北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

夢のイチゴ農家に、研修生2人が1年早く独立【伊達】

イチゴ農家として独立を果たした(左から)森さん、小笠原さん

 新規就農を目指して、昨年4月から伊達市農業担い手育成センターで実習していた農業研修生のうちイチゴの栽培技術を学んでいた男女2人が、2年かかるところを1年前倒しで4月に独立した。自立経営はまだ先だが「6次化を目指し伊達の魅力を高めたい」「伊達の特産品といえばイチゴと言われるようにしたい」と意気込んでいる。

 有珠山を仰ぎ見る4月下旬の東関内町。まだ冷たい風が吹き付けるが、立ち並ぶビニールハウスの中は暖かく、一足早い春を感じさせた。高設栽培する夏イチゴの苗の定植が一段落。森苑絵さん(33)と小笠原典之さん(30)の2人は「これから全部一人でやっていかねばならない。最初から最後まで自分だけで栽培するのは初めての経験。まさに力試しです」。

 森さんは後志管内余市町出身。野菜ソムリエの資格を取得するほど食に興味があり、夫の転勤を機に伊達の農業に興味を持った。小笠原さんは伊達市出身。室蘭工大で化学を学んだ。大阪のメーカー勤務当時、古里に戻りたいと思いを巡らせたとき、伊達のイチゴ栽培を知る。「新しいことに挑戦したい」とUターンを決めた。

 実習を始めてまもない昨年4月に暴風雨の被害を経験したが「実際に就農すれば自然相手に避けては通れないこと。先輩の対応を目の当たりにすることができて、良い経験ができた」と前向きに捉えている。2人とも飲み込みが早く実力を付け、前倒しでの独立が認められた。2人はそれぞれ市からハウスを3棟ずつ借りて、イチゴ栽培をスタートさせた。

 2人は就農を喜びつつ、「将来は法人化を目指したい。ファームレストランなどを視野に女性でも農業ができるというところをみせたい」(森さん)「自分のようにサラリーマンから就農する姿を見せて今後、農業を始める人の見本になりたい」(小笠原さん)と一人前になるまで努力を重ねるつもりだ。

関連記事

根室新聞

飲むのが楽しみ 北の勝「搾りたて」発売【根室】

 管内唯一の地酒「北の勝」の醸造元・碓氷勝三郎商店(碓氷ミナ子店主)は23日、「北の勝 搾りたて」を発売した。市内酒店やスーパーなどでは、人気の限定酒を手に入れようと長蛇の列ができた。このうち市...

根室新聞

日ロ首脳、交渉さらに前進で一致 元島民は「具体的成果を」【根室】

 安倍晋三首相は22日、モスクワでロシアのプーチン大統領と首脳会談を行った。平和条約交渉締結に向け、2月の開催が予定されているミュンヘン安保会議の際に外相間で次回交渉を行うとともに、首脳特別代表間...

日高報知新聞

地酒の名称「海桜丸」に【新ひだか】

【新ひだか】新ひだか町地酒づくり協議会(会長・佐藤雅裕新ひだか観光協会長)は、7日まで募集していた静内産酒米を使った地酒の名称が「海桜丸」に決まったと発表した。  静内産米は、農産物の地産池消の...

日高報知新聞

全線復旧変えていない【浦河】

 浦河町議会は22日、町議会臨時会後に全員協議会を開き、丸4年以上運休が続くJR日高線問題について協議し、町長や各議員が意見を述べた。  12月25日の町長会議で、浦河町の池田拓町長以外の管内6町が、...

苫小牧民報

仮設店舗、被災3町で着工 計10店が入居予定、3月オープンへ

 厚真、安平、むかわ3町で、胆振東部地震で被災した小売店や飲食店などの仮設店舗の建設が始まった。3町で計10店が入居する予定で、2月末に完成、3月にオープンする。店が壊れて休業などを余儀なくされ...