北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

浜のゴミ拾いと稚魚放流 えりも町商工会青年部の活動

水路にサケ稚魚を放流する園児たち

【えりも】町商工会青年部(川﨑優慶部長)の事業として10日、町内幼稚園と保育所の園児がサケ遡上河川の歌別川口付近で浜辺に漂着したごみを拾い、えりも歌別さけ・ますふ化場でサケの稚魚を放流した。

 商工会青年部が育てる漁業の大切さを地元の子どもたちに幼児期から育んでもらおうと、日高管内さけ・ます増殖事業協会の協力を得て、平成25年から始めている社会貢献活動。

 この日は穏やかな天気に恵まれ、町立中央、えりも岬、庶野3保育所の年長児33人と、光の園幼稚園園児20人が参加。さらに商工会青年部員、町建設協会会員、町とえりも漁協職員に幼稚園児の保護者も加わった。

 川﨑部長が「ふ化場からサケの赤ちゃんを放流する前に川口をきれいにしてあげましょう」と園児らに呼び掛け、ごみ拾いを開始。漂着物の中から空き缶、ペットボトルなどを分別して拾い、1時間ほどで軽トラック2台が満杯状態になった。

 このあとバスで歌別のサケ・マスふ化場に移動。同増殖事業協会の清水勝専務が「今日放流する稚魚は1日ほどで海へ下ります。みなさんが小学校3、4年生のころに大きくなって帰ってきてくれるよう声を掛けて放流しましょう」と園児らに呼び掛けた。

 園児らは早速、水槽の中で元気に泳ぐサケ稚魚をコップに入れ、1万匹の稚魚を歌別川に通じる水路に「大きくなって帰ってきてね!」と声を掛けながら、グループごとに並んで放流した。

 中野壱迦ちゃん(庶野保育所・5歳)は「ごみを拾って浜をきれいにしたし、サケの赤ちゃんを放してあげて楽しかった」と笑顔で話していた。

 ふ化場の藤井洋樹場長は「昨年並みの700万匹が順調に育った。うち140万匹は回帰率を高めるため、東洋漁港内に1カ月ほど海中飼育する」と話していた。

関連記事

苫小牧民報

健康経営の認定取得へ 苫小牧商工会議所

 苫小牧商工会議所(宮本知治会頭)は、従業員などの健康管理を経営目線で実践する「健康経営」に取り組む。近く事業を所管する経済産業省に申請し、正式な認定取得を目指す。手続きを支援する東京海上日動苫...

十勝毎日新聞

来年10月に運賃値上げ JR北が経営改善策【札幌】

 JR北海道の路線見直し問題について議論するJRと国、道、道市長会、道町村会、JR貨物による6者協議が20日午前、道庁で開かれた。JR北海道の島田修社長は経営改善の取り組みの一環として、来年10...

十勝毎日新聞

健やかな成長願い 七五三【十勝】

 「七五三」のシーズンを迎え、十勝管内の神社には多くの家族連れが参拝に訪れている。  「七五三詣」は、数え年で男児は3、5歳、女児は3、7歳に神社にお参りし、健やかな成長を祈る儀式。今年は20...

十勝毎日新聞

イオン帯広店リニューアル検討 青柳新社長【帯広】

 イオン北海道(本社札幌)の青柳英樹社長(57)は19日、イオン帯広店(西4南20)について「今年度は無理だが、そう遠くない時期に店舗をリニューアルをしたい」との見解を示した。また、「次の10年...

函館新聞

旧相馬家住宅 国の重文に 笹浪家米蔵・文庫蔵を追加【函館 上ノ国】

【函館、上ノ国】国の文化審議会(佐藤信会長)は19日、重要文化財(重文)として、函館市元町33の旧相馬家住宅2棟(主屋、土蔵)を新規指定、上ノ国町上ノ国の重文「旧笹浪家住宅」に付属の米蔵...