北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

厚真の佐藤さん、ハスカップ綿あめ個人展開 町内外のイベント出店

周文フェリーターミナルでハスカップ綿あめを販売する佐藤さん(右)

 厚真産ハスカップ果汁を使った「ハスカップ綿あめ」の製造販売を5月から厚真町観光協会前事務局長の佐藤照美さん(62)=町本郷=が始めた。これまでは町観光協会の事業として佐藤さんが中心となり製造販売してきたが、3月の退任を機に個人で展開することにした。佐藤さんは「綿あめを通じて厚真産ハスカップを多くの人に知ってもらえたら」と話している。

 4日夕、大型連休で混み合う町浜厚真の苫小牧港・東港周分フェリーターミナル。その一角に袋とカップに入った薄ピンク色の綿あめが並んだ。「厚真町特産のハスカップを使いました」と佐藤さんの声が響く。その声に誘われてきた人たちにハスカップの試食を勧めていた。

 初めてハスカップを口にしたという愛知県一宮市の公務員、横井健一さん(43)は「見た目はブドウみたいだが、酸っぱくておいしい」と話し、「フェリーでゆっくりと食べます」と綿あめを買っていった。佐藤さんは「ハスカップを知らない人も多いので、試食で味を知ってもらった上で綿あめを勧めるんです」と笑った。

 ハスカップ綿あめは、作付面積日本一を誇る厚真産のハスカップを手ごろな値段で子供から大人までの幅広い層に知ってもらおうと、当時観光協会の事務局長だった佐藤さんが開発。ザラメ糖にハスカップ果汁を混ぜて作る。「果汁の量が多いと綿がべたべたになり、少ないとハスカップの風味が出なかった」。

 試行錯誤を重ねて完成させ、2017年1月のあつま国際雪上3本引き大会で初販売したところ、用意した120袋が完売した。その後も、あつま田舎まつりなどにも出店。昨年度は3997個を売り、人気を博した。

 個人で事業をしていくのに当たり、綿菓子機2台をそろえた。今後、店名をハスカップシュガーと名付けて、町内外のイベントに出店していく。27日に千歳市の陸上自衛隊東千歳駐屯地の記念行事、6月のあつま田舎まつりで販売することが決まっている。ハスカップ綿あめは、500ミリリットルのカップ入りが300円、袋入りが400円(ともに税込み)。佐藤さんは「厚真産ハスカップの認知度が上がってほしい」と期待している。

関連記事

根室新聞

花咲線の利用促進に向け 行動計画策定へ【根室】

 JR花咲線の沿線自治体で構成する根室本線花咲線対策沿線地域連絡協議会(会長・石垣雅敏根室市長)の会合が15日、根室市総合文化会館で開かれた。会議は非公開で行われ、JR花咲線の利用促進に向けたア...

根室新聞

中標津空港 乗降客数2年連続の20万人ならず【根室】

 根室管内の空の玄関口、根室中標津空港は、昨年一年間の乗降客数が、前年より22パーセント減って19万7,000人台にとどまり、2年連続の20万人には届かなかった。千歳便はほぼ前年並みの11万人台に乗ったが、...

日高報知新聞

渡部智佳子さんが3部門1位【えりも】

【えりも】自家製の漬物の味を競う「第55回つけものコンクール」が14日、町福祉センターで開かれ、町内女性が出品した漬物で自慢の味を競いあった。町女性団体連絡協議会(川﨑尚子会長)が主催し、町教委が後援...

日高報知新聞

20歳の節目に決意新た【浦河】

 14日は「成人の日」。これを前にした13日、日高管内7町で成人式が開かれた。会場では真新しいスーツや羽織・袴、華やかな振り袖姿に着飾った若者たちが、旧友との再会を喜び合うとともに20歳の門出に決意を...

苫小牧民報

肝炎ウイルス、ぜひ検査を 苫小牧出身・SHOKICHIさんが道知事を表敬..

 EXILEのメンバーで、苫小牧出身のSHOKICHIさん(33)が15日、道庁の高橋はるみ知事を表敬訪問し、厚生労働省の肝炎総合対策推進国民運動「知って、肝炎プロジェクト」をアピールした。 ...