北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

浜のゴミ拾いと稚魚放流 えりも町商工会青年部の活動

水路にサケ稚魚を放流する園児たち

【えりも】町商工会青年部(川﨑優慶部長)の事業として10日、町内幼稚園と保育所の園児がサケ遡上河川の歌別川口付近で浜辺に漂着したごみを拾い、えりも歌別さけ・ますふ化場でサケの稚魚を放流した。

 商工会青年部が育てる漁業の大切さを地元の子どもたちに幼児期から育んでもらおうと、日高管内さけ・ます増殖事業協会の協力を得て、平成25年から始めている社会貢献活動。

 この日は穏やかな天気に恵まれ、町立中央、えりも岬、庶野3保育所の年長児33人と、光の園幼稚園園児20人が参加。さらに商工会青年部員、町建設協会会員、町とえりも漁協職員に幼稚園児の保護者も加わった。

 川﨑部長が「ふ化場からサケの赤ちゃんを放流する前に川口をきれいにしてあげましょう」と園児らに呼び掛け、ごみ拾いを開始。漂着物の中から空き缶、ペットボトルなどを分別して拾い、1時間ほどで軽トラック2台が満杯状態になった。

 このあとバスで歌別のサケ・マスふ化場に移動。同増殖事業協会の清水勝専務が「今日放流する稚魚は1日ほどで海へ下ります。みなさんが小学校3、4年生のころに大きくなって帰ってきてくれるよう声を掛けて放流しましょう」と園児らに呼び掛けた。

 園児らは早速、水槽の中で元気に泳ぐサケ稚魚をコップに入れ、1万匹の稚魚を歌別川に通じる水路に「大きくなって帰ってきてね!」と声を掛けながら、グループごとに並んで放流した。

 中野壱迦ちゃん(庶野保育所・5歳)は「ごみを拾って浜をきれいにしたし、サケの赤ちゃんを放してあげて楽しかった」と笑顔で話していた。

 ふ化場の藤井洋樹場長は「昨年並みの700万匹が順調に育った。うち140万匹は回帰率を高めるため、東洋漁港内に1カ月ほど海中飼育する」と話していた。

関連記事

日高報知新聞

企業版納税第1号【様似】

【様似】本年度から企業版ふるさと納税(地方創生応援税制)を導入した町へ、東邦オリビン工業(本社・東京、横見実社長)から20万円の寄付があり、22日、坂下町長から役場を訪問した横見社長に感謝状が贈られた...

日高報知新聞

装備品展示や指紋採取【浦河】

 浦河警察署(岡崎健一署長)で23日夕方、署長室の開放や機動隊の高性能救助車展示、指紋の採取体験など警察の活動について紹介するショートタイムフェスタを駐車場と庁舎内で開き、子どもから高齢者まで約30...

苫小牧民報

樽前荘廃止の動きに心配の声 愛好者ら行方注視

 苫小牧市が、支笏湖畔のモラップ=千歳市=で運営する休憩・宿泊施設「モーラップ樽前荘」の廃止に向けた検討に入ったことで、施設を愛する全国のファンに心配の声が広がっている。今年で66年の歴史を重ね...

苫小牧民報

舞鶴遊水地にヨシ植栽 タンチョウ営巣へ整備-長沼町

 札幌開発建設部千歳川河川事務所=千歳市住吉=は24日、タンチョウの営巣環境整備を進める空知管内長沼町の舞鶴遊水地で巣の材料となるヨシの植栽作業を実施した。専門家によると早ければ来春にも巣作りが...

十勝毎日新聞

ロケット不具合対策完了 IST【大樹】

 ロケット開発ベンチャーのインターステラテクノロジズ(大樹、IST、稲川貴大社長)は24日、町浜大樹の実験場で、観測ロケットMOMO2号機の打ち上げリハーサルを成功させ、前回延期の原因となった不...