北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

稚児行列華やかに 東本願寺別院で花まつり【函館】

園児が稚児の衣装で寺院の周りを練り歩いた花まつり

釈迦の生誕を祝う「花まつり」が12日、函館市元町の東本願寺別院で開かれた。大谷短大付属幼稚園や眞宗寺保育園など市内近郊7つの仏教系幼稚園や保育園の年長園児が色鮮やかな稚児の衣装を着て同寺院の周りを1周し、本堂では法要も執り行われた。

 函館市仏教会(会長・鷲山宣裕萬年寺住職)の主催。稚児行列では、うららかな春の日差しの中を園児や教諭、保護者らが大きな行列を作り、同寺院の南門から出発。大三坂を経由し、沿道の声援も浴びながら寺院をぐるりと練り歩いた。

 本堂で執り行われた大灌仏法要では、市仏教会の住職らが、釈迦は2500年以上前の旧暦4月8日に誕生したことを話し、「一つ一つの命は皆尊いのだ」という釈迦の言葉を挙げながら、市民に手を取り合って生きていくことの大切さも説いた。

 法要の後半は、園児らが賛仏歌「こどもの花まつり」を大きな声で歌い上げ、それぞれの園から2人ずつの園児が代表し、釈迦の誕生時に9匹の龍が現れて甘い雨が降り注いだという伝説「甘露の法雨」に合わせて、花御堂(はなみどう)に置かれた釈迦の誕生仏にひしゃくで甘茶を注ぎ、手を合わせた。

 鷲山住職は「園児たちには、稚児の衣装を着て歩いたことをこれから先絶対に忘れないでほしい。一緒に参加してくれた保護者の方々にも感謝の気持ちでいっぱい」とあいさつ。

 大谷短大附属認定こども園の福藤輝良(きら)ちゃん(5)は「天気がよくてよかった。衣装を着て歩くのが楽しかった」と話していた。

関連記事

十勝毎日新聞

路線バス国内客も乗り放題 2社がパス【十勝】

 十勝バス(帯広、野村文吾社長)と北海道拓殖バス(音更、中木雄三郎社長)は、昨年から十勝を訪れる外国人観光客向けに発売している「VISIT TOKACHI PASS」を、11月から日本人観光客向...

十勝毎日新聞

26、27日に「カレー」上映 見て「食べよう」【池田】

 池田町内の映画愛好家でつくる池田映画研究会(宮澤嘉裕会長、会員8人)は26、27の両日、町中心市街地にある交流スペース「Ponte(ポンテ)」(大通4)でドキュメンタリー映画「カレーライスを一...

十勝毎日新聞

水害きっかけ「いももっち」 まりも製薬【帯広】

 健康食品など製造販売の「まりも製薬」(帯広、河端ミカ社長)は、十勝産の「インカのめざめ」を使ったイモ団子「いももっち」2品を商品化し、販売している。袋のまま電子レンジで温めて食べられる。  ...

室蘭民報

刈田神社に輝く神輿、遠田さんが寄贈【登別】

 登別市の総鎮守・刈田神社(登別市中央町、大西昇宮司)の女神輿(みこし)が更新された。戦前から使われていた神輿だが、部品が破損するなど老朽化が顕著になってきたところ、市内の建設会社役員・遠...

室蘭民報

健康支えた音楽レク、総合福祉センター指定管理者の内池さん夫妻【室蘭】

 老朽化などを理由に10月末で廃止となる室蘭市総合福祉センター(天神町)。約12年間にわたり指定管理者を務めてきた各種介護事業を行うタカラサービス(白鳥台)の内池宝代表取締役会長(76)は「自...