客船「えとぴりか」(1,124トン)の安全点検を実施した。

 旅客船「えとぴりか」は、平成24年から運航開始。ビザなし交流や自由訪問などの北方四島交流事業等で使用されている。根室海保は例年、法令順守のほか、乗組員に事業を開始する前の安全意識を高めてもらうことなどを目的に安全点検を行っている。今年は4月28日に広島県の呉を出港し、今月2日に根室港へ入港した。

 点検には、海上保安官12人が参加。2班に分かれ、船員免許など法定書類の点検のほか、厨房、旅客室、操舵室など船内や甲板各所を回り、救命胴衣、救命いかだや消火設備などの点検を行った。

 点検終了後には對馬部長が「ただいま職員による書類設備等の点検を行いましたが、指摘事項はありません。私も船内の隅々まで整備が行き届いていることを確認しました」と講評し、「まもなく今年度の事業が開始される。これから濃霧の季節、夏には台風の季節になるが、気象、海況の把握に努め、乗船者の安全を最優先した運航に努めてほしい」と述べた。

 また、沢口巨樹(なおき)船長(42)は「運航開始から事故なく航海できているのは乗客、保安部、地域の皆さんの協力を頂いての結果。できる限り成功するよう天候、気象、海峡等をしっかり把握しながら安全航海に努めていきたい」と話していた。

 同船は、今月11日から予定されている色丹島への自由訪問から渡航事業に使用される。

関連記事

苫小牧民報

健康経営の認定取得へ 苫小牧商工会議所

 苫小牧商工会議所(宮本知治会頭)は、従業員などの健康管理を経営目線で実践する「健康経営」に取り組む。近く事業を所管する経済産業省に申請し、正式な認定取得を目指す。手続きを支援する東京海上日動苫...

十勝毎日新聞

来年10月に運賃値上げ JR北が経営改善策【札幌】

 JR北海道の路線見直し問題について議論するJRと国、道、道市長会、道町村会、JR貨物による6者協議が20日午前、道庁で開かれた。JR北海道の島田修社長は経営改善の取り組みの一環として、来年10...

十勝毎日新聞

健やかな成長願い 七五三【十勝】

 「七五三」のシーズンを迎え、十勝管内の神社には多くの家族連れが参拝に訪れている。  「七五三詣」は、数え年で男児は3、5歳、女児は3、7歳に神社にお参りし、健やかな成長を祈る儀式。今年は20...

十勝毎日新聞

イオン帯広店リニューアル検討 青柳新社長【帯広】

 イオン北海道(本社札幌)の青柳英樹社長(57)は19日、イオン帯広店(西4南20)について「今年度は無理だが、そう遠くない時期に店舗をリニューアルをしたい」との見解を示した。また、「次の10年...

函館新聞

旧相馬家住宅 国の重文に 笹浪家米蔵・文庫蔵を追加【函館 上ノ国】

【函館、上ノ国】国の文化審議会(佐藤信会長)は19日、重要文化財(重文)として、函館市元町33の旧相馬家住宅2棟(主屋、土蔵)を新規指定、上ノ国町上ノ国の重文「旧笹浪家住宅」に付属の米蔵...