北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

最新鋭の選果機導入

【平取】町内荷菜にあるJAびらとり第一トマト選果場の選果機起動式が8日、同選果場で行われた。日量70㌧の能力を有する選果機で、最新鋭機の稼働となる。

 JAびらとりが平成28年度の産地パワーアップ事業(整備事業)で実施した新設整備事業で、29年1月30日に着工し、同12月15日に完成。ホクレン農業協同組合連合会が施工管理し、総工事費は5億9076万円。施工業者はシブヤ精機。

 2条型×4系列により、日量処理能力は70㌧。外部品質センサーによる等階級選別と糖度計測を行う内部品質センサーによるカメラ選別方式のAIQビジョンを配置したことにより、総合的な選果能力と機能の向上が図られる。

 格付けされた果実はフラットソーターコンベヤーからプールコンベヤーへ縦列に排果される果実に優しい「落差ゼロ」方式を採用。これにより、選果や箱詰め、荷役などの選別調整作業のコスト削減と高付加価値、差別化販売がより拡大され、生産者所得の一層の拡大を目指す選果機へと変わった。

 午前11時から行われた式典には、来賓や関係者ら25人が出席。楡田義経神社宮司による安全祈願のお祓いや玉ぐし奉典に続き、仲山浩びらとり農協組合長が「昨年の取り扱い高は43億6千万円。5年連続40億円超えを達成できたのは組合員各位の熱意の賜物」と式辞。

 川上満平取町長も「待望の最新鋭機の稼働に期待感が募る」と祝辞を述べた。

 最後は代表者5人による新選果機のスイッチ通電の起動式が行われ、最新鋭機の選果の様子を見守った。

起動式のあと選果の様子を見学する出席者

関連記事

苫小牧民報

健康経営の認定取得へ 苫小牧商工会議所

 苫小牧商工会議所(宮本知治会頭)は、従業員などの健康管理を経営目線で実践する「健康経営」に取り組む。近く事業を所管する経済産業省に申請し、正式な認定取得を目指す。手続きを支援する東京海上日動苫...

十勝毎日新聞

来年10月に運賃値上げ JR北が経営改善策【札幌】

 JR北海道の路線見直し問題について議論するJRと国、道、道市長会、道町村会、JR貨物による6者協議が20日午前、道庁で開かれた。JR北海道の島田修社長は経営改善の取り組みの一環として、来年10...

十勝毎日新聞

健やかな成長願い 七五三【十勝】

 「七五三」のシーズンを迎え、十勝管内の神社には多くの家族連れが参拝に訪れている。  「七五三詣」は、数え年で男児は3、5歳、女児は3、7歳に神社にお参りし、健やかな成長を祈る儀式。今年は20...

十勝毎日新聞

イオン帯広店リニューアル検討 青柳新社長【帯広】

 イオン北海道(本社札幌)の青柳英樹社長(57)は19日、イオン帯広店(西4南20)について「今年度は無理だが、そう遠くない時期に店舗をリニューアルをしたい」との見解を示した。また、「次の10年...

函館新聞

旧相馬家住宅 国の重文に 笹浪家米蔵・文庫蔵を追加【函館 上ノ国】

【函館、上ノ国】国の文化審議会(佐藤信会長)は19日、重要文化財(重文)として、函館市元町33の旧相馬家住宅2棟(主屋、土蔵)を新規指定、上ノ国町上ノ国の重文「旧笹浪家住宅」に付属の米蔵...