北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

稚児行列華やかに 東本願寺別院で花まつり【函館】

園児が稚児の衣装で寺院の周りを練り歩いた花まつり

釈迦の生誕を祝う「花まつり」が12日、函館市元町の東本願寺別院で開かれた。大谷短大付属幼稚園や眞宗寺保育園など市内近郊7つの仏教系幼稚園や保育園の年長園児が色鮮やかな稚児の衣装を着て同寺院の周りを1周し、本堂では法要も執り行われた。

 函館市仏教会(会長・鷲山宣裕萬年寺住職)の主催。稚児行列では、うららかな春の日差しの中を園児や教諭、保護者らが大きな行列を作り、同寺院の南門から出発。大三坂を経由し、沿道の声援も浴びながら寺院をぐるりと練り歩いた。

 本堂で執り行われた大灌仏法要では、市仏教会の住職らが、釈迦は2500年以上前の旧暦4月8日に誕生したことを話し、「一つ一つの命は皆尊いのだ」という釈迦の言葉を挙げながら、市民に手を取り合って生きていくことの大切さも説いた。

 法要の後半は、園児らが賛仏歌「こどもの花まつり」を大きな声で歌い上げ、それぞれの園から2人ずつの園児が代表し、釈迦の誕生時に9匹の龍が現れて甘い雨が降り注いだという伝説「甘露の法雨」に合わせて、花御堂(はなみどう)に置かれた釈迦の誕生仏にひしゃくで甘茶を注ぎ、手を合わせた。

 鷲山住職は「園児たちには、稚児の衣装を着て歩いたことをこれから先絶対に忘れないでほしい。一緒に参加してくれた保護者の方々にも感謝の気持ちでいっぱい」とあいさつ。

 大谷短大附属認定こども園の福藤輝良(きら)ちゃん(5)は「天気がよくてよかった。衣装を着て歩くのが楽しかった」と話していた。

関連記事

日高報知新聞

日高の馬の歴史・文化学ぶ【浦河】

 日高振興局主催の「馬文化出前教室」が18日、浦河町荻伏小(金澤覚校長、児童65人)で開かれ、4年生8人が日高の馬の歴史や産業について学んだ。  馬文化出前教室は、馬産地・日高の未来を担う管内の...

日高報知新聞

えりも中1年が植樹体験【えりも】

【えりも】えりも中(玉手広昭校長)の1年生46人が17日、えりも高(佐藤健校長)との連携型中高一貫の環境教育「百人浜に学ぶ」フィールド学習で、えりも岬百人浜の国有林に6種類の落葉広葉樹の苗木100...

苫小牧民報

ガイラルディア6連覇、悲願の日本一へ弾み 女子軟式野球・春季全道大会

 女子軟式野球チームの苫小牧ガイラルディアがこのほど、札幌市で開催された太陽グループ旗争奪第21回春季北海道女子軟式野球大会で優勝し、全道大会6連覇の偉業を達成した。8月の全国大会へ向け、大きな...

苫小牧民報

被災地厚真町を応援、ハスカップティー販売始まる エア・ドゥ、来月は機内サ..

 苫小牧市元中野町の「はすかっぷサービス」(大西育子代表)が製造しているハスカップティーが、AIRDO(エア・ドゥ)の機内販売商品に採用され、今月から全路線で販売が始まった。7月には機内ドリンク...

室蘭民報

岩手で制作された般若面が白老で発見、登別で展示中【登別】

 のぼりべつ文化交流館カント・レラ(登別市登別温泉町)で23日まで行われている造形のつどい展に、一風変わった作品が並んでいる。金剛力士像をほうふつさせるような、勇猛さがひしひしと伝わる木彫りの面...