北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

李首相、えこりん村視察 安倍首相と農業で意見交換

周囲に手を振る李克強首相(中央)=11日午後1時20分ごろ、えこりん村

 中国の李克強首相は11日、恵庭市牧場のテーマパーク・えこりん村を訪れた。訪日の締め括りに安倍晋三首相が主催する昼食会が開かれた他、ガーデンショップ「花の牧場」や「とまとの森」を視察した。李首相は同日、新千歳空港から帰国した。

 同村の飲食店「森のレストランTen―Man(天満)」で昼食会が非公開で開かれた。両首相をはじめ、高橋はるみ道知事、地元の原田裕恵庭市長らが同席。李首相の要望で寿司や魚介料理が振る舞われ、農業分野の話題を中心に意見を交わしたという。

 引き続き両首相は花の牧場や「とまとの森」を視察。花の牧場では同村スタッフや李首相の来訪に合わせて滞在を許可された在日中国人関係者らが熱く歓迎。「トマトの木の大きさ」世界一でギネス世界記録に認定されたとまとの森では、李首相はそのスケールに驚いていたという。

 恵庭で両首相らと行動を共にした原田市長は「日中の両首相が恵庭に来て、庭園などを見ていただき光栄。天候も暖かくて最高だった」と喜び、「恵庭が日中の友好関係を深める一助になったとすれば素晴らしい」と話していた。

 同村で両首相を出迎えた庄司開作村長=アレフ常務=は「このような機会は初めて」と感激した面持ち。厳重な警護などに「驚かされた」と率直に振り返りつつ、スタッフ総出で「おもてなしの心遣い」を心掛け「自分たちの目線、レベルも高める機会になった」と話していた。

 とまとの森担当の髙橋克拓さん(42)は「収穫量を李首相に説明すると驚いた感じだった」と話し、「トマトの生命力の素晴らしさを伝えることができた。『こんなトマトがあるんだ』と中国にも広がるきっかけになれば」と期待していた。

関連記事

十勝毎日新聞

ひな鳥 いつも一緒 緑ケ丘公園にマガモ親子【帯広】

 帯広市内の緑ケ丘公園内の「十勝池」でマガモが子育てに励んでいる。6月末から人目に付く場所に姿を見せ、親鳥とひな鳥10羽の愛らしい様子が来園者を和ませている。  マガモは十勝で一年中見ること...

十勝毎日新聞

体験型アート「魔法の美術館」盛況 帯広美術館【帯広】

 道立帯広美術館で開催されている体験型の展覧会「魔法の美術館」の来場者数が伸びている。6月30日の開幕から14日までで4880人に上り、週末は1日に700~800人が訪れる盛況ぶり。デジタル技...

十勝毎日新聞

信金結婚相談所1年 会員300人突破、「寿退会」5組【帯広】

 帯広信用金庫(高橋常夫理事長)が運営する結婚相談所「おびしんキューピット」(西2南7、山崎真一所長)が、昨年6月の開設から1年が経過した。会員数は300人を突破する勢い。山崎所長は「予想より...

函館新聞

函館空港に「清正公」見参 江差・姥神祭をPR【函館】

   8月9~11日に江差町で開かれる道内最古の祭り「江差姥神大神宮渡御祭」を前に、町内を巡行する13台の山車(やま)の一つ「清正山」の人形が14日、函館空港国内線旅客ターミナルビル1階に登場した...

函館新聞

奇才ダリの世界へご案内 函館美術館で特別展開幕【函館】

 道立函館美術館の特別展「奇才・ダリ版画展 炸裂するシュルレアリスムの世界」が14日、同館で開幕した。イタリアの詩人、ダンテの叙事詩「神曲」の挿絵として描かれた100点を含む、版画215点、彫...