北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

浜のゴミ拾いと稚魚放流 えりも町商工会青年部の活動

水路にサケ稚魚を放流する園児たち

【えりも】町商工会青年部(川﨑優慶部長)の事業として10日、町内幼稚園と保育所の園児がサケ遡上河川の歌別川口付近で浜辺に漂着したごみを拾い、えりも歌別さけ・ますふ化場でサケの稚魚を放流した。

 商工会青年部が育てる漁業の大切さを地元の子どもたちに幼児期から育んでもらおうと、日高管内さけ・ます増殖事業協会の協力を得て、平成25年から始めている社会貢献活動。

 この日は穏やかな天気に恵まれ、町立中央、えりも岬、庶野3保育所の年長児33人と、光の園幼稚園園児20人が参加。さらに商工会青年部員、町建設協会会員、町とえりも漁協職員に幼稚園児の保護者も加わった。

 川﨑部長が「ふ化場からサケの赤ちゃんを放流する前に川口をきれいにしてあげましょう」と園児らに呼び掛け、ごみ拾いを開始。漂着物の中から空き缶、ペットボトルなどを分別して拾い、1時間ほどで軽トラック2台が満杯状態になった。

 このあとバスで歌別のサケ・マスふ化場に移動。同増殖事業協会の清水勝専務が「今日放流する稚魚は1日ほどで海へ下ります。みなさんが小学校3、4年生のころに大きくなって帰ってきてくれるよう声を掛けて放流しましょう」と園児らに呼び掛けた。

 園児らは早速、水槽の中で元気に泳ぐサケ稚魚をコップに入れ、1万匹の稚魚を歌別川に通じる水路に「大きくなって帰ってきてね!」と声を掛けながら、グループごとに並んで放流した。

 中野壱迦ちゃん(庶野保育所・5歳)は「ごみを拾って浜をきれいにしたし、サケの赤ちゃんを放してあげて楽しかった」と笑顔で話していた。

 ふ化場の藤井洋樹場長は「昨年並みの700万匹が順調に育った。うち140万匹は回帰率を高めるため、東洋漁港内に1カ月ほど海中飼育する」と話していた。

関連記事

函館新聞

いさ鉄まもなく開業3周年 函館駅などで記念イベント【函館】

 道南いさりび鉄道(小上一郎社長)が開業3年を迎える。北海道新幹線とともに2016年3月26日、五稜郭―木古内間(37・8キロ)で開業。「いさ鉄」の愛称で親しまれ、沿線住民の足としてだけでなく...

函館新聞

8歳で英検準1級合格 附属小の小笠原君【函館】

 道教育大附属函館小学校3年の小笠原煌(こう)君が、8歳で実用英語技能検定(英検)の準1級に合格した。大学中級程度の英語力が求められ、8歳での合格は全国的も珍しいという。煌君は「達成感でいっぱい...

苫小牧民報

さよなら地球体験館 100人駆け付け閉館惜しむ-むかわ

 昨年9月の胆振東部地震で被災して今月末で閉館が決まったむかわ町穂別の「地球体験館」の最後のイベントが21日にあった。町内外から約100人が訪れて27年にわたって親しまれた施設に感謝と別れを告げ...

日高報知新聞

237人の特例申請が無効に【浦河】

 浦河町ふるさと納税への寄付者が確定申告が不要となる「ワンストップ特例制度」の町側事務処理ミスで、5946人分の申請データが未処理だった問題で、町は22日、臨時記者会見を開き、1都2県の237人の特...

日高報知新聞

珍しい〝暖〟ボールアート【様似】

【様似】札幌在住の桑折廣幸さん(68)のダンボールをキャンバスに制作した絵画展示「ひろ・くわおり〝暖”ボールアート 北の浮世絵展」が、町中央公民館ギャラリー21で始まり、入館者の目を引いている。31日まで...