北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

資源ごみ回収奉仕10年 がん乗り越え 高道さん【幕別】

 幕別町札内中央町の高道時夫さん(88)は毎週火曜日、リヤカーで資源ごみを回収し、居住している中央町第3公区の収集所に運ぶ奉仕活動を10年以上続けている。3年前には食道がんの手術などで1年ほど休んだが、翌年には再開。周囲から「リヤカーおじさん」と呼ばれる高道さんは「今までやってきたから、まだやめるわけにはいかないよ」とボランティアに汗を流している。

リヤカーでの資源ごみ回収に長年取り組む高道さん

 高道さんは芽室町出身。札内郵便局に勤め始めた24歳の時に札内に移り住んだ。同局では臨時職員時代も含めて70歳まで働いた。

 高道さんによると、資源ごみを回収し業者で換金してもらう取り組みは以前、同公区子ども会が行っていた。ただ、少子化の影響などで40年ほど前にはその活動は終了していたという。

 当時の活動を手伝っていた高道さんが「公区の財源になるなら」とリヤカーでの回収を自主的に開始。毎週火曜は午前7時半ごろから1時間ほど公区内のごみステーションを回り、資源ごみを公区のごみ収集所へ運ぶ。すぐに荷台がいっぱいになるため、数回往復する重労働だ。

 プルタブの付いた缶は自宅に持ち帰り、プルタブを取り除いて収集所に戻す。集めたプルタブは車椅子寄贈の取り組み活動に寄付している。

 冬期間はリヤカーが動かせないため、自宅周辺のみの回収だが、活動自体はほとんど休まない。ただ、2015年は夏に早期の食道がんが見つかり、手術を受けた。その後も検査などが続き、1年ほど活動できなかったが翌年には復活。16年からは知人から譲り受けたさらに大きなリヤカーで動き回っている。

 昨年度は町の協力交付金も含めて8万円ほどを公区が受け取り、ほとんどが高道さんの功績だった。高道さんは「年だから足腰も痛い。でも『ありがとう』とか『おつかれさまです』と声を掛けてもらうたびに、また頑張ろうと思える」と意欲は衰えない。

 軍手をはめ、重いリヤカーを黙々と引っ張る姿に、4月から同公区の公区長を務める和田陽介さん(60)は「これまで1人で行動してきたと知って驚いた。非常に素晴らしい活動で言葉にならない」と感謝している。

関連記事

苫小牧民報

健康経営の認定取得へ 苫小牧商工会議所

 苫小牧商工会議所(宮本知治会頭)は、従業員などの健康管理を経営目線で実践する「健康経営」に取り組む。近く事業を所管する経済産業省に申請し、正式な認定取得を目指す。手続きを支援する東京海上日動苫...

十勝毎日新聞

来年10月に運賃値上げ JR北が経営改善策【札幌】

 JR北海道の路線見直し問題について議論するJRと国、道、道市長会、道町村会、JR貨物による6者協議が20日午前、道庁で開かれた。JR北海道の島田修社長は経営改善の取り組みの一環として、来年10...

十勝毎日新聞

健やかな成長願い 七五三【十勝】

 「七五三」のシーズンを迎え、十勝管内の神社には多くの家族連れが参拝に訪れている。  「七五三詣」は、数え年で男児は3、5歳、女児は3、7歳に神社にお参りし、健やかな成長を祈る儀式。今年は20...

十勝毎日新聞

イオン帯広店リニューアル検討 青柳新社長【帯広】

 イオン北海道(本社札幌)の青柳英樹社長(57)は19日、イオン帯広店(西4南20)について「今年度は無理だが、そう遠くない時期に店舗をリニューアルをしたい」との見解を示した。また、「次の10年...

函館新聞

旧相馬家住宅 国の重文に 笹浪家米蔵・文庫蔵を追加【函館 上ノ国】

【函館、上ノ国】国の文化審議会(佐藤信会長)は19日、重要文化財(重文)として、函館市元町33の旧相馬家住宅2棟(主屋、土蔵)を新規指定、上ノ国町上ノ国の重文「旧笹浪家住宅」に付属の米蔵...