北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

こども落語教室6月開講 伝統文化で表現力養う【幕別】

「百年亭 こども落語教室」のポスターを持ってPRする岡本さん

 目指せ! 落語キッズ-。幕別町百年記念ホール(佐藤和良館長)は子どもに落語を学んでもらう「百年亭 こども落語教室」(計10回)を6月23日から同ホール和室で開く。十勝初の試みで対象は管内在住の小学3年生から中学3年生まで。年度末には自身の落語を披露する発表会も予定している。

 伝統文化に親しみ、一人で何役も演じ分ける落語を学ぶことで表現力や想像力、コミュニケーション能力などを養うことが目的。

 子ども向けの教室は、道内ではNPO法人ゆうが砂川市で「キッズ落語教室」を開催。2015年に宮崎県で開かれたこども落語全国大会小学生部門では同教室の生徒が最優秀賞を獲得するなど、本格的に取り組んでいる。砂川で指導している札幌在住の落語家笑生十八番(しょうせい・おはこ)さんが十勝でも講師を担当。十勝と砂川の生徒による交流も検討している。

 日程は来年3月23日までの月1回ペースで土曜日に開催する予定。午後2時から同4時まで。受講料は全10回で5000円。扇子や手ぬぐい、筆記用具は持参する。高座扇子は初回に購入もできる。落語教室を担当する同ホールの岡本祐也さんは「親子で教室を訪れて、親子での自主練習も楽しんでほしい。口下手な子でも気軽に参加を。将来的には育成事業として継続させたい」と話している。

 申し込み締め切りは今月31日。定員10人。申し込み、問い合わせは同ホール(0155・56・8600)へ。

関連記事

苫小牧民報

健康経営の認定取得へ 苫小牧商工会議所

 苫小牧商工会議所(宮本知治会頭)は、従業員などの健康管理を経営目線で実践する「健康経営」に取り組む。近く事業を所管する経済産業省に申請し、正式な認定取得を目指す。手続きを支援する東京海上日動苫...

十勝毎日新聞

来年10月に運賃値上げ JR北が経営改善策【札幌】

 JR北海道の路線見直し問題について議論するJRと国、道、道市長会、道町村会、JR貨物による6者協議が20日午前、道庁で開かれた。JR北海道の島田修社長は経営改善の取り組みの一環として、来年10...

十勝毎日新聞

健やかな成長願い 七五三【十勝】

 「七五三」のシーズンを迎え、十勝管内の神社には多くの家族連れが参拝に訪れている。  「七五三詣」は、数え年で男児は3、5歳、女児は3、7歳に神社にお参りし、健やかな成長を祈る儀式。今年は20...

十勝毎日新聞

イオン帯広店リニューアル検討 青柳新社長【帯広】

 イオン北海道(本社札幌)の青柳英樹社長(57)は19日、イオン帯広店(西4南20)について「今年度は無理だが、そう遠くない時期に店舗をリニューアルをしたい」との見解を示した。また、「次の10年...

函館新聞

旧相馬家住宅 国の重文に 笹浪家米蔵・文庫蔵を追加【函館 上ノ国】

【函館、上ノ国】国の文化審議会(佐藤信会長)は19日、重要文化財(重文)として、函館市元町33の旧相馬家住宅2棟(主屋、土蔵)を新規指定、上ノ国町上ノ国の重文「旧笹浪家住宅」に付属の米蔵...