北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

夢のイチゴ農家に、研修生2人が1年早く独立【伊達】

イチゴ農家として独立を果たした(左から)森さん、小笠原さん

 新規就農を目指して、昨年4月から伊達市農業担い手育成センターで実習していた農業研修生のうちイチゴの栽培技術を学んでいた男女2人が、2年かかるところを1年前倒しで4月に独立した。自立経営はまだ先だが「6次化を目指し伊達の魅力を高めたい」「伊達の特産品といえばイチゴと言われるようにしたい」と意気込んでいる。

 有珠山を仰ぎ見る4月下旬の東関内町。まだ冷たい風が吹き付けるが、立ち並ぶビニールハウスの中は暖かく、一足早い春を感じさせた。高設栽培する夏イチゴの苗の定植が一段落。森苑絵さん(33)と小笠原典之さん(30)の2人は「これから全部一人でやっていかねばならない。最初から最後まで自分だけで栽培するのは初めての経験。まさに力試しです」。

 森さんは後志管内余市町出身。野菜ソムリエの資格を取得するほど食に興味があり、夫の転勤を機に伊達の農業に興味を持った。小笠原さんは伊達市出身。室蘭工大で化学を学んだ。大阪のメーカー勤務当時、古里に戻りたいと思いを巡らせたとき、伊達のイチゴ栽培を知る。「新しいことに挑戦したい」とUターンを決めた。

 実習を始めてまもない昨年4月に暴風雨の被害を経験したが「実際に就農すれば自然相手に避けては通れないこと。先輩の対応を目の当たりにすることができて、良い経験ができた」と前向きに捉えている。2人とも飲み込みが早く実力を付け、前倒しでの独立が認められた。2人はそれぞれ市からハウスを3棟ずつ借りて、イチゴ栽培をスタートさせた。

 2人は就農を喜びつつ、「将来は法人化を目指したい。ファームレストランなどを視野に女性でも農業ができるというところをみせたい」(森さん)「自分のようにサラリーマンから就農する姿を見せて今後、農業を始める人の見本になりたい」(小笠原さん)と一人前になるまで努力を重ねるつもりだ。

関連記事

函館新聞

晩夏彩る湯の川温泉花火大会【函館】

 函館の晩夏を彩る「第53回湯の川温泉花火大会」(実行委主催)が18日に行われた。松倉川下流から1時間にわたって約3000発の花火が打ち上がり、訪れた5万1000人(主催者発表)を魅了した。 ...

函館新聞

はこだて国際科学祭、10回目の開幕【函館】

 「はこだて国際科学祭」(サイエンス・サポート函館主催、函館新聞社など後援)が18日、五稜郭タワーをメイン会場に開幕した。10回目の節目となる今回は「『環境』から函館のしあわせを考える。」が...

根室新聞

25日から松浦武四郎 管内巡回パネル展【根室】

 根室振興局は25日から、北海道150年事業の「松浦武四郎 根室管内巡回パネル展」を管内1市4町で展開する。武四郎が江戸時代に訪れた管内の様子や業績をパネルで紹介するほか、「東西蝦夷山川地理取調図」(...

日高報知新聞

華やかな義経行列など【平取】

【平取】平安時代の武将「源義経」をまつる町内本町の義経神社(楡田美浩宮司)の例大祭に合わせ14~15の両日、本町地区で「義経ふるさと祭」が開かれた。義経神社祭典実行委員会と義経ふるさと祭実行委員会の主...

日高報知新聞

40年ぶりに会場灯台点灯【えりも】

【えりも】えりもの夏を彩る「第45回えりもの灯台まつり」(実行委主催)が14~16日、本町の灯台公園とえりも港を会場に開かれ、あいにくの雨天模様にかわらず町民やお盆で帰省中の家族連れなど2万1000人が...