北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

宮下製餡所 惜しまれ廃業 地域の菓子支え88年【帯広】

 帯広市内の老舗「宮下製餡所」(西1南4、宮下宜則社長)は、6月末での廃業を決めた。創業から88年、一貫して十勝産小豆を100%使用し、道内でも数少ない「生餡(あん)」と呼ばれる加糖前の餡を主力に、有名菓子店や製パン会社などと長年取引するなど、菓子文化を下支えしてきた。3代目の宮下社長(69)は「取引先にはご迷惑をかけるが、機械の老朽化が進み、事業の将来性を考え決断した。お客さまには感謝しかない」と話している。

「長年帯広の市街地で製造し続けられたことに感謝しかない」と本社を背に話す宮下社長

 宮下製餡所は1930年、宮下社長の祖父で市内で畑作を営んでいた栄蔵氏(故人)がオベリベリ1(現電信通周辺)で創業。53年に現在地に移転、57年に法人化(有限会社)して2代目社長に父善夫氏(故人)が就任した。

 90年には現在地で工場を全面改築して機械化。宮下社長は71年に入社し、92年に社長に就いた。その後、練りあんの一般販売も事務所内で開始。現在は、息子の全弘専務(39)らと工場を切り盛りする。

 宮下社長によると、製餡所は和菓子店の隆盛とともに昭和30年代には市内だけで30事業所以上あったという。

 コンビニエンスストアやスーパーの台頭によって和菓子やパン製造も集約化され、個人店は減り製餡専門業も激減。全国も同様の傾向で日本製餡協同組合連合会の加盟企業は同社を含め、十勝に4社しかない。

 同社は廃業について、現在地では法的に面積規制などがあり、工場を拡充できないことや、取引店の閉店で取引企業数はピーク時の3分の1ほどに減少し、将来的にも受注増が見込めないこと、人手の確保が年々厳しくなっている点などを挙げる。「この場所の地下水は水質が良く澄んでいて製餡に適していた。移転候補地を調査したが、今以上の水はない」と宮下社長。

 砂糖を加え菓子やパンなどで使う練りあんの原料となる生餡。現在の取引先は管内でも名の知られた企業や菓子店が多い。長年取引する企業の幹部は「色が良く品質が高い。全幅の信頼を寄せていた」と惜しむ。

 廃業後の跡地利用は未定。宮下社長は「生餡にこだわり、同業他社が行っているような加工品の開発などもしなかった。機械化したが、最後は職人の感覚が求められる。取引先には鍛えられ、そのおかげで今がある。残りの期間も精いっぱいいいものを作りたい」と話していた。

関連記事

日高報知新聞

看護の道へ第一歩【浦河】

 浦河赤十字看護専門学校(武岡哲良学校長)=浦河町東町ちのみ1=の第29回戴帽式が19日、浦河赤十字病院4階体育館で行われ、厳かな雰囲気の中、今春入学した1年生男女27人が看護の道への第一歩を踏み出...

日高報知新聞

イオン静内店営業再開【新ひだか】

【新ひだか】9月6日の胆振東部地震で店舗の損壊被害に遭い、臨時休業していた静内末広町2のイオン静内店(横山秀雄店長)が20日、45日ぶりに営業を再開した。再開を心待ちにしていた来店客で終日にぎわった。 ...

苫小牧民報

実と花が同時に 駅北広場の梨の木に珍現象-白老

 白老町のJR白老駅北側にある駅北広場内の梨の木が、実を付けると同時に小さな白い花を咲かせている。不思議な現象に地域住民も驚きの表情で眺めており、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構果...

室蘭民報

輪西八条アトリエのものづくりイベント好評【室蘭】

 ボルト人形ボルタを生み出したNPO法人テツプロ(塩澤尚志理事長)は21日、室蘭市輪西町の輪西八条アトリエでものづくりをテーマにしたイベントを開いた。訪れた親子連れが椅子や銅板バッジなどの手作り...

室蘭民報

ホッキ2千袋が完売、漁港イベントにぎわう【苫小牧】

 漁獲量日本一の特産品・ホッキ貝をPRするイベント「第8回苫小牧漁港ホッキまつり」が21日、苫小牧港西港漁港区で開かれた。青空が広がる絶好のイベント日和に、市内外から多くの家族連れや買い物客が詰...