北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

子ども食堂で地域交流~資金、食材の調達課題【室蘭】

室蘭市東町の「なかよし食堂」には毎回多くの市民が集う

 子どもたちに無料で食事を提供して孤食や貧困対策とする「子ども食堂」が、西胆振でも地域交流の場として広がりを見せている。子どもに限らず、地域住民にも参加を呼び掛けているのが共通の特徴だ。一方、安定した運営に向けた資金・食材の調達といった課題も浮かび上がっている。

 子ども食堂は2010年代初め、全国各地で急速に広まった。しかし、資金・食材調達の難しさなどの課題に直面。個人事業者による運営では、行き詰まって閉店する例もあった。

 NPO法人室蘭母子福祉会が主催する「なかよし食堂」(室蘭市東町)は昨年4月に始まり、月2回開いている。当初はフードバンク(寄贈食品を生活困窮者らに配給する活動)を利用していたが、今では個人や団体からの寄付でやりくりしている。食堂には子どもに限らず住民らも集まり、地域コミュニティーを形成している。

 室蘭市白鳥台の認知症カフェ・おたがいサロンで子ども食堂を企画した鶴島暁さんは、慈善活動と結び付く印象が子ども食堂を「意識の高い人」が集まる場にしていたと分析する。「地域の課題はコミュニティーで解決するのが理想」と、市民が集う食堂の必要性を説く。

 昨年から学校の夏休みなどの長期休暇中に開催している。同サロンの藤田美智代代表取締役社長は「子ども食堂を大きく打ち出しすぎた。もっと一般市民が来やすい場にしなくては」と改善策を練る。

 「子ども食堂」の名称を使わずに成果を上げるのは2月にオープンした洞爺湖町主催の「地域食堂ほのぼの」。対象を町民に絞り、子ども無料、大人300円で食事を提供する。道の補助金を使い、運営をNPO法人に委託。食材は地域の農家などから調達している。

 原点は子ども食堂だったが、全国の先進例を学ぶ中で子どもだけに特化せず、地域の世代間交流の場として毎週土曜日に開催。町の担当者は「異世代交流が図られている」と話す。ここも財源確保が大きな課題。町民からは「平日にも開いてほしい」「町内に1カ所は少ない」といった声も聞かれ、今後も議論を重ねていく方針だ。

関連記事

日高報知新聞

藤本蓮さん(静高2年)が全国へ【新ひだか】

【新ひだか】北海道高文連の第52回全道高等学校書道展が3~5日、室蘭市体育館で開かれ、静内高2年の藤本蓮さん(17)が来年7月に佐賀県で開催の全国総文祭に出場する推薦候補者に選出された。坪朝陽さん...

日高報知新聞

全国名門農家抑えトップに【新ひだか】

【新ひだか】11日から15日にかけ東京食肉市場で開かれた「第47回全畜連肉用牛枝肉共進会」で、みついし和牛肥育組合長の畑端博志さん(63)=三石本桐=の出品牛が最優秀賞を受賞した。全国一の牛を生産した...

苫小牧民報

厚真などで研究者ら合同調査 胆振東部地震の大規模地滑り現場

 18日午前、道内外の研究者でつくる調査団30人は、厚真町役場から北東に直線で9キロ離れた幌内神社から山奥へ数キロ進み、大規模な山腹崩壊の現場から調査を開始。同町の学芸員らも同行した。  甚大...

苫小牧民報

ファイターズカフェ開業 球団、道産食材アピール-新千歳

 プロ野球北海道日本ハムファイターズは19日、新千歳空港国内線ターミナルビル3階で初の直営カフェレストラン「FIGHTERS DINING ROSTER(ファイターズ・ダイニング・ロスター)」を...

十勝毎日新聞

おあずけプリンに新味 コーヒーとほうじ茶【陸別】

 陸別町振興公社(陸別町大通、道の駅内)は20日、陸別ブランドとして定着している冷凍プリン「りくべつミルクのおあずけプリン」の新味として、コーヒーとほうじ茶の2種類を発売する。  コーヒー味は...