北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

淡いピンクの花咲き誇る・桜が見頃迎える【名寄】

桜が咲き、春らしさを感じさせている=名寄公園

 市内でも桜がほぼ満開となっており、名寄公園ではちょうど見頃を迎えている。淡いピンク色の花びらを付けて咲き誇る様子に、訪れた人たちは公園内を散策しながら見入っている。

 市内では名寄公園、浅江島公園、大学公園、弥生公園、ふうれん望湖台、風連日進湖畔などが桜の名所として知られている。毎年、開花の時期が到来すると多くの市民が足を運び、本格的な春の訪れを感じている。

 名寄を含め道北地方で咲く桜の大半が「エゾヤマザクラ」。今年はゴールデンウイーク期間中、肌寒い日が続いたが、昨年とほぼ同じ時期に開花し、平年と比べると3、4日ほど早くなっている。弥生公園など山間部は市街地より1、2日程度遅れるとのこと。

 名寄地区の市街地に近い名寄公園の桜は現在、7分咲き程度となり、日当たりの良い樹木ではほぼ満開となっている。樹齢や日照などの条件によって花の付き方に微妙な差が見られるが、淡いピンクの花が咲き誇っている様子が見られている。まだ冷たい風が吹く日もあるが、公園を訪れた人たちは園内を散策しながら花を観賞したり、花びらと樹木や周囲の風景を入れて撮影したりするなど、思い思いに花を楽しんでおり、春らしさを感じている。

 桜は今週末までは見られるとのことで、これからも多くの花見客が足を運び、にぎわいを見せそうだ。

関連記事

苫小牧民報

142年ぶりご神像公開 平取・義経神社奉納220年記念

 源義経の渡来伝説を持つ平取町本町の義経神社(楡田美浩宮司)で21日、義経公の神像奉納220年記念の神事が執り行われ、142年ぶりにご神像が一般公開された。  義経公のご神像は木製で高さ40セ...

日高報知新聞

桜並木の樹勢回復に【新ひだか】

【新ひだか】地方創生税制(企業版ふるさと納税)の対象事業となっている二十間道路桜並木樹勢回復事業に、札幌市の宅地建物取引業「河村ビル開発」から寄付の申し出があり、19日に代表取締役の河村有泰さんが大...

日高報知新聞

9月から外来診療休診へ【浦河】

 浦河赤十字病院(浦河町東町ちのみ1、武岡哲良院長)は、9月1日から精神神経科の外来診療を休診する。これまで東京大学から出張医1人が月3日間の診療に当たってきたが、主として派遣していた医師の都合に...

十勝毎日新聞

「市場まつり」5年ぶり復活 十勝の台所が地域還元【帯広】

 帯広地方卸売市場(帯広市西21北1、高橋正行社長)で8月26日、「市場まつり」が5年ぶりに開かれる。毎回約1万人の来場者を集めた人気イベントの復活となる。復活記念として「特製海鮮丼」を数量限定で...

十勝毎日新聞

リスザル舎の壁面に大自然 越後谷さんアート制作 おびひろ動物園【帯広】

 スプレーアーティストの越後谷勇樹さん(35)=足寄町=が20日、おびひろ動物園(柚原和敏園長)のリスザル舎の壁にスプレーアートを完成させた。1週間かけて制作し、大自然の風景を鮮やかに描いた。...