北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

到着時刻 アプリで確認/ふぞく幼稚園【釧路】

 釧路短期大学ふぞく幼稚園(釧路市緑ケ岡1、森泉園長)は今年度から、スマートフォンのアプリケーションを活用して園の送迎バスの位置情報を確認できるシステムを導入した。渋滞などで到着時刻が変わっても接近アラームが鳴って知らせてくれるため、特に悪天候の日や冬場に保護者や職員の負担軽減につながると期待されている。

 導入したシステムは、「知らせてビューア」というアプリをダウンロードし、3台あるバスごとに設定されているID番号を入力して登録すると、各車両がどの場所を走行しているのか地図上で分かる仕組み。さらに、あらかじめ設定しておけば、バスが到着場所に接近したことを自分のスマホにアラームで通知してくれる機能もあり便利だ。

 バスに同乗する職員が全地球測位システム(GPS)機能内蔵のスマホを持つことで運用が可能となるシステムで、市内で同様のシステム導入例があるが、費用対効果などの課題があり、使用をやめた例もある。

 このシステムが効果を発揮するのは特に冬場。園児を自宅やその近くまで送り届ける際、渋滞などで到着予定時刻が遅れた場合、保護者が寒い外で待たされることもあったため、導入によってこれがなくなる。また、職員が車内から保護者らに遅れを連絡をすることもあったため、この手間も省ける。

 同園の送迎バスは、車両3台が計6系統で運行。文苑や芦野などを回る路線は、トータルで1時間ほどを要する。当日送迎する園児の人数などで、逆に予定より早く目的地に到着し、保護者らの出迎えをバスが待つ場面もあり、これもシステム導入で防ぐことができる。

 送迎を担当するドライバーたちからは「10分以上早く着く時でも保護者がちゃんと待っている。さすが文明の利器」との声が上がる。森園長は「導入から1カ月が経過し、トラブルもなく運用されている。保護者と職員双方の負担が減っていけば」と話していた。

関連記事

日高報知新聞

日高の馬の歴史・文化学ぶ【浦河】

 日高振興局主催の「馬文化出前教室」が18日、浦河町荻伏小(金澤覚校長、児童65人)で開かれ、4年生8人が日高の馬の歴史や産業について学んだ。  馬文化出前教室は、馬産地・日高の未来を担う管内の...

日高報知新聞

えりも中1年が植樹体験【えりも】

【えりも】えりも中(玉手広昭校長)の1年生46人が17日、えりも高(佐藤健校長)との連携型中高一貫の環境教育「百人浜に学ぶ」フィールド学習で、えりも岬百人浜の国有林に6種類の落葉広葉樹の苗木100...

苫小牧民報

ガイラルディア6連覇、悲願の日本一へ弾み 女子軟式野球・春季全道大会

 女子軟式野球チームの苫小牧ガイラルディアがこのほど、札幌市で開催された太陽グループ旗争奪第21回春季北海道女子軟式野球大会で優勝し、全道大会6連覇の偉業を達成した。8月の全国大会へ向け、大きな...

苫小牧民報

被災地厚真町を応援、ハスカップティー販売始まる エア・ドゥ、来月は機内サ..

 苫小牧市元中野町の「はすかっぷサービス」(大西育子代表)が製造しているハスカップティーが、AIRDO(エア・ドゥ)の機内販売商品に採用され、今月から全路線で販売が始まった。7月には機内ドリンク...

室蘭民報

岩手で制作された般若面が白老で発見、登別で展示中【登別】

 のぼりべつ文化交流館カント・レラ(登別市登別温泉町)で23日まで行われている造形のつどい展に、一風変わった作品が並んでいる。金剛力士像をほうふつさせるような、勇猛さがひしひしと伝わる木彫りの面...