北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

資源ごみ回収奉仕10年 がん乗り越え 高道さん【幕別】

 幕別町札内中央町の高道時夫さん(88)は毎週火曜日、リヤカーで資源ごみを回収し、居住している中央町第3公区の収集所に運ぶ奉仕活動を10年以上続けている。3年前には食道がんの手術などで1年ほど休んだが、翌年には再開。周囲から「リヤカーおじさん」と呼ばれる高道さんは「今までやってきたから、まだやめるわけにはいかないよ」とボランティアに汗を流している。

リヤカーでの資源ごみ回収に長年取り組む高道さん

 高道さんは芽室町出身。札内郵便局に勤め始めた24歳の時に札内に移り住んだ。同局では臨時職員時代も含めて70歳まで働いた。

 高道さんによると、資源ごみを回収し業者で換金してもらう取り組みは以前、同公区子ども会が行っていた。ただ、少子化の影響などで40年ほど前にはその活動は終了していたという。

 当時の活動を手伝っていた高道さんが「公区の財源になるなら」とリヤカーでの回収を自主的に開始。毎週火曜は午前7時半ごろから1時間ほど公区内のごみステーションを回り、資源ごみを公区のごみ収集所へ運ぶ。すぐに荷台がいっぱいになるため、数回往復する重労働だ。

 プルタブの付いた缶は自宅に持ち帰り、プルタブを取り除いて収集所に戻す。集めたプルタブは車椅子寄贈の取り組み活動に寄付している。

 冬期間はリヤカーが動かせないため、自宅周辺のみの回収だが、活動自体はほとんど休まない。ただ、2015年は夏に早期の食道がんが見つかり、手術を受けた。その後も検査などが続き、1年ほど活動できなかったが翌年には復活。16年からは知人から譲り受けたさらに大きなリヤカーで動き回っている。

 昨年度は町の協力交付金も含めて8万円ほどを公区が受け取り、ほとんどが高道さんの功績だった。高道さんは「年だから足腰も痛い。でも『ありがとう』とか『おつかれさまです』と声を掛けてもらうたびに、また頑張ろうと思える」と意欲は衰えない。

 軍手をはめ、重いリヤカーを黙々と引っ張る姿に、4月から同公区の公区長を務める和田陽介さん(60)は「これまで1人で行動してきたと知って驚いた。非常に素晴らしい活動で言葉にならない」と感謝している。

関連記事

函館新聞

福島・岩部海岸クルーズが高評価 町民向けモニター乗船好調【福島】

 【福島】福島町まちづくり工房(代表理事・高木寿副町長)が町民対象に実施している「岩部海岸クルーズ」のモニター乗船が好評だ。利用者アンケートもほとんどが「非常に満足した」というもので、同法人は来...

函館新聞

蔦屋書店でGLAYの衣装展示 5年前の野外ライブで着用【函館】

 25、26日に緑の島(函館市大町)で開催される函館出身のロックバンド「GLAY」の野外ライブを記念し、函館蔦屋書店(石川町)は20日から、同店2階の大型モニター前にメンバー4人の衣装を展示して...

室蘭民報

野球教室でシャークスナインが小学生に技術指導【室蘭】

 小学生を対象にした室蘭シャークスの野球教室が19日、室蘭市の新日鉄住金球場で行われ、子どもたちが基礎技術を学び、シャークスナインと交流した。  教室には少年団8チームから100人が参加。シ...

室蘭民報

「宮古市民号」の第1陣が到着、夜景や観光満喫【室蘭】

 宮蘭フェリー就航を記念した岩手県宮古市の本年度事業「宮古市民号」の第1陣が20日夜、室蘭港に到着した。同市の委託事業で旅行会社3社が10月末までに各1回、冠の付いたツアーを計画している。下船...

室蘭民報

太陽を囲む虹のリング…「日暈」を観測【室蘭地方】

 20日午後1時ごろ、太陽を虹の輪が囲む「日暈(ひがさ)」と呼ばれる現象が室蘭地方で見られた。  室蘭地方気象台によると、太陽の光が空気中の氷の粒によって屈折し輝いて見える現象。この日の室蘭...