北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

宮下製餡所 惜しまれ廃業 地域の菓子支え88年【帯広】

 帯広市内の老舗「宮下製餡所」(西1南4、宮下宜則社長)は、6月末での廃業を決めた。創業から88年、一貫して十勝産小豆を100%使用し、道内でも数少ない「生餡(あん)」と呼ばれる加糖前の餡を主力に、有名菓子店や製パン会社などと長年取引するなど、菓子文化を下支えしてきた。3代目の宮下社長(69)は「取引先にはご迷惑をかけるが、機械の老朽化が進み、事業の将来性を考え決断した。お客さまには感謝しかない」と話している。

「長年帯広の市街地で製造し続けられたことに感謝しかない」と本社を背に話す宮下社長

 宮下製餡所は1930年、宮下社長の祖父で市内で畑作を営んでいた栄蔵氏(故人)がオベリベリ1(現電信通周辺)で創業。53年に現在地に移転、57年に法人化(有限会社)して2代目社長に父善夫氏(故人)が就任した。

 90年には現在地で工場を全面改築して機械化。宮下社長は71年に入社し、92年に社長に就いた。その後、練りあんの一般販売も事務所内で開始。現在は、息子の全弘専務(39)らと工場を切り盛りする。

 宮下社長によると、製餡所は和菓子店の隆盛とともに昭和30年代には市内だけで30事業所以上あったという。

 コンビニエンスストアやスーパーの台頭によって和菓子やパン製造も集約化され、個人店は減り製餡専門業も激減。全国も同様の傾向で日本製餡協同組合連合会の加盟企業は同社を含め、十勝に4社しかない。

 同社は廃業について、現在地では法的に面積規制などがあり、工場を拡充できないことや、取引店の閉店で取引企業数はピーク時の3分の1ほどに減少し、将来的にも受注増が見込めないこと、人手の確保が年々厳しくなっている点などを挙げる。「この場所の地下水は水質が良く澄んでいて製餡に適していた。移転候補地を調査したが、今以上の水はない」と宮下社長。

 砂糖を加え菓子やパンなどで使う練りあんの原料となる生餡。現在の取引先は管内でも名の知られた企業や菓子店が多い。長年取引する企業の幹部は「色が良く品質が高い。全幅の信頼を寄せていた」と惜しむ。

 廃業後の跡地利用は未定。宮下社長は「生餡にこだわり、同業他社が行っているような加工品の開発などもしなかった。機械化したが、最後は職人の感覚が求められる。取引先には鍛えられ、そのおかげで今がある。残りの期間も精いっぱいいいものを作りたい」と話していた。

関連記事

函館新聞

「ようていプレミアム集成材」開発へ 森町のハルキ【森】

 【森】森町の製材業「ハルキ」(春木芳則社長)は、後志管内の「ようてい森林組合」(船場實代表理事組合長)が提供するカラマツ材を使った高強度の「ようていプレミアム集成材」を開発、販売する。付加価値...

函館新聞

函館市がロードヒーティング改修に着手【函館】

 函館市は今年度、電気やガスで路面の温度を上げて雪を解かすロードヒーティングの改良工事に着手した。本庁管内の市道56路線の車道で設置分のうち、老朽化で損傷が激しい13路線で計画的に補修する方針。...

根室新聞

飲むのが楽しみ 北の勝「搾りたて」発売【根室】

 管内唯一の地酒「北の勝」の醸造元・碓氷勝三郎商店(碓氷ミナ子店主)は23日、「北の勝 搾りたて」を発売した。市内酒店やスーパーなどでは、人気の限定酒を手に入れようと長蛇の列ができた。このうち市...

根室新聞

日ロ首脳、交渉さらに前進で一致 元島民は「具体的成果を」【根室】

 安倍晋三首相は22日、モスクワでロシアのプーチン大統領と首脳会談を行った。平和条約交渉締結に向け、2月の開催が予定されているミュンヘン安保会議の際に外相間で次回交渉を行うとともに、首脳特別代表間...

日高報知新聞

地酒の名称「海桜丸」に【新ひだか】

【新ひだか】新ひだか町地酒づくり協議会(会長・佐藤雅裕新ひだか観光協会長)は、7日まで募集していた静内産酒米を使った地酒の名称が「海桜丸」に決まったと発表した。  静内産米は、農産物の地産池消の...