北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

四島渡航事業まもなくスタート 安全航海へ万全【根室】

沢口船長の案内で「えとぴりか」の安全点検を行う對馬部長ら

 四島への渡航事業を控え、根室海上保安部(對馬靖浩部長)は8日、根室港北地区マイナス5.5メートル岸壁で、四島渡航事業専用船の旅客船「えとぴりか」(1,124トン)の安全点検を実施した。

 旅客船「えとぴりか」は、平成24年から運航開始。ビザなし交流や自由訪問などの北方四島交流事業等で使用されている。根室海保は例年、法令順守のほか、乗組員に事業を開始する前の安全意識を高めてもらうことなどを目的に安全点検を行っている。今年は4月28日に広島県の呉を出港し、今月2日に根室港へ入港した。

 点検には、海上保安官12人が参加。2班に分かれ、船員免許など法定書類の点検のほか、厨房、旅客室、操舵室など船内や甲板各所を回り、救命胴衣、救命いかだや消火設備などの点検を行った。

 点検終了後には對馬部長が「ただいま職員による書類設備等の点検を行いましたが、指摘事項はありません。私も船内の隅々まで整備が行き届いていることを確認しました」と講評し、「まもなく今年度の事業が開始される。これから濃霧の季節、夏には台風の季節になるが、気象、海況の把握に努め、乗船者の安全を最優先した運航に努めてほしい」と述べた。

 また、沢口巨樹(なおき)船長(42)は「運航開始から事故なく航海できているのは乗客、保安部、地域の皆さんの協力を頂いての結果。できる限り成功するよう天候、気象、海峡等をしっかり把握しながら安全航海に努めていきたい」と話していた。

 同船は、今月11日から予定されている色丹島への自由訪問から渡航事業に使用される。

関連記事

函館新聞

福島・岩部海岸クルーズが高評価 町民向けモニター乗船好調【福島】

 【福島】福島町まちづくり工房(代表理事・高木寿副町長)が町民対象に実施している「岩部海岸クルーズ」のモニター乗船が好評だ。利用者アンケートもほとんどが「非常に満足した」というもので、同法人は来...

函館新聞

蔦屋書店でGLAYの衣装展示 5年前の野外ライブで着用【函館】

 25、26日に緑の島(函館市大町)で開催される函館出身のロックバンド「GLAY」の野外ライブを記念し、函館蔦屋書店(石川町)は20日から、同店2階の大型モニター前にメンバー4人の衣装を展示して...

室蘭民報

野球教室でシャークスナインが小学生に技術指導【室蘭】

 小学生を対象にした室蘭シャークスの野球教室が19日、室蘭市の新日鉄住金球場で行われ、子どもたちが基礎技術を学び、シャークスナインと交流した。  教室には少年団8チームから100人が参加。シ...

室蘭民報

「宮古市民号」の第1陣が到着、夜景や観光満喫【室蘭】

 宮蘭フェリー就航を記念した岩手県宮古市の本年度事業「宮古市民号」の第1陣が20日夜、室蘭港に到着した。同市の委託事業で旅行会社3社が10月末までに各1回、冠の付いたツアーを計画している。下船...

室蘭民報

太陽を囲む虹のリング…「日暈」を観測【室蘭地方】

 20日午後1時ごろ、太陽を虹の輪が囲む「日暈(ひがさ)」と呼ばれる現象が室蘭地方で見られた。  室蘭地方気象台によると、太陽の光が空気中の氷の粒によって屈折し輝いて見える現象。この日の室蘭...