北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

チョウザメおこわ誕生・天塩川グルメ開発【美深】

チョウザメおこわ=手前=とニジマスの塩焼き

 チョウザメのまち「美深町」ならではの新メニューが誕生した。コラーゲン豊富なチョウザメだしスープで美深町産もち米を炊き上げた「チョウザメおこわ」で、道の駅びふか前で販売。多くの観光客から注目を浴びている。

 開発に当たったのは、チョウザメ事業の推進に当たっている美深町地域おこし協力隊員の堤尚信さんと、びふか温泉。

 「チョウザメおこわ」は、チョウザメの頭のだしスープで、地元産もち米「はくちょうもち」を炊き上げた一品。多くのコラーゲンが溶け出しただしスープで炊くことで、より一層もちもちとした食感が楽しめる。

 商品開発・販売担当の竹本修さんによると、だしスープを取った頭から軟らかくなった白身を取り、おこわに混ぜ込んだ形が最終段階とのことで、現在試作中。「キャビアだけではなく、身もおいしいということをPRしたい」と話す。

 さらに、天塩川水系で育てたニジマスの塩焼きも販売。串に刺さし、炭火でじっくりと焼き上げており、中はふわふわだ。竹本さんは「天塩川水域のグルメをつくっていきたいというのがコンセプト」と話し、天塩川グルメの開発にも力を入れている。

 なお、販売は土・日曜日、祝日の午前10時から午後5時まで。チョウザメおこわ(2個入り)、ニジマスの塩焼きは各400円。セットは700円となっている。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の風景クッキーに 実現へCF開始【帯広】

 帯広市内の十勝菓子工房菓音(東11南15)は、十勝の四季を描いたクッキーの商品化に向け、クラウドファンディング(CF)を始めた。クッキーを絵画、ギフト箱を額縁に見立てて作るユニークな商品。1...

十勝毎日新聞

「甘くて軟らか」ウニ給食 小・中・高【広尾】

 広尾の海岸で取れたエゾバフンウニが17日、町内の小・中学校、高校の給食で「うにの茶わん蒸し」として振る舞われた。  地域産食材を使った特別メニューを提供する「ふるさと給食」の一環。ウニが給...

十勝毎日新聞

市外初のクランベリー 札内店オープンに行列【幕別】

 菓子製造販売の「クランベリー」(帯広、水戸部公平社長)の札内店が19日、幕別町札内豊町47にオープンした。帯広市外の出店は初。観光での需要増を見込み、十勝東部での販売を強化する。  コープ...

十勝毎日新聞

十勝産素材でチーズまん ハピオフーズ第2弾【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4日から、十勝産チーズと小麦を使ったチーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の販売を始めた。同店の...

十勝毎日新聞

ベジ料理に管内産ゴボウだし【十勝】

 ベジタリアン向けの飲食コンサルティングや商品開発を行う「Tokachi Diversity Project」(=とかち・ダイバーシティー・プロジェクト)は、商品化第1弾として、十勝産ゴボウを使...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス