北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

多国語で町の魅力発信・北大留学生と連携【下川】

下川の暮らしを体験した多国籍留学生たち

 多国籍留学生が下川町でさまざまな体験を通じ、その魅力を多国語で世界へ発信する「創生パートナーズ下川」が始動。全3回のうち第1弾が、3日から5日まで町内で行われ、英語・中国語・タイ語圏の留学生3人が滞在し、町の魅力を探った。

 昨春から町内では、町の特産品販路拡大と観光客誘致のインバウンド(来町外国人による消費)展開へ向け、NPO法人しもかわ観光協会、町産業活性化支援機構タウンプロモーション推進部、東京都内の専門企業バウンレス(デニス・チア代表)と業務提携し、多国籍留学生チーム(4カ国5人)による滞在型調査を実施。言語圏ごとで魅力と感じる内容を探った。

 今回はそれらの調査結果を踏まえ、北海道大学の協力も得て、具体的な情報発信へ取り組んでいる。昨年は10日間で一度に町内を訪れたが、今回は3回に分けて継続的に訪れながら、その都度情報を発信する。

 3日から訪れた留学生は、北海道大学4年のアメリカ人、チャオ・ピン・ライさん(22)=英語圏担当=と、同大学2年のタイ人、クアサクンルンロート・チュンルディ(通称・キム)さん(20)=タイ語圏担当。中国語圏担当留学生は次回からの来町となり、今回はデニス代表で担った。

 町内市街地の宿泊施設に滞在し、トドマツの精油抽出、山菜取り、森林散策、箸作りなどを体験。町内の飲食店も巡った。3日間で得た経験は、それぞれの言語圏のメディア(ネット)で発信されている。

 今後、7月と9月にもプロジェクトを予定し、7月には北大の学生も授業で訪れ、多人数の訪問で地元住民と交流を深める。観光協会の高松峰成事務局長は「学生が町へ持つイメージや感想を知る機会にし、観光へ生かしたい」と期待を寄せる。

関連記事

根室新聞

税収30億円に赤信号 収納率は最高水準で健闘【根室】

 自主財源の大宗を占める市税だが、根室市の平成30年度の市税調定額が30億円を割り込みそうだ。1月末現在の調定額は29億4,430万円で、前年同期比1億4,700万円減と大幅に落ち込んでいる。一方、収納率は8493...

苫小牧民報

道産PRイベントで最高賞獲得「うれしい」 安平・夢民舎のクリームチーズは..

 安平町早来大町のチーズ工房「夢民舎」(宮本正典社長)の「クリームチーズはやきた」が、道産チーズのPRイベント「北海道地チーズ博2019」(ホクレン農業協同組合連合会主催)で、最高賞のグランプリ...

日高報知新聞

インカンテーションなど【浦河】

 浦河町西幌別のイーストスタッドで15日、種牡馬展示会が開かれ、浦河町産馬のインカンテーションなど2頭の新種牡馬や3頭の新入きゅう馬ほか、今シーズンに供用するけい養種牡馬を牧場関係者らに披露した。 ...

日高報知新聞

議員のなり手不足など【新ひだか】

【新ひだか】町議会による「議会報告会」が14日夜、地域交流センターピュアプラザで開かれ、参加者と議員のなり手不足などについて意見を交えた。  議会報告会は、議会活動や議会改革の取り組みについて町民...

十勝毎日新聞

犬まっしぐら 冬の「運動会」 ドッグ競技に全国愛犬家【中札内】

 犬ぞりなどのドッグスポーツが楽しめる催しが16日、バンブードッグフィールド(村東戸蔦東6線152ノ4)で始まった。小型犬の参加や無料観覧ができるイベントで、飼い主と愛犬が雪上で息の合ったレー...