北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

夢のイチゴ農家に、研修生2人が1年早く独立【伊達】

イチゴ農家として独立を果たした(左から)森さん、小笠原さん

 新規就農を目指して、昨年4月から伊達市農業担い手育成センターで実習していた農業研修生のうちイチゴの栽培技術を学んでいた男女2人が、2年かかるところを1年前倒しで4月に独立した。自立経営はまだ先だが「6次化を目指し伊達の魅力を高めたい」「伊達の特産品といえばイチゴと言われるようにしたい」と意気込んでいる。

 有珠山を仰ぎ見る4月下旬の東関内町。まだ冷たい風が吹き付けるが、立ち並ぶビニールハウスの中は暖かく、一足早い春を感じさせた。高設栽培する夏イチゴの苗の定植が一段落。森苑絵さん(33)と小笠原典之さん(30)の2人は「これから全部一人でやっていかねばならない。最初から最後まで自分だけで栽培するのは初めての経験。まさに力試しです」。

 森さんは後志管内余市町出身。野菜ソムリエの資格を取得するほど食に興味があり、夫の転勤を機に伊達の農業に興味を持った。小笠原さんは伊達市出身。室蘭工大で化学を学んだ。大阪のメーカー勤務当時、古里に戻りたいと思いを巡らせたとき、伊達のイチゴ栽培を知る。「新しいことに挑戦したい」とUターンを決めた。

 実習を始めてまもない昨年4月に暴風雨の被害を経験したが「実際に就農すれば自然相手に避けては通れないこと。先輩の対応を目の当たりにすることができて、良い経験ができた」と前向きに捉えている。2人とも飲み込みが早く実力を付け、前倒しでの独立が認められた。2人はそれぞれ市からハウスを3棟ずつ借りて、イチゴ栽培をスタートさせた。

 2人は就農を喜びつつ、「将来は法人化を目指したい。ファームレストランなどを視野に女性でも農業ができるというところをみせたい」(森さん)「自分のようにサラリーマンから就農する姿を見せて今後、農業を始める人の見本になりたい」(小笠原さん)と一人前になるまで努力を重ねるつもりだ。

関連記事

函館新聞

いさ鉄まもなく開業3周年 函館駅などで記念イベント【函館】

 道南いさりび鉄道(小上一郎社長)が開業3年を迎える。北海道新幹線とともに2016年3月26日、五稜郭―木古内間(37・8キロ)で開業。「いさ鉄」の愛称で親しまれ、沿線住民の足としてだけでなく...

函館新聞

8歳で英検準1級合格 附属小の小笠原君【函館】

 道教育大附属函館小学校3年の小笠原煌(こう)君が、8歳で実用英語技能検定(英検)の準1級に合格した。大学中級程度の英語力が求められ、8歳での合格は全国的も珍しいという。煌君は「達成感でいっぱい...

苫小牧民報

さよなら地球体験館 100人駆け付け閉館惜しむ-むかわ

 昨年9月の胆振東部地震で被災して今月末で閉館が決まったむかわ町穂別の「地球体験館」の最後のイベントが21日にあった。町内外から約100人が訪れて27年にわたって親しまれた施設に感謝と別れを告げ...

日高報知新聞

237人の特例申請が無効に【浦河】

 浦河町ふるさと納税への寄付者が確定申告が不要となる「ワンストップ特例制度」の町側事務処理ミスで、5946人分の申請データが未処理だった問題で、町は22日、臨時記者会見を開き、1都2県の237人の特...

日高報知新聞

珍しい〝暖〟ボールアート【様似】

【様似】札幌在住の桑折廣幸さん(68)のダンボールをキャンバスに制作した絵画展示「ひろ・くわおり〝暖”ボールアート 北の浮世絵展」が、町中央公民館ギャラリー21で始まり、入館者の目を引いている。31日まで...