北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

最新鋭の選果機導入

【平取】町内荷菜にあるJAびらとり第一トマト選果場の選果機起動式が8日、同選果場で行われた。日量70㌧の能力を有する選果機で、最新鋭機の稼働となる。

 JAびらとりが平成28年度の産地パワーアップ事業(整備事業)で実施した新設整備事業で、29年1月30日に着工し、同12月15日に完成。ホクレン農業協同組合連合会が施工管理し、総工事費は5億9076万円。施工業者はシブヤ精機。

 2条型×4系列により、日量処理能力は70㌧。外部品質センサーによる等階級選別と糖度計測を行う内部品質センサーによるカメラ選別方式のAIQビジョンを配置したことにより、総合的な選果能力と機能の向上が図られる。

 格付けされた果実はフラットソーターコンベヤーからプールコンベヤーへ縦列に排果される果実に優しい「落差ゼロ」方式を採用。これにより、選果や箱詰め、荷役などの選別調整作業のコスト削減と高付加価値、差別化販売がより拡大され、生産者所得の一層の拡大を目指す選果機へと変わった。

 午前11時から行われた式典には、来賓や関係者ら25人が出席。楡田義経神社宮司による安全祈願のお祓いや玉ぐし奉典に続き、仲山浩びらとり農協組合長が「昨年の取り扱い高は43億6千万円。5年連続40億円超えを達成できたのは組合員各位の熱意の賜物」と式辞。

 川上満平取町長も「待望の最新鋭機の稼働に期待感が募る」と祝辞を述べた。

 最後は代表者5人による新選果機のスイッチ通電の起動式が行われ、最新鋭機の選果の様子を見守った。

起動式のあと選果の様子を見学する出席者

関連記事

十勝毎日新聞

サンタ姿で市内行進 子どもたちにプレゼント【帯広】

 サンタクロース姿で街中を行進し、闘病中などの子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るチャリティーイベント「Hokkaido Santa Run inとかち 2018」が15日、帯広市中心部で行...

十勝毎日新聞

車いす2台乗れるタクシー 管内初導入【池田】

 ワインタクシー(古後仁裕社長、9台)は13日、車いす2台が同時に乗車できるタクシーの運行を開始した。管内では初の導入となり、車いす2台のほか2人まで同乗できる。同時にジャンボタクシーも更新した。 ...

十勝毎日新聞

「ガンバの冒険」故薮内正幸さん 原画展始まる【帯広】

 「ガンバの冒険」シリーズの挿絵などで知られる動物画家薮内正幸さん(1940~2000年)の絵本原画展が15日、とかちプラザで始まった。薮内さんの原画展は道内初。エゾリスなど十勝の動物も含めて6...

函館新聞

初滑りに歓声響く 市民スケート場がオープン【函館】

 道南で唯一の屋外スケート場として親しまれている函館市民スケート場(金堀町10、函館競輪場内)が15日、今季の営業を開始した。リンクには、この日を待ちわびた子どもらのグループが訪れ、歓声が響い...

函館新聞

巨大アップルパイなど盛り上がる クリファンひろさきナイト【函館】

 青森県弘前市の文化や食を伝えるイベント「ひろさきナイト」が15日、金森赤レンガ倉庫群の2018はこだてクリスマスファンタジー特設会場で開かれた。ツリー点灯式やご当地アイドル「りんご娘」のライブ...