北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

資源ごみ回収奉仕10年 がん乗り越え 高道さん【幕別】

 幕別町札内中央町の高道時夫さん(88)は毎週火曜日、リヤカーで資源ごみを回収し、居住している中央町第3公区の収集所に運ぶ奉仕活動を10年以上続けている。3年前には食道がんの手術などで1年ほど休んだが、翌年には再開。周囲から「リヤカーおじさん」と呼ばれる高道さんは「今までやってきたから、まだやめるわけにはいかないよ」とボランティアに汗を流している。

リヤカーでの資源ごみ回収に長年取り組む高道さん

 高道さんは芽室町出身。札内郵便局に勤め始めた24歳の時に札内に移り住んだ。同局では臨時職員時代も含めて70歳まで働いた。

 高道さんによると、資源ごみを回収し業者で換金してもらう取り組みは以前、同公区子ども会が行っていた。ただ、少子化の影響などで40年ほど前にはその活動は終了していたという。

 当時の活動を手伝っていた高道さんが「公区の財源になるなら」とリヤカーでの回収を自主的に開始。毎週火曜は午前7時半ごろから1時間ほど公区内のごみステーションを回り、資源ごみを公区のごみ収集所へ運ぶ。すぐに荷台がいっぱいになるため、数回往復する重労働だ。

 プルタブの付いた缶は自宅に持ち帰り、プルタブを取り除いて収集所に戻す。集めたプルタブは車椅子寄贈の取り組み活動に寄付している。

 冬期間はリヤカーが動かせないため、自宅周辺のみの回収だが、活動自体はほとんど休まない。ただ、2015年は夏に早期の食道がんが見つかり、手術を受けた。その後も検査などが続き、1年ほど活動できなかったが翌年には復活。16年からは知人から譲り受けたさらに大きなリヤカーで動き回っている。

 昨年度は町の協力交付金も含めて8万円ほどを公区が受け取り、ほとんどが高道さんの功績だった。高道さんは「年だから足腰も痛い。でも『ありがとう』とか『おつかれさまです』と声を掛けてもらうたびに、また頑張ろうと思える」と意欲は衰えない。

 軍手をはめ、重いリヤカーを黙々と引っ張る姿に、4月から同公区の公区長を務める和田陽介さん(60)は「これまで1人で行動してきたと知って驚いた。非常に素晴らしい活動で言葉にならない」と感謝している。

関連記事

室蘭民報

徘徊の夫捜索にご近所さんの温かさに感謝【室蘭】

 「主人が助かったのは、周りの方のおかげ。本当にありがたいです」。室蘭市港北町に住む佐藤友子さん(68)は感謝する。友子さんのご主人、薫さん(81)が徘徊(はいかい)してまち中で動けなくなった...

室蘭民報

国体IH道代表に新日鉄住金から2人【室蘭】

 第74回国体冬季大会のアイスホッケー競技(30日から釧路市)の北海道代表に、新日鉄住金室蘭アイスホッケー部の村上亮(27)=日鉄住金テックスエンジ(左)、横山恭也(24)=幌清=が選ばれた。...

室蘭民報

マリンパークでオオアナコンダ脱皮殻のお守りで合格祈願【登別】

 登別マリンパークニクス(登別市登別東町、須川英治支配人)は、知恵の象徴とされる動物のヘビにかけて、飼育するオオアナコンダの脱皮殻で作った合格祈願のお守りを販売している。種類はカードサイズラミ...

室蘭民報

道南バスが4月に市内西部中心に39便減便方針【苫小牧】

 苫小牧市公共交通協議会(会長・下多村光弘苫小牧高専教授)が22日、市役所で開かれ、市内で路線バスを運行する道南バスは4月1日のダイヤ改正で西部地域を中心とした12路線、39便を減便する方針を...

室蘭民報

登別・青葉小児童がタラコのパック詰め体験【白老】

 登別市青葉小学校(工藤信司校長)の4年生49人が22日、白老町虎杖浜の竹丸渋谷水産(渋谷敏幸代表取締役)を訪れ、タラコのパック詰めを体験した。  総合学習「もっと知りたい北海道」の一環。子...