北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

地元住民がサンルダム見学会【下川】

ダム湖で隠れる側の堤体も間近で見学した参加者

 国直轄サンルダムの試験湛水が6月下旬に始まる見込みであることから、サンルダム建設と町の活性化を図る会(夏野俊一会長)は、水をためる前にダム湖予定地や、完成したばかりの堤体を目に焼き付けようと12日に見学会を開催。町内外70人が参加した。

 サンルダムは国直轄では最北ダムとなり、総事業費は591億円。治水・利水の他、ほくでんエコエナジーで水力発電も行う。建設工事は本体コンクリート打設が完了し、管理設備や止水の基礎処理が行われている。ダム湖の貯水開始は6月下旬、完了は来年1月中旬を想定している。

 ダムが建てられたサンル川には、サクラマスなどの魚が遡上(そじょう)することから保全が求められ、ダム湖を通過しない「バイパス魚道」を整備している。ダム湖岸沿いには堤体まで「バイパス水路」、堤体から下流には遡上する魚が休憩できる「プール」を組み合わせた「階段式魚道」を配置。上流部の本川との接続部分では「スクリーン」が設置され、余剰水のみを本川へ放流し、降下する魚と適正水量を魚道へ誘導・導水する。

 見学会では、町役場集合にした後、旭川開発建設部サンルダム建設事業所(正国之弘所長)の案内でダム現場へ。ダム堤体の上からダム周辺を一望しながら、小型無人機ドローンを使って上空から記念撮影。管理棟(3階建て)の屋内施設見学では、ダム堤体に接続された階段式魚道が窓からくっきりと見え、その構造に理解を深めた。ダム湖に沈む上流側に降り、ダム湖予定地から堤体を眺めた後、懐かしい旧道も経由しながら上流部へ移動し「スクリーン」も見学した。

関連記事

室蘭民報

「紋鼈寺」で隣接の会館焼く、けが人なし【伊達】

 13日午後1時ごろ、伊達市末永町の紋鼈寺(奥田正教住職)に隣接する鉄骨造り2階建て、延べ約960平方メートルの同寺会館2階から出火した。火は1時間45分ほどで鎮火した。けが人や延焼はなかった...

室蘭民報

空手・修武會の4人が全道で大活躍【室蘭】

 室蘭空手道連盟・修武會(樋口昭仁代表)の4 選手が、北海道空手道選手権大会極カップ第20回記念大会で上位入賞した。  初出場の石川天晟(室蘭工業大建築社会基盤系学科1年)は一般初・中級でい...

室蘭民報

楽天社員がネットショップで成功する戦略紹介【室蘭】

 日本政策金融公庫創立10周年記念セミナーwith室蘭商工会議所「ネットショップを成功に導く3つのポイント」が13日、室蘭市宮の森町の蓬らい殿で開かれ、楽天(東京)の奥村宏也ヴァイスマネージャ...

室蘭民報

緑丘高1年生が会社経営の卒業生らに取材【伊達】

 伊達緑丘高校(桑井美彦校長)の1年生約140人が、インタビューの手法を用いて、まちの価値や魅力を形作っている人々の存在に迫るワークショップに臨んだ。社会の第一線で活躍する卒業生らに取材し、印...

室蘭民報

幌別川にハクチョウ飛来、水面をすいすい【登別】

 登別・胆振幌別川に今年も越冬でシベリアからハクチョウが飛来している。例年と同じ10月下旬から訪れており、市民らに本格的な冬の訪れを告げている。同河川では、オオハクチョウとコハクチョウが十数羽...