北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

フレーム切手を限定販売・トロッコ王国開国20周年記念【美深】

トロッコ王国美深開国20周年を記念したフレーム切手=右=、小型印=左=

 日本郵便㈱北海道支社(西澤茂樹支社長)は、トロッコ王国美深開国20周年を記念し、同施設の風景などをデザインしたオリジナルフレーム切手を作製。1000シートの限定販売を行っている。

 トロッコ王国美深は、美深町を代表する観光名所の一つ。廃止された旧国鉄・美幸線(美深~仁宇布間21・2キロ)の一部を利用し、1998年7月からエンジン付きトロッコの運行を開始。今年7月で開国20周年を迎える。

 同社北海道支社では、トロッコ王国美深の魅力発信、さらなる周知に向け、フレーム切手を作製。1シート(82円切手10枚)1300円。1000シートのみの限定品でトロッコ王国美深、美深町、名寄市、士別市、和寒町、剣淵町、幌加内町、下川町、中川町、音威子府村の全郵便局および札幌中央、北海道庁赤れんが前、札幌駅パセオ、札幌大通、札幌大通公園前、札幌中央市場前、千歳郵便局新千歳空港内分室、小樽堺町の各郵便局で販売している。郵便局のネットショップでも取り扱っており、販売価格の他に郵送料などが加算される。

 さらに、フレーム切手の作製に併せ、トロッコに乗った美深町イメージキャラクター「美深(びふか)くんと美深(みみ)ちゃん」がデザインされた小型印も作製。美深郵便局郵便窓口で押印対応を行う。使用期間は、12月28日まで(平日午前9時~午後5時)。その郵便局でしか押してもらえない消印を集める「郵頼(ゆうらい)」の申し込みも受け付けている。

関連記事

苫小牧民報

142年ぶりご神像公開 平取・義経神社奉納220年記念

 源義経の渡来伝説を持つ平取町本町の義経神社(楡田美浩宮司)で21日、義経公の神像奉納220年記念の神事が執り行われ、142年ぶりにご神像が一般公開された。  義経公のご神像は木製で高さ40セ...

日高報知新聞

桜並木の樹勢回復に【新ひだか】

【新ひだか】地方創生税制(企業版ふるさと納税)の対象事業となっている二十間道路桜並木樹勢回復事業に、札幌市の宅地建物取引業「河村ビル開発」から寄付の申し出があり、19日に代表取締役の河村有泰さんが大...

日高報知新聞

9月から外来診療休診へ【浦河】

 浦河赤十字病院(浦河町東町ちのみ1、武岡哲良院長)は、9月1日から精神神経科の外来診療を休診する。これまで東京大学から出張医1人が月3日間の診療に当たってきたが、主として派遣していた医師の都合に...

十勝毎日新聞

「市場まつり」5年ぶり復活 十勝の台所が地域還元【帯広】

 帯広地方卸売市場(帯広市西21北1、高橋正行社長)で8月26日、「市場まつり」が5年ぶりに開かれる。毎回約1万人の来場者を集めた人気イベントの復活となる。復活記念として「特製海鮮丼」を数量限定で...

十勝毎日新聞

リスザル舎の壁面に大自然 越後谷さんアート制作 おびひろ動物園【帯広】

 スプレーアーティストの越後谷勇樹さん(35)=足寄町=が20日、おびひろ動物園(柚原和敏園長)のリスザル舎の壁にスプレーアートを完成させた。1週間かけて制作し、大自然の風景を鮮やかに描いた。...