北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

子ども食堂で地域交流~資金、食材の調達課題【室蘭】

室蘭市東町の「なかよし食堂」には毎回多くの市民が集う

 子どもたちに無料で食事を提供して孤食や貧困対策とする「子ども食堂」が、西胆振でも地域交流の場として広がりを見せている。子どもに限らず、地域住民にも参加を呼び掛けているのが共通の特徴だ。一方、安定した運営に向けた資金・食材の調達といった課題も浮かび上がっている。

 子ども食堂は2010年代初め、全国各地で急速に広まった。しかし、資金・食材調達の難しさなどの課題に直面。個人事業者による運営では、行き詰まって閉店する例もあった。

 NPO法人室蘭母子福祉会が主催する「なかよし食堂」(室蘭市東町)は昨年4月に始まり、月2回開いている。当初はフードバンク(寄贈食品を生活困窮者らに配給する活動)を利用していたが、今では個人や団体からの寄付でやりくりしている。食堂には子どもに限らず住民らも集まり、地域コミュニティーを形成している。

 室蘭市白鳥台の認知症カフェ・おたがいサロンで子ども食堂を企画した鶴島暁さんは、慈善活動と結び付く印象が子ども食堂を「意識の高い人」が集まる場にしていたと分析する。「地域の課題はコミュニティーで解決するのが理想」と、市民が集う食堂の必要性を説く。

 昨年から学校の夏休みなどの長期休暇中に開催している。同サロンの藤田美智代代表取締役社長は「子ども食堂を大きく打ち出しすぎた。もっと一般市民が来やすい場にしなくては」と改善策を練る。

 「子ども食堂」の名称を使わずに成果を上げるのは2月にオープンした洞爺湖町主催の「地域食堂ほのぼの」。対象を町民に絞り、子ども無料、大人300円で食事を提供する。道の補助金を使い、運営をNPO法人に委託。食材は地域の農家などから調達している。

 原点は子ども食堂だったが、全国の先進例を学ぶ中で子どもだけに特化せず、地域の世代間交流の場として毎週土曜日に開催。町の担当者は「異世代交流が図られている」と話す。ここも財源確保が大きな課題。町民からは「平日にも開いてほしい」「町内に1カ所は少ない」といった声も聞かれ、今後も議論を重ねていく方針だ。

関連記事

函館新聞

福島・岩部海岸クルーズが高評価 町民向けモニター乗船好調【福島】

 【福島】福島町まちづくり工房(代表理事・高木寿副町長)が町民対象に実施している「岩部海岸クルーズ」のモニター乗船が好評だ。利用者アンケートもほとんどが「非常に満足した」というもので、同法人は来...

函館新聞

蔦屋書店でGLAYの衣装展示 5年前の野外ライブで着用【函館】

 25、26日に緑の島(函館市大町)で開催される函館出身のロックバンド「GLAY」の野外ライブを記念し、函館蔦屋書店(石川町)は20日から、同店2階の大型モニター前にメンバー4人の衣装を展示して...

室蘭民報

野球教室でシャークスナインが小学生に技術指導【室蘭】

 小学生を対象にした室蘭シャークスの野球教室が19日、室蘭市の新日鉄住金球場で行われ、子どもたちが基礎技術を学び、シャークスナインと交流した。  教室には少年団8チームから100人が参加。シ...

室蘭民報

「宮古市民号」の第1陣が到着、夜景や観光満喫【室蘭】

 宮蘭フェリー就航を記念した岩手県宮古市の本年度事業「宮古市民号」の第1陣が20日夜、室蘭港に到着した。同市の委託事業で旅行会社3社が10月末までに各1回、冠の付いたツアーを計画している。下船...

室蘭民報

太陽を囲む虹のリング…「日暈」を観測【室蘭地方】

 20日午後1時ごろ、太陽を虹の輪が囲む「日暈(ひがさ)」と呼ばれる現象が室蘭地方で見られた。  室蘭地方気象台によると、太陽の光が空気中の氷の粒によって屈折し輝いて見える現象。この日の室蘭...