北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

チョウザメおこわ誕生・天塩川グルメ開発【美深】

チョウザメおこわ=手前=とニジマスの塩焼き

 チョウザメのまち「美深町」ならではの新メニューが誕生した。コラーゲン豊富なチョウザメだしスープで美深町産もち米を炊き上げた「チョウザメおこわ」で、道の駅びふか前で販売。多くの観光客から注目を浴びている。

 開発に当たったのは、チョウザメ事業の推進に当たっている美深町地域おこし協力隊員の堤尚信さんと、びふか温泉。

 「チョウザメおこわ」は、チョウザメの頭のだしスープで、地元産もち米「はくちょうもち」を炊き上げた一品。多くのコラーゲンが溶け出しただしスープで炊くことで、より一層もちもちとした食感が楽しめる。

 商品開発・販売担当の竹本修さんによると、だしスープを取った頭から軟らかくなった白身を取り、おこわに混ぜ込んだ形が最終段階とのことで、現在試作中。「キャビアだけではなく、身もおいしいということをPRしたい」と話す。

 さらに、天塩川水系で育てたニジマスの塩焼きも販売。串に刺さし、炭火でじっくりと焼き上げており、中はふわふわだ。竹本さんは「天塩川水域のグルメをつくっていきたいというのがコンセプト」と話し、天塩川グルメの開発にも力を入れている。

 なお、販売は土・日曜日、祝日の午前10時から午後5時まで。チョウザメおこわ(2個入り)、ニジマスの塩焼きは各400円。セットは700円となっている。

関連記事

室蘭民報

ホテルセピアスでお待たせビアガーデン【室蘭】

 室蘭市入江町のホテルセピアス(梅本昌利代表取締役社長)で18日から、恒例の屋上ビアガーデンが始まり、室蘭港を見渡す絶好のロケーションで、仕事帰りのサラリーマンらが喉を潤している。  室蘭地...

室蘭民報

北海道命名150年「1周ライド」参加者が室蘭入り【室蘭、札幌】

 北海道命名150年に合わせて、道内約2400キロを22日間かけて自転車で巡る「北海道1周ライド」の参加者が、16日に室蘭入りした。室蘭を含む「第7区」の参加者28人は、市内で昼食を取るなど、...

室蘭民報

成実公生誕450年記念特別純米酒「藤五郎」限定販売【伊達】

 仙台藩亘理伊達家の2代目当主・伊達成実(しげざね)公の生誕450年を記念した、特別純米酒「藤五郎(とうごろう)」が14日、市内の寿浅で取り扱いを始めた。22日に市内で開催する能楽「摺上(すり...

室蘭民報

“隣まち”宮古の味を一堂に、15日にフェア【室蘭】

 宮古商工会議所(花坂康太郎会頭)は14日、室蘭市宮の森町の蓬らい殿で、室蘭地域の企業を対象にした展示商談会を実施する。翌15日には同所で三陸宮古うんめぇもんフェアを開催、宮古市周辺の特産品を...

室蘭民報

地域交流食堂「もとむろランチ」が15日開店【室蘭】

 室蘭・白鳥台、陣屋、石川町の地域住民有志で運営する地域交流食堂「もとむろランチ」(上西武司代表)は15日のスタートに向け、メニューを決めるなど準備を進めている。地域交流食堂は子どもから高齢者...