北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

夢のイチゴ農家に、研修生2人が1年早く独立【伊達】

イチゴ農家として独立を果たした(左から)森さん、小笠原さん

 新規就農を目指して、昨年4月から伊達市農業担い手育成センターで実習していた農業研修生のうちイチゴの栽培技術を学んでいた男女2人が、2年かかるところを1年前倒しで4月に独立した。自立経営はまだ先だが「6次化を目指し伊達の魅力を高めたい」「伊達の特産品といえばイチゴと言われるようにしたい」と意気込んでいる。

 有珠山を仰ぎ見る4月下旬の東関内町。まだ冷たい風が吹き付けるが、立ち並ぶビニールハウスの中は暖かく、一足早い春を感じさせた。高設栽培する夏イチゴの苗の定植が一段落。森苑絵さん(33)と小笠原典之さん(30)の2人は「これから全部一人でやっていかねばならない。最初から最後まで自分だけで栽培するのは初めての経験。まさに力試しです」。

 森さんは後志管内余市町出身。野菜ソムリエの資格を取得するほど食に興味があり、夫の転勤を機に伊達の農業に興味を持った。小笠原さんは伊達市出身。室蘭工大で化学を学んだ。大阪のメーカー勤務当時、古里に戻りたいと思いを巡らせたとき、伊達のイチゴ栽培を知る。「新しいことに挑戦したい」とUターンを決めた。

 実習を始めてまもない昨年4月に暴風雨の被害を経験したが「実際に就農すれば自然相手に避けては通れないこと。先輩の対応を目の当たりにすることができて、良い経験ができた」と前向きに捉えている。2人とも飲み込みが早く実力を付け、前倒しでの独立が認められた。2人はそれぞれ市からハウスを3棟ずつ借りて、イチゴ栽培をスタートさせた。

 2人は就農を喜びつつ、「将来は法人化を目指したい。ファームレストランなどを視野に女性でも農業ができるというところをみせたい」(森さん)「自分のようにサラリーマンから就農する姿を見せて今後、農業を始める人の見本になりたい」(小笠原さん)と一人前になるまで努力を重ねるつもりだ。

関連記事

日高報知新聞

斉藤恒子染展~藍色の風【日高】

【日高】帯広市在住の染織作家による「斉藤恒子染展~藍色の風~」が19日まで、門別競馬場向かいのナカジマ家具店地下特設会場で開かれている。時間は午前10時~午後6時(19日は午後3時)まで。  斉藤さん...

日高報知新聞

高山植物の盗掘防止など【様似】

【様似】登山シーズンとなり、アポイ岳保全対策協議会は15日朝、貴重な高山植物群落があるアポイ岳(810・6㍍)登山口で高山植物盗掘防止と携帯トイレ普及の啓発キャンペーンを実施し、登山者に協力を呼び掛...

苫小牧民報

特製ちゃんこで町民笑顔に むかわ合宿の大相撲・友綱部屋

 むかわ町内に合宿中の大相撲・友綱部屋は16日、昨年9月に発生した胆振東部地震で被災した町民を励まそうと、同町道の駅「四季の館」で振る舞いちゃんこ会を開いた。友綱親方(元関脇・旭天鵬)をはじめ、...

苫小牧民報

大移動終え、D51お披露目 道の駅併設の鉄道資料館にファンら-安平

 安平町が誇る蒸気機関車(SL)「D51―320号機」の道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」(同町追分)に併設する鉄道資料館への設置作業が14日に完了し、一般にお披露目された。多くの町民...

苫小牧民報

障害者の就労支援に 使用済み水道メーター、福祉施設に作業委託-苫小牧市

 苫小牧市は、これまで専門事業者に売却していた使用済み水道メーターについて、今月から分解と選別作業を市内の福祉事業所11施設に委託した。リサイクル活用と障害者の就労支援につなげるのが狙い。各事業...